平山正剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平山 正剛(ひらやま せいごう、1934年4月15日 - )は、日本弁護士、元日本弁護士連合会会長(2006年4月1日 - 2008年3月31日)。一般財団法人防災教育推進協会監事

略歴[編集]

兼務[編集]

日弁連会長選挙[編集]

2006年4月1日から日本弁護士連合会会長に就任した(任期2年)。会長選挙では、高山俊吉久保利英明の両候補を破って当選している。

トラブル[編集]

早稲田大学年金をめぐって、大学理事会に対して独立性が求められる大学監事でありながら、年金減額をめぐる裁判で一時、大学側代理人弁護士をつとめていたこと、また大学年金基金に関する監査責任はないと主張していることについて強い批判を受けている。(出所:早稲田大学の年金を知る会

叙勲[編集]