主要農作物種子法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要農作物種子法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 種子法
法令番号 昭和27年5月1日法律第131号
種類 経済法
効力 廃止
所管 農林水産省
主な内容 主要農作物の優良な種子の生産及び普及
条文リンク 農林水産省 (PDF)
テンプレートを表示

主要農作物種子法(しゅようのうさくぶつしゅしほう、昭和27年5月1日法律第131号)は、主要農作物であるコメや大など、野菜を除いた種子の安定的生産及び普及を促進するため、米、大豆、麦の種子の生産について審査その他の措置を行うことを目的として制定された日本法律である。通称は種子法2018年平成30年)4月1日から廃止された[1][2]。食糧難だった時代に制定されたが、大都市と農業県に国が一律に指導する形は廃止され、市町村など各地方自治体ごとに奨励品種への権限が委譲されるようになった[3]

概要[編集]

サンフランシスコ講和条約が発効された翌月である1952年(昭和27年)5月に制定された。コメや大豆、麦といった主要作物について、優良な種子の安定的な生産と普及を“国が果たすべき役割”と定めた法律である[1][4]都道府県による普及すべき優良品種(奨励品種)の選定や、その原原種および原種・一般種子の生産と安定供給に都道府県が責任を持つことが定められている[5]

構成[編集]

  • 第1条 目的
  • 第2条 定義
  • 第3条 ほ場の指定
  • 第4条 審査
  • 第5条 ほ場審査証明書等の交付
  • 第6条 都道府県の行う勧告等
  • 第7条 原種及び原原種の生産
  • 第8条 優良な品種を決定するための試験

廃止へ[編集]

2016年(平成28年)9月に政府規制改革推進会議で課題として提起された。「自民党小泉進次郎農林部会長が、農協の全国組織「全国農業協同組合連合会(全農)」に厳しい指摘を繰り返した。」とされている[6]

2017年(平成29年)3月23日(第193回国会)において、「主要農作物種子法を廃止する法律」が成立し、2018年(平成30年)4月1日をもって廃止されることが決まった[7][1][8]。種子法の廃止は、小泉氏の実績となった。

政府は種子法について「既に役割を終えた」「国際競争力を持つために民間との連携が必要」と説明しており[1]、廃止には種子生産に民間企業の参入を促す狙いがある。種子法の廃止など「戦後レジームからの脱却農政」と称される農政の大転換が行われた[9]

懸念[編集]

種子を公的に守る政策が放棄されるとの見方から、懸念として、主要農作物の種子の安定生産・安定供給に支障が出るのではないか[1][5][10][11]、一部企業による種子開発や品種の独占[2][12]、「稲などの種子が多国籍企業に独占される」[13]、「多国籍企業に日本の食料を支配されることにつながり、これらの企業の世界食料支配戦略に加担することになる」[14]、「食料主権が脅かされかねない」[15]、「地域の種子の品質向上や安定供給のシステムが崩れかねない」[16]、種子の価格上昇[12]、「公的資金の支えによる品種育成がなくなれば、現在300種ある各地の米には消えるものが現れ、民間による種の私物化が進むのでは」[17]などが提起された。また、種子法廃止が都道府県や農家への説明なしに唐突に示されたことに対する批判や戸惑いの声も存在する[16]。市町村などの地方議会から国会に提出された意見書は50件を超える[18]

2017年(平成29年)11月15日には、種子法廃止に関して、「稲、麦類及び大豆の種子について」と題した農林水産事務次官による通知が出された[19]。これに対しては、「早くグローバル種子企業が儲けられる下地を農業・食品産業技術総合研究機構や都道府県が準備することを要請しているだけ」などの批判がある[20]

自治体への影響[編集]

農業が主要産業である滋賀県長野県兵庫県北海道は、種子法が廃止された後も独自のシステムで原種の保管などこれまでの取り組みを継続したり、自主条例の制定など新たな独自のルール作りを検討したりする方針を明らかにしている[21][22][23][24]。なお、鈴木宣弘東京大学教授は農業競争力強化支援法8条4項がネックになると指摘している[25]

東京新聞』の2019年2月18日社説によると、種子法に代わる「種子条例」を制定済みなのは山形県新潟県富山県埼玉県、兵庫県。2019年度施行を予定しているのが北海道、長野県、福井県宮崎県である[26]。『日本農業新聞』の調査では、2020年1月時点で施行・制定済みが11道県、2020年4月に施行予定が4県。8県で制定準備中または県議会で条例を提案する動きがある[27]。こうした代替条例では、種子法の対象外だった地方在来品種やソバを対象に加える例もある[28]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 種子法 来年4月廃止の法成立”. 『毎日新聞』 (2017年6月9日). 2017年12月30日閲覧。
  2. ^ a b 種子法廃止 行政関与後退に懸念 中長期の影響注視を”. 『日本農業新聞』 (2018年3月31日). 2018年4月1日閲覧。
  3. ^ “種子法廃止への誤解、「あきたこまち」が消えるわけではない(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180823-00178039-diamond-bus_all 2018年8月23日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ タネは誰のもの? 「種子法」廃止で、日本の食はどう変わるのか――種子の専門家に聞く”. パルシステム (2017年5月29日). 2017年12月30日閲覧。
  5. ^ a b 食農耕論 大義なき種子法廃止、農業活性化に逆行 京都大学大学院経済学研究科教授 久野 秀二”. 『全国農業新聞』 (2017年8月25日). 2017年12月30日閲覧。
  6. ^ 朝日新聞 (2017年3月1日). “(教えて!農業改革:1)衰え深刻、もうかる農業へ”. 朝日新聞』朝刊 5総合: p. 7 
  7. ^ 主要農作物種子法を廃止する法律”. 衆議院 (2017年4月21日). 2017年12月30日閲覧。
  8. ^ 種子法廃止法案を可決 衆院農水委”. 『全国農業新聞』 (2017年3月31日). 2017年12月30日閲覧。
  9. ^ 農業の大規模化・企業化は農村に何をもたらすのか? 海外の事例から農業改革を考える 松平尚也 yahoo!ニュース(2017年8月4日)2020年2月5日閲覧
  10. ^ 種子 安定生産を 法廃止で 4団体、県に要請書/岩手”. 『毎日新聞』 (2017年6月20日). 2017年12月31日閲覧。
  11. ^ 「EPAの影響懸念」 JA長野県が予算要望書”. 『産経新聞』 (2017年9月12日). 2017年12月31日閲覧。
  12. ^ a b 種子法廃止は「不要」 衆院農水委で訴え/関健一郎衆院議員”. 『東日新聞』 (2018年3月28日). 2018年4月1日閲覧。
  13. ^ 来年4月に種子法廃止の波紋 生産者と消費者連携「日本の種子を守る会」設立へ”. 『東京新聞』 (2017年4月18日). 2017年12月30日閲覧。
  14. ^ 安倍政権、日本の農業を根絶せしめる愚行…ひっそり種子法廃止で”. Business Journal (2018年3月15日). 2018年4月1日閲覧。
  15. ^ 経済観測 食料主権が脅かされかねない=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫”. 『毎日新聞』 (2017年2月25日). 2017年12月30日閲覧。
  16. ^ a b 稲、麦、大豆の種子法廃止 現場に広がる不安”. 『神戸新聞』 (2017年4月18日). 2017年12月30日閲覧。
  17. ^ 種子法の廃止 主食守る議論もっと ノンフィクション作家 島村 菜津”. 『日本農業新聞』 (2017年12月25日). 2017年12月30日閲覧。
  18. ^ 種子法廃止 地方から懸念 国会へ意見書50件超”. 『日本農業新聞』 (2018年3月30日). 2018年3月30日閲覧。
  19. ^ 稲、麦類及び大豆の種子について”. 農林水産省. 2017年12月31日閲覧。
  20. ^ 種子法廃止に備えた「通知」の本質”. 『農業協同組合新聞』 (2017年11月30日). 2017年12月31日閲覧。
  21. ^ 種子法4月廃止、独自要綱策定し継続へ 滋賀[リンク切れ]yahoo!ニュース
  22. ^ 種子供給 仕組み堅持 県が種子法廃止控え方針”. 『信濃毎日新聞』 (2018年3月6日). 2018年4月1日閲覧。
  23. ^ 優良種子の安定供給継続へ 兵庫県が条例案作成”. 『神戸新聞』 (2018年2月27日). 2018年3月30日閲覧。
  24. ^ 種子法廃止受け北海道 19年度以降 新ルール”. 『日本農業新聞』 (2018年3月20日). 2018年3月30日閲覧。
  25. ^ 2018.07.12 【鈴木宣弘・食料・農業問題 本質と裏側】グローバル種子企業への便宜供与「4連発」『農業協同組合新聞』
  26. ^ 【社説】種子条例 地方の声は届くのか『東京新聞』朝刊2019年2月18日(5面)2019年2月19日閲覧。
  27. ^ 「種子法廃止受け-23道県 条例化・準備 本誌調査」『日本農業新聞』2020年2月4日(1面)2020年2月5日閲覧
  28. ^ 「種子法代替条例広がる"農の基本"守らねば…"地方発"品目も対象に 米・麦・大豆に加え独自選定 特産や在来種も」『日本農業新聞』2020年2月4日(16面)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]