中本和洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中本 和洋(なかもと かずひろ、1946年11月13日 - )は、日本弁護士2016年から日本弁護士連合会の会長を務める。大阪弁護士会所属。

経歴[編集]

民事、商事事件を得意とする。

著書[編集]

  • 「釈明等について~当事者の視点から~」 (判例タイムズ 847号39頁)
  • 「当事者から見た争点整理」 (判例タイムズ 868号29頁)
  • 「当事者から見た西口コート」 (対話型審理 374頁)「信山社」
  • 「陳述書のガイドライン」 (判例タイムズ 937号54頁)
  • 「大阪地裁における民事集中審理を評価する」 (大阪地裁における民事集中審理の実際) (別冊判例タイムズ 14号231頁)
  • 「弁論準備手続」 (論点新民事訴訟法178頁)「判例タイムズ社」
  • 「陳述書」 (現代裁判法大系13民事訴訟 197頁)「新日本法規出版」
  • 「各地における新民訴法の運用状況」 (自由と正義Vol.49 116頁)「日本弁護士連合会」
  • 「住管機構債権回収の闘い」 (151頁)「ダイヤモンド社」
  • 「借地借家法の正当事由の判断基準」 (判例タイムズ1020号149頁)
  • 「特殊な債権者を擁する破産事件(Ⅳ)-病院の破産」 (新裁判実務大系10破産法)「青林書院」
  • 「Q&A 新人事訴訟法」 (日本加除出版、共著)
  • 「民事裁判の改善と今後の課題について」(自由と正義Vol59 74頁)「日本弁護士連合会」
  • 「利用しやすく頼りがいのある民事司法制度を目指して」(自由と正義Vol161 100頁)「日本弁護士連合会」

参考文献[編集]

  • 全国弁護士大観 p.667「法律新聞社」
  • 広島県人材情報リスト2017 「日外アソシエーツ株式会社」

外部リンク[編集]