中島義雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中島 義雄(なかじま よしお、1942年(昭和17年)3月30日[1] - )は、日本大蔵官僚実業家東京都出身。

来歴・人物[編集]

麹町小学校麹町中学校日比谷高校を経て、昭和41年、東京大学法学部卒業。同年、大蔵省入省。東大時代は駒場自治会副委員長を務めたほか、社会主義学生同盟に属し、社会主義青年同盟江田五月に決選投票で敗れ副委員長に。副委員長時代に全学ストを決行し、一年間の停学処分を受けた。丸山真男研究会所属[2]

「花の41年組」と言われた同期の中でも有力な事務次官候補として嘱望され、入省後は予算畑を中心に順調にキャリアを重ねた。三条税務署長などを経て、1976年、主計局主査、官房秘書課企画官、主計企画官、主計官などを経て、1989年、主計局総務課長就任。その後、海部内閣宮沢内閣内閣総理大臣秘書官を歴任、1993年には、同期の武藤と並んで主計局次長に就任した。1995年、二信組事件を引き起こしたイ・アイ・イ・グループ総帥・高橋治則との親密交際や副業問題などでクローズアップされ、財政金融研究所長を最後に辞任。退職金は辞退した(大蔵省接待汚職事件)。

その後、米国ランバス大学に留学。1997年、京セラ入社。同社理事、京セラミタ専務、京セラ北京代表所首席代表等を経て、2005年、船井電機取締役兼執行役副社長に就任。2008年6月、同社顧問となる。2008年12月、アビテック・ジャパン顧問。2009年4月、セーラー万年筆常務取締役、10月副社長、12月前社長死去に伴い社長に就任。

2015年12月14日、「講演など私的な活動に走り経営に専念しなかった」「知人が紹介する商品を持ち込まないよう中島に要請していたが、聞き入れなかった」として、臨時取締役会で解任された[3][4]。これに対して中島は「決議は無効である」として東京地方裁判所に地位の確認を求める仮処分申請をするなど、泥沼の紛争になるかと思われたが、同年12月末に、セーラー社と中島は和解を発表し、中島は社長職の解職を受け入れる代わりに、今後も取締役として同社に残ることになった[3][5]。2016年3月、取締役から退任した[6]

略歴[編集]

  • 1966年4月 - 大蔵省入省[1]。主計局総務課配属。同期に中山恭子武藤敏郎阪田雅裕(内閣法制局長官)、長野厖士(証券局長)、西方俊平(造幣局長、JT副社長)、岡田康彦(環境事務次官)、松川隆志など。
  • 1967年 - 大阪国税局
  • 1969年 - 大臣官房調査企画課係長
  • 1971年 - 新潟県三条税務署長
  • 1972年 - 国税庁調査査察部査察課課長補佐
  • 1973年 - 銀行局特別金融課課長補佐
  • 1975年 - 大臣官房秘書課兼文書課課長補佐
  • 1976年 - 主計局主査(厚生係担当)
  • 1979年 - 主計局総務課長補佐
  • 1981年 - 大臣官房秘書課企画官
  • 1983年 - 主計局主計企画官
  • 1984年 - 主計局主計官 (内閣・司法・警察係担当)
  • 1986年 - 主計局主計官 (厚生係担当)
  • 1988年 - 主計局主計官兼総務課
  • 1989年 - 主計局総務課長
  • 1991年 - 内閣総理大臣秘書官海部内閣宮沢内閣
  • 1993年 - 主計局次長
  • 1995年7月 - 財政金融研究所長にて退官
  • 1997年12月 - 京セラ株式会社理事[1]
  • 2000年3月 - 京セラミタ株式会社代表取締役専務取締役[1]
  • 2003年3月 - 京セラ株式会社北京代表所首席代表 京セラ(天津)商貿有限公司董事総経理[1]
  • 2005年
    • 4月 - 船井電機株式会社最高顧問[1]
    • 6月 - 船井電機株式会社取締役執行役副社長[1]
  • 2009年
    • 3月 - セーラー万年筆株式会社常務取締役[7]
    • 10月 - 同社代表取締役副社長[7]
    • 12月 - 同社代表取締役社長[7]
  • 2010年6月 - オリエンタルチエン工業株式会社監査役[8]
  • 2015年12月末 - 同社代表取締役社長を退任し、同社取締役に就任
  • 2016年3月 - 同社取締役を退任

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 船井電機株式会社第55期有価証券報告書
  2. ^ 『月刊サイゾー』2002年3月号
  3. ^ a b 『財務省の闇 最強官庁の「出世」「人事」「金」』 宝島社 p.175-176
  4. ^ 松浦大 (2015年12月18日). “セーラー万年筆・中島氏がクーデターに反論 旧大蔵エリートが解職され、会社を訴えた”. 東洋経済オンライン. http://toyokeizai.net/articles/-/97300 2016年2月11日閲覧。 
  5. ^ “セーラー万年筆、前社長と和解 仮処分申請取り下げ”. 日本経済新聞. (2015年12月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ24I4C_U5A221C1TJC000/ 2016年2月11日閲覧。 
  6. ^ “セーラー万年筆、前社長が取締役も退任 15年12月期は最終赤字”. 日本経済新聞. (2016年2月13日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO97259780T10C16A2TJC000/ 2016年8月29日閲覧。 
  7. ^ a b c セーラー万年筆株式会社第97期有価証券報告書
  8. ^ オリエンタルチエン工業株式会社第91期有価証券報告書