五井駅東口開発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
完成予想図。赤色が中核商業施設、緑色が総合公園、青色が高層住宅地となっている。
2008年7月頃の工事中の様子

五井駅東口開発(ごいえきひがしぐちかいはつ)は、千葉県市原市JR内房線小湊鉄道線五井駅東口周辺で開発されていた再開発事業である。仮称は五井駅東口整備構想であった。

概要[編集]

五井駅東口の土地区画整理事業の一環として、市原市が総合公園である「上総更級公園」を整備し、その隣に2つの商業施設エリアを設定している。五井駅東口から約600mの徒歩圏に位置し、都市交流拠点の整備構想区域内に位置づけられている。

区画整理事業施行以前は水田地帯であったため、全域がほぼ平坦な地勢を示す[1]。総合公園の北側には、既存公共施設である中央図書館、勤労会館、保健センターが隣接し、また「市原市中心市街地活性化基本計画(平成15年4月)」に位置づけられる五井駅周辺の中心市街地活性化区域に近接する[2]。周辺の道路は2007年度から2年を掛けて造成、2010年度に一部開通、2012年度末に全面開通した[3]

前述の土地区画整理事業は、2012年6月22日解散認可、同年11月30日をもって、清算事務を含むすべての事業が結了した[4]

商業施設[編集]

商業施設エリアへの出店者については公募型プロポーザル方式によりイオンなど11社がエントリー、選考した結果、セブン&アイ・ホールディングス傘下のモール・エスシー開発(現 セブン&アイ・クリエイトリンク)と、ベイシアグループカインズの2事業者が選ばれた[5]

モール・エスシー開発(アリオ市原)[編集]

建設計画
建設中のアリオ市原
開業中のアリオ市原店(2017年10月9日撮影)

モール・エスシー開発は約215,000m2の敷地に地上2階建て・延床面積約158,000m2の複合商業施設を建設し、テナントとしてイトーヨーカドー、カインズホーム、シネコン、150から200の専門店などが入る予定としていた。同社の手がける複合商業施設としては近くに位置するアリオ蘇我の規模を大きく上回り、同社の主力業態となるアリオの中でも最大規模の店舗となることが想定されており、当初は2007年より本着工の予定とされていた。

しかし、2009年2月1日、当初予定していた2010年4月オープンが事実上困難な見通しであることがわかった。原因は原料の高騰に伴う事業費が増加したことや経済情勢の急速な悪化で入居テナントが思うように集まらなかったためである[6]

また、2009年11月になって、イトーヨーカ堂が五井駅西口にある「イトーヨーカドー市原店」を2010年5月に閉店させる方針である事が判明、その上でショッピングモール、シネコン構想が難航していることを示唆、イトーヨーカ堂単独での開発を断念することを明らかにした[7]。そもそも、イトーヨーカ堂は前述の公募プロボーザル選考の際に市原店継続を約束したことがモール・エスシー開発選定の一因にもなっており、市原市と市原商工会議所では閉店の撤回を要求していたが[5][8]、要求は実らず2010年5月9日に閉店した[9]

当初の計画からは大幅に遅れながらも2013年10月29日に、「アリオ市原」の開業計画が発表され[10]、2013年11月28日に開業した。当初の計画より縮小された形での開業となった。

カインズ(カインズモール市原)[編集]

カインズは2009年8月に開かれた地元説明会の中で、イトーヨーカ堂およびモール・エスシー開発の動向とは別に2010年4月頃のオープンを目指している事を表明[11]し、2010年4月6日に「カインズモール市原」として開業した[12][13]

五井駅東ショッピングセンター[編集]

2011年7月1日に開業した。ケーズデンキ精文館書店が入店している。

大和情報サービス(アクロスプラザ市原更級)[編集]

大和ハウスグループの大和情報サービスはアリオ市原に隣接している敷地(これまでは臨時駐車場として利用)に全6棟からなる商業施設を建設している事が2019年5月に判明[14]。同年10月25日に「アクロスプラザ市原更級」として開業した[15]ニトリオートバックスくら寿司など12店が入店している[16]

上総更級公園[編集]

2013年4月1日に開園した。中央図書館の隣に位置し、公園面積99,000m2の敷地にイベント広場や遊具広場、芝生広場、修景池などが設置されている。

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 地図・空中写真閲覧サービス - 国土地理院 ※写真中央が更級
  2. ^ (仮称)市原市総合公園基本計画 (PDF) - 市原市都市整備部
  3. ^ 『第12回市原市都市交流拠点整備推進協議会 会議概要』 - 市原市 2006年7月31日 (PDF)
  4. ^ 市原市五井駅前東土地区画整理組合の事業終了について - 市原市都市整備部2012年12月5日
  5. ^ a b 『経営不振で来春閉店 市、影響大と撤回要求へ ヨーカドー市原店』 - 千葉日報 2009年11月7日
  6. ^ 『アリオ 来春開業困難に建築資材費が高騰 JR五井駅東口』 - 千葉日報 2009年2月2日
  7. ^ 『撤回困難、市民に陳謝 イトーヨーカドー市原店閉店問題』 - 千葉日報 2009年11月21日
  8. ^ 『撤回求め要望書提出 「市民生活に悪影響」 ヨーカドー市原店閉店問題』 - 千葉日報 2009年11月10日
  9. ^ 『33年の歴史に幕 イトーヨーカドー市原店閉店』 - 千葉日報 2010年5月10日
  10. ^ 市原地区 最大規模のショッピングエリアが誕生 『アリオ市原』11 月28 日グランドオープン! イトーヨーカドーニュースリリース (PDF) 2013年10月29日
  11. ^ 『カインズ市原で地元説明会 店舗概要など詳しく 来年オープン予定の大型SC』 - 千葉日報 2009年8月31日
  12. ^ 『「カインズモール 市原」オープン!』 - 株式会社カインズ 2010年4月2日
  13. ^ 『「カインズ」きょうオープン 店舗間競争が激化 市原・五井駅東口初の商業施設』 - 千葉日報 2010年4月6日
  14. ^ アリオ隣に新商業施設 市原に今秋 ジーユー、ニトリなど”. 千葉日報(2019年5月11日作成). 2019年5月12日閲覧。
  15. ^ アクロスプラザ市原更科/「アリオ市原」隣地に開業、ニトリ・ジーユーなど12店”. 流通ニュース(2019年10月25日作成). 2019年10月29日閲覧。
  16. ^ アクロスプラザ市原更級”. 大和情報サービス株式会社. 2019年10月29日閲覧。

外部リンク[編集]