島野卓爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島野 卓爾(しまの たくじ、1928年10月15日 - 2004年6月4日[1])は、日本の経済学者。

東京出身。1953年学習院大学政治学科卒、1956年西ドイツ・キール大学博士課程修了、政治学博士。1956年上智大学講師、60年学習院大学政経学部講師、助教授、67年同経済学部教授。99年定年、名誉教授[2][3]

著書[編集]

  • 『世界経済を考える 円切り上げ問題に関連して』勁草書房 1970
  • 『現代経済 1 国際通貨』筑摩書房 1973
  • 『国際協調の新分野』世界の動き社 世界の中の日本経済シリーズ 1974
  • 『国際経済政策の課題 相互依存経済へのアプローチ』日本経済新聞社 1975
  • 『国際経済』日本経済新聞社・日経文庫 経済学入門シリーズ 1979
  • 『日本経済を見る目 国際経済の視点から』講談社現代新書 1979
  • 『欧州通貨統合の経済分析』有斐閣 1996
  • 『ドイツ経済を支えてきたもの 社会的市場経済の原理』知泉書館 2003

共編著[編集]

  • 『経済成長と貿易構造』小島清,渡部福太郎共著 勁草書房 1968
  • 『日本の金融』浜田宏一共編 岩波書店 1971
  • 『現代経済学の事典』丸尾直美共編 有斐閣選書 1976
  • 『国際経済論』松永嘉夫共著 青林書院新社 青林双書 1976
  • 『円高・円安 日本経済への影響』荒木信義共編 有斐閣選書 1980
  • 『どう変わる世界貿易と日本 21世紀に向けて』編 通商産業調査会 1983
  • 『円新時代 日本経済の将来を展望する』荒木信義共編 有斐閣選書 1987
  • 『EU入門 誕生から,政治・法律・経済まで』岡村尭,田中俊郎共編著 有斐閣 2000

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『現代日本人名録』
  3. ^ 故島野卓爾名誉教授略歴ならびに著作目録 (故 島野卓爾名誉教授追悼号)学習院大学経済論集 2005-04