中村哲 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 哲
人物情報
生誕 (1931-05-17) 1931年5月17日
日本の旗 日本愛知県岡崎市
出身校 京都大学
学問
研究分野 経済史
研究機関 京都大学龍谷大学
テンプレートを表示

中村 哲(なかむら さとる、1931年5月17日 - )は、日本経済史学者。京都大学福井県立大学鹿児島国際大学名誉教授。堀江英一門下。

経歴[編集]

1931年、愛知県岡崎市出身。神奈川県立小田原高等学校を卒業後、1951年4月、京都大学文学部入学。1955年4月、同文学部史学科国史学専攻卒業。1957年3月、京都大学大学院文学研究科修士課程国史学専攻修了。1959年3月、京都大学大学院文学研究科博士課程国史学専攻退学後、京都大学人文科学研究所助手を1966年まで務める。同年4月、龍谷大学経営学部助教授。1969年4月、京都大学経済学部助教授に就任。1970年7月、『明治維新の基礎構造』で経済学博士学位取得[1]1976年7月、同経済学部教授。1995年3月、同退職。

1995年、ボン大学日本文化研究所客員教授。1996年福井県立大学大学院経済・経営学研究科教授。2001年鹿児島国際大学大学院経済学研究科教授、同附置地域総合研究所所長。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『近世先進地域の農業構造――和泉国南郡春木村の場合』(京都大学人文科学研究所、1965年
  • 『明治維新の基礎構造――日本資本主義形成の起点』(未来社1968年
  • 『奴隷制・農奴制の理論――マルクス・エンゲルスの歴史理論の再構成』(東京大学出版会1977年
  • 『世界資本主義と明治維新』(青木書店1978年
  • 『近代世界史像の再構成――東アジアの視点から』(青木書店1991年
  • 『日本初期資本主義史論』(ミネルヴァ書房、1991年)
  • 『日本の歴史 16 明治維新』(集英社1992年
  • 『近代東アジア史像の再構成』(桜井書店2000年

共著[編集]

編著[編集]

  • 『日本における封建制から資本制へ 上』(校倉書房1975年
  • 『朝鮮近代の歴史像』(日本評論社1988年
  • 『朝鮮近代の経済構造』(日本評論社、1990年
  • 『東アジア専制国家と社会・経済――比較史の視点から』(青木書店、1993年
  • 安秉直)『近代朝鮮工業化の研究』(日本評論社、1993年)
  • 『東アジア資本主義の形成――比較史の視点から』(青木書店、1994年
  • 『歴史はどう教えられているか――教科書の国際比較から』(NHKブックス1995年
  • 『『経済学批判要綱』における歴史と論理』(青木書店、2001年
  • 『現代からみた東アジア近現代史』(青木書店、2001年)
  • 堀和生、安秉直)『日本資本主義と朝鮮・台湾――帝国主義下の経済変動』(京都大学学術出版会2004年
  • 『東アジアの歴史教科書はどう書かれているか――日・中・韓・台の歴史教科書の比較から』(日本評論社、2004年
  • 『近代東アジア経済の史的構造』(日本評論社、2007年

脚注[編集]

  1. ^ 明治維新の基礎構造 : 日本資本主義形成の起点( Abstract_要旨 )

外部リンク[編集]