和島岩吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

和島 岩吉(わじま いわきち、1905年8月5日 - 1990年5月13日)は、日本の弁護士大阪弁護士会会長、日本弁護士連合会人権擁護委員長、日本弁護士連合会会長を歴任。羽曳野市名誉市民[1]。和島法律事務所所長[2]和島陶牛名義による句集もある。

略歴[編集]

大阪府南河内郡埴生村(現・羽曳野市)向野で馬肉卸商の家庭の三男として生まれる[3]

苦学して専検に合格。1928年松江高等学校文科乙類卒業[4]1931年京都帝国大学法学部を卒業[5]。同年、弁護士を開業。加藤老事件徳島ラジオ商殺し事件狭山事件甲山事件などで弁護活動を行う[5]

1946年、部落解放大阪青年同盟委員長。1953年、大阪府同和事業促進協議会会長。長兄の為太郎とは反対に、1960年代後半の組織分裂に際して部落解放同盟側に残る。1973年、日弁連会長[5]1985年、大阪人権歴史資料館(現・大阪人権博物館)初代理事長。

人物[編集]

宗教は浄土真宗[2]。趣味は囲碁俳句、洋画[2]。多くの冤罪事件に関わった[5]1975年勲二等瑞宝章受章[5]1981年松本治一郎賞受賞[5]

ギャラリーはびきのでは、2015年6月13日から同年8月9日まで和島コレクション展が開催された[1]。和島岩吉が収集し、寄贈した仏像や絵画、刀剣などの美術工芸品約400点の中から選んだ彫刻の名品を展示した[1]

家族・親族[編集]

和島家

大阪府羽曳野市向野・同市恵我之荘[2]

1910年 -
部落解放運動家で向野水平社の指導者で、戦後は部落解放同盟を経て、1960年代後半の組織分裂に際して部落解放同盟と袂を分かち、全解連大阪府連の結成に参加した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 和島コレクション展羽曳野市。2015年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『大衆人事録 第二十三版 西日本編』わ882頁。
  3. ^ 三谷秀治『火の鎖 和島為太郎伝』7頁。
  4. ^ 『松江高等学校一覧 昭和4至5年』98頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年7月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 和島 岩吉コトバンク。2016年7月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 松江高等学校編『松江高等学校一覧 昭和4至5年』松江高等学校、1928年-1929年。
  • 広瀬弘『大衆人事録 第二十三版 西日本編』帝国秘密探偵社、1963年8月10日。
  • 三谷秀治『火の鎖 和島為太郎伝』草土文化、1985年。
  • 『解放教育』1996年7月号、明治図書出版、122頁。