中山愛梨沙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
愛梨沙
別名 中山 愛梨沙(なかやま ありさ)
生誕 (1983-05-05) 1983年5月5日(35歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県
ジャンル J-POP
アニメソング
ゲームソング
職業 歌手
活動期間 2003年 -
レーベル F.I.X. RECORDS

愛梨沙(ありさ、1983年5月5日[1] - )は、日本の女性歌手。旧芸名は中山 愛梨沙(なかやま ありさ)。

概要[編集]

2003年2月28日にLeafから発表されたPCゲームソフト『Routes』のオープニングテーマ「Routes」・ビギニングテーマ「君をのせて」でデビュー。その後もLeafやAQUAPLUSのゲーム・アニメタイアップを中心に活動し、2005年6月22日には1stミニアルバム『Heart To Heart』をリリースした。

Leaf・AQUAPLUS関連の作品での活動としては、2005年12月29日に発売されたPSP版『こみっくパーティ』主題歌「Dream in the Sky」が最後で、現在は愛梨沙名義で活動している。ライブ活動が中心であるが、音楽SNSMy Spaceで楽曲の発表も行っている。また、2009年にはコンピレーションアルバム『Diamond』(SOUND HEARTS)に、自身作詞作曲の「My place to stay」で参加した。

2013年5月に結婚したことをブログ[2]にて報告した。

2015年11月28日・29日には、中山愛梨沙名義でAQUAPLUS20周年記念イベント「大アクアプラス祭」に出演し、28日には「Tears to Tiara」・「Heart to Heart」を[3]、また、29日には「Heart to Heart」・「Until」を[4]歌唱した。AQUAPLUS関連の活動としては、約10年ぶりのことである。

作品[編集]

シングル[編集]

発売日 CD 規格品番 オリコン
最高位
1st 2005年5月25日 Fly/一緒に暮らそう

アルバム[編集]

発売日 CD 規格品番 オリコン
最高位
1st 2005年6月22日 Heart To Heart 35位

その他の参加作品[編集]

発売日 商品名 収録曲 備考
2003年5月21日 Routes Original Soundtrack 中山愛梨沙 「君をのせて」 PCゲーム『Routes』リ・オープニングテーマ
2003年9月26日 LEAF VOCAL COLLECTION VOL.2[5] 「風はいつも春一番」 PCゲーム『こみっくパーティー』劇中BGMをボーカルアレンジしたものである
2003年11月28日 LEAF VOCAL COLLECTION VOL.3 「Routes」 PCゲーム『Routes』オープニングテーマ
2004年12月22日 ToHeart2 オリジナルサウンドトラック 「Heart To Heart(フルコーラス)」 PS2ソフト『ToHeart2』オープニングテーマ
2005年6月10日 Tears to Tiara Original Sound Track 「Until」 PCゲーム『Tears to Tiara』エンディングテーマ
2007年7月11日 AQUAPLUS VOCAL COLLECTION VOL.5 「Dream in the Sky」 PSPソフト『こみっくパーティー』オープニングテーマ
2009年6月3日 Diamond 「My place to stay」

タイアップ曲[編集]

楽曲 備考
Routes PCゲーム『Routes』オープニングテーマ
君をのせて PCゲーム『Routes』リ・オープニングテーマ
Heart To Heart PS2ソフト『ToHeart2』オープニングテーマ
Tears to Tiara PCゲーム『Tears to Tiara』オープニングテーマ
Until PCゲーム『Tears to Tiara』エンディングテーマ
Fly テレビアニメ『こみっくパーティー Revolution』オープニングテーマ
Dream in the Sky PSPソフト『こみっくパーティー』オープニングテーマ

脚注[編集]

  1. ^ 5月5日 江ノ島”. 愛梨沙. 2014年12月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月6日閲覧。
  2. ^ ご報告。(2016年1月6日閲覧)
  3. ^ 「大アクアプラス祭」1日目終了!!(2016年1月6日閲覧)
  4. ^ 「大アクアプラス祭」1日目終了!!(2016年1月6日閲覧)
  5. ^ このCDのみブックレットでは「中山愛梨」と表記されている。

外部リンク[編集]