中村城 (下野国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
logo
中村城
栃木県
中村城空堀
中村城空堀
城郭構造 平城
天守構造 なし
築城主 藤原朝宗
築城年 1156年(保元元年)
主な城主 藤原氏中村氏
廃城年 1526年(大永6年)
遺構 堀(内堀)
指定文化財 県指定史跡[1]
位置
地図
中村城の位置(栃木県内)
中村城
中村城

中村城(なかむらじょう)は、栃木県真岡市にあった中村氏の鎌倉、室町期の居館(または日本の城)。県指定史跡。現在は真言宗智山派の如意山寶珠院遍照寺の境内。 この境内には、伊達騒動を題材にしたNHK大河ドラマ「樅ノ木は残った」(吉永小百合平幹二朗等出演)のモデルになった古木がある。

概要[編集]

東西415メートル、南北455メートルのほぼ方形の地が城域とされ、周囲に幅8メートル、深さ5,6メートルの空堀がめぐらされた大規模な中世領主の城館跡である。奥州伊達氏の祖である藤原朝宗[2]は1156年(保元元年)は藤原氏本家の荘園でもあった中村荘に住み、中村八幡宮の南東に館を築いて中村荘を管理し、中村太郎と呼ばれたとされている[3]

史実に基づく沿革[編集]

「長沼文書」の建武2年(1335年)4月10日付け後醍醐天皇の綸旨の中に「中村庄地頭小栗掃部助重貞」とある。元弘3年(1333年)5月9日に六波羅探題北条仲時が自害したとき、伊佐治部丞等も自害している(『太平記』)ので、このときと考えられる。

応安元年(1368年)には宇都宮氏綱が鎌倉に反対して敗れ、本領が3分の1になった(『鎌倉大日記』)とあり、このとき中村庄は結城領になった。そして、永享12年(1440年)の結城合戦の結果、再び宇都宮領になったと思われる。

天文13年(1544年)10月7日に水谷蟠龍斎正村によって中村日向入道玄角が攻落された(『中村沿革誌』)とする説がある。しかし、「水谷蟠龍記」には父の治持が玄角を討取ったとあり、「寛政重修諸家譜」の治持の譜文に、猿山の合戦後、中村十二郷が結城水谷領になったとある。猿山合戦は大永6年(1526年)であるので、この年が廃城と考えられる。

同年、宇都宮尚綱武田治部大輔信隆に中村城奪回のために水谷正村の本拠久下田城を攻めさせたが、城を奪い返すことはかなわず、中村城は廃城。中村領は水谷氏の領地となった。

伊達氏発祥地伝承[編集]

周辺[編集]

  • カヤの木
    城内にあるカヤの木は、昭和29年(1954年)に県指定天然記念物となったイチイ科カヤ(雌木)である。樹齢約800年、樹高24メートル、根本周7メートル、胸高周6メートル。
    文治5年(1189年)、奥州伊達家の祖・中村宗村が、源頼朝から奥州合戦の恩賞として与えられた伊達郡・信夫郡に赴く際に植樹したとする伝承がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 栃木県教育委員会. “とちぎの文化財”. 栃木県教育委員会事務局文化財課. 2017年7月25日閲覧。
  2. ^ 伊達氏の祖である常陸入道念西については、朝宗とする説のほか、その子宗村とする説もある。
  3. ^ 栃木県真岡市「真岡市史」真岡市史編さん委員会

関連項目[編集]