丸尾直美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

丸尾 直美(まるお なおみ、男性、1932年 - )は、日本経済学者尚美学園大学名誉教授。専攻は福祉国家論経済政策

略歴[編集]

静岡県出身。1955年慶應義塾大学経済学部卒業。1962年同大学院経済学研究科博士課程満期退学。1974年慶大経済学博士[1]

1963年中央大学経済学部専任講師、1972年教授。1989年慶應義塾大学総合政策学部教授。1998年日本大学総合科学研究所教授。2002年尚美学園大学教授[2]、2006年名誉教授。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ポスト福祉国家の総合政策』(ミネルヴァ書房、2001年)
  2. ^ 『経済学の巨匠 26人の華麗なる学説入門』(生活情報センター、2005年)

関連項目[編集]