山崎佐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1952年

山崎 佐(やまざき たすく、1888年7月5日 - 1967年7月30日)は、日本弁護士、医事法制学者。

経歴[編集]

千葉県君津郡木更津町生まれ[1]1913年東京帝国大学法科大学独法科卒業[1]。司法官となり、地方裁判所民、刑事部を経て予審判事となり、更に控訴院判事となって1922年、官を辞して弁護士を開業[1]。東京帝国大学などで医事法制を教える。1942年 - 1953年日本医史学会理事長。1951年、「江戸期前日本医事法制の研究」で日本大学法学博士日本弁護士連合会会長などを歴任。

人物[編集]

東京地方裁判所予審判事として首相原敬を暗殺した中岡艮一の審理に当たった。蔵書は順天堂大学に寄贈され山崎文庫として残っている。

著書[編集]

  • 『医師法医師会法釈義』奨進医会 1914 医事法律叢書
  • 『医事刑罰法釈義』奨進医会 1915 医事法律で叢書
  • 『医料権論鈔』国家医学会 1915 
  • 『袖珍医家法規摘要』編 南江堂 1916 
  • 『医事法制学』克誠堂書店、1920
  • 『医業と法律』第1-9輯 克誠堂書店、1917-40
  • 『医料規約研究』日本医師協会事務所、1931 
  • 『日本疫史及防疫史』克誠堂書店、1931
  • 『医事法制の誤り易き諸点 臨牀医学講座』金原商店、1935 
  • 『医師・歯科医師診療所解説』克誠堂 1937 
  • 『法曹瑣談』文光堂 1937
  • 『診療過誤 臨牀医学講座』金原商店 1937 
  • 『医制問答』克誠堂書店 1938 医業と法律 第8
  • 『温故知新医事談叢』日本臨牀社東京支局、1948 
  • 『最新医事法規』編 文光堂書店 1948
  • 『江戸期前日本医事法制の研究』中外医学社 1953
  • 『各藩医学教育の展望』国土社 1955
  • 『日本調停制度の歴史』日本調停協会連合会 1957 調停シリーズ

関連書籍[編集]

  • 『山崎文庫目録』順天堂大学図書館 1969
  • 『思い出に綴られる山崎佐の生涯』江尻進 (1968) - 編者の江尻は山崎の娘婿で[2]、元同盟通信社ベルリン支局長[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『東京弁護士名家録 第1巻』佐藤幸平著、日本法曹要覧発行所、1925年、pp72-73(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年7月9日閲覧。
  2. ^ 続・『無冤録述』の初歩的検討―江戸及び明治警察史の一齣―(改訂稿)
  3. ^ 江尻進 えじり すすむKotobank

 

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大事典・コトバンク:[1]