交響曲第2番 (吉松隆)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第2番「地球にて」は、日本作曲家吉松隆が作曲した交響曲である。

作曲の経緯[編集]

カムイチカプ交響曲と相前後する形で日本交響楽振興財団から委嘱を受け[1]1990年春から1991年にかけて作曲された[2]

初演[編集]

1992年5月22日東京文化会館において、外山雄三指揮、東京フィルハーモニー交響楽団により初演された。

編成[編集]

ピッコロ1、フルート2(第2奏者はアルトフルート持ち替え)、オーボエ2、イングリッシュホルン1、変ロ調クラリネット2、バスクラリネット1、ファゴット3、ヘ調ホルン4、ハ調トランペット3、トロンボーン3、テューバ1、ティンパニ5台、打楽器(マラカスタムタムコンガ大太鼓ヴィブラフォントムトムチューブラー・ベルマリンバグロッケンシュピール、吊るしシンバルシロフォンアンティークシンバル)、ピアノ1、弦楽五部

作品の概要[編集]

レクイエムとして構想され、作曲された[3]。 また、「地球にて」というタイトルについて、作曲者は「手紙の最後に『東京にて』と記す署名のようなもの」と述べている[4]

第1楽章「挽歌・・・東からの」[編集]

アジア風の旋法と旋律の堆積による。チェロにより開始される悲歌は、弦楽全体、オーケストラ全体へと広がってゆく。この楽章では、ほぼ常にGの音がドローンの様に響いている。

第2楽章「鎮魂歌・・・西からの」[編集]

ヨーロッパ風のレクイエム。ヴィオラを中心に、つぶやくように歌い交わす旋律で始まる。「Introitus」「Kyrie」「Offertorium」「Sanctus」「Agnus Dei」「Libera Me」と題された6つの部分からなり、「Agnus Dei」部分以外では管楽器は休んでいる。

第3楽章「雅歌・・・南からの」[編集]

アフリカ風のリズムによる。マリンバヴィブラフォンの無窮動的なリズムに弦楽器が絡み、厚みを増してゆく。最後はト長調の主和音上に力強く終結する。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大崎、677ページ。
  2. ^ フルスコアに掲載されている作曲者本人による序文に基づく。
  3. ^ フルスコアに掲載されている作曲者本人による序文に基づく。
  4. ^ 大崎、677ページ。