井上俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井上 俊(いのうえ しゅん、1938年9月8日 - )は、日本の社会学者、大阪大学名誉教授。専門は文化社会学、社会心理学、社会学。宮城県仙台市生まれ。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

日本社会学会会長。

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『死にがいの喪失』(筑摩書房、1973年)
  • 『遊びの社会学』(世界思想社、1977年)
  • 『遊びと文化 風俗社会学ノート』(アカデミア出版会、1981年)
  • 『悪夢の選択 文明の社会学』(筑摩書房、1992年)
  • 『スポーツと芸術の社会学』(世界思想社、2000年)
  • 『武道の誕生』(吉川弘文館、2004年)

共編著[編集]

  • 『うその社会心理 人間文化に根ざすもの』(仲村祥一との共編、有斐閣<有斐閣選書>、1982年)
  • 『地域文化の社会学』(世界思想社、1984年)
  • 『命題コレクション社会学』(作田啓一との共編 、筑摩書房、1986年)
  • 『風俗の社会学』(世界思想社、1987年)
  • 『社会学入門』(大村英昭との編著、放送大学教育振興会、1991年)
  • 『現代文化を学ぶ人のために』( 世界思想社、1993年)
  • 『スポーツ文化を学ぶ人のために』(亀山佳明との共編、 世界思想社、1999年)
  • 『自己と他者の社会学』(船津衛との共編、有斐閣、2005年)
  • 『文化社会学入門』(長谷正人との共編、ミネルヴァ書房、2010年)

訳書[編集]

  • J.B.メーズ 『われらみな犯罪者か 犯罪と社会構造』(仲村祥一との共訳 、雄渾社、 1969年)
  • D.W.プラース 『日本人の生き方 現代における成熟のドラマ』(杉野目康子との共訳、 岩波書店、1985年)
  • ランドル・コリンズ『脱常識の社会学 社会の読み方入門』(磯部卓三との共訳、岩波書店、1992年)