二癈人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二癈人』(にはいじん)は、江戸川乱歩の著した短編小説である。1924年大正13年)6月、『新青年』に掲載された。

登場人物[編集]

井原
主人公。夢遊病という持病により殺人を犯した過去がある。
斎藤
戦争で顔にひどい傷を負っている。

あらすじ[編集]

湯治場で出会った井原と斎藤は意気投合する。やがて井原の部屋で二人は茶を飲みながら、井原はふと過去に犯した犯罪について斎藤に告白を始める。そして思いもよらなかった真実が判明する。

出版[編集]

外部リンク[編集]