有馬忠三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ありま ちゅうさぶろう
有馬 忠三郎
Arima Chusaburo.jpg
生誕 (1879-03-04) 1879年3月4日
日本の旗 日本 香川県大内郡丹生村
死没 (1958-06-02) 1958年6月2日(79歳没)
住居 日本の旗 日本 東京府東京市渋谷区代々木本町
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都帝国大学
職業 弁護士弁理士法学博士政治家
団体 第一東京弁護士会
著名な実績 第一東京弁護士会会長
帝国弁護士会理事
日本弁護士連合会初代会長
日本法律家協会初代会長
肩書き 貴族院議員
任期 1946年7月7日1947年5月3日
配偶者 有り
子供 有り

有馬 忠三郎(ありま ちゅうさぶろう、1879年明治12年)3月4日[1] - 1958年昭和33年)6月2日[2])は、日本の弁護士弁理士[3]法学博士[1][4]貴族院勅選議員帝国弁護士会理事。

経歴[編集]

香川県大内郡丹生村(現在の東かがわ市)出身[5]。有馬米次郎の六男[3][6]1904年(明治37年)、京都帝国大学法科大学独法科を卒業[1]1912年分家して一家を創立する[4]。弁護士・弁理士事務所を開業し、後には第一東京弁護士会会長を務めた[7]1917年大正6年)からは東京帝国大学農学部講師を務めた[7]1922年(大正11年)、論文『不正競業論』で法学博士号を授与された[1]。その他、高砂生命保険(のち三井生命保険)、復興建築助成各監査役日本石油顧問などを務めた[1][3][6]

1935年には帝国弁護士会理事を務めた[8]

1946年(昭和21年)、貴族院議員に勅選された。その後、日本弁護士連合会初代会長、日本法律家協会初代会長に選出された[5]

人物[編集]

宗教は一向宗[1]。趣味は囲碁、読書[1]

家族・親族[編集]

有馬家

香川県大内郡丹生村、東京市渋谷区代々木本町[6]

  • 父・米次郎(香川県人)[1][6]
  • 兄・輿平(香川県人)[1][4]
  • 妻・タカ[6]あるいはタカ子[1](広島士族、高橋進の四女)[1]
1892年 -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『大衆人事録 第3版』ア之部112頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月13日閲覧。
  2. ^ 『昭和物故人名録』日外アソシエーツ、1983年。
  3. ^ a b c 『人事興信録 第13版 上』ア142頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月14日閲覧。
  4. ^ a b c 『人事興信録 第8版』ア132頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年7月9日閲覧。
  5. ^ a b 東かがわ人物探訪22 (PDF) - 広報東かがわ 2006年3月1日。
  6. ^ a b c d e f 『人事興信録 第14版 上』ア142頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年7月9日閲覧。
  7. ^ a b 『貴族院要覧』
  8. ^ 司法制度改正調査会設置 きのうの閣議で委員決定す』、神戸新聞(1935年7月5日)、神戸大学附属図書館。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第8版』 人事興信所、1928年
  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版 上』 人事興信所、1941年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版 上』 人事興信所、1943年
  • 『貴族院要覧(丙) 昭和21年12月増訂』 貴族院事務局、1946年