Filsnown

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Filsnown-光と刻-
対応機種 PC-9800シリーズ(MS-DOS)
Windows95
発売元 Leaf(18禁)
ジャンル RPG
発売日 1995年8月3日(MS-DOS版)
レイティング 全て18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 1(MS-DOS)3(WIN版)
セーブファイル数 6(WIN版)
画面サイズ 640×480 16色(MS-DOS)
BGMフォーマット FM音源、MIDI音源、CD音源(MS-DOS>CD音源(WIN版)
キャラクターボイス なし
CGモード なし
音楽モード なし
回想モード なし
メッセージスキップ なし
オートモード なし
備考 MS-DOS版は1998年4月28日廃盤
Windows版は猪名川でいこう!!に同梱

Filsnown -光と刻-』(フィルスノウン ひかりととき)(1995年8月3日発売)は、Leafが企画・製作し、発売したNEC PC-98シリーズ対応のコンピューターRPGアダルトゲーム

概要[編集]

Leaf作品第2弾として発売され、前作と同様にオリジナルポスターBGMを収録した12cm音楽CDがついていた。

当時としては珍しく、MIDI音源、CD音源対応、ハードディスクドライブへのインストールも可能で希望小売価格は9,800円(消費税抜き)となっていた。 主人公のティリアとサラ、エリアの三人は、後に『初音のないしょ』についてくるおまけゲームで再登場した。 また、2000年1月28日に発売した『猪名川でいこう!!』にはエンディングなどが追加されたWindows95移植版が同梱された。

作品としてはオーソドックスなRPGで家庭用ゲームのイースシリーズファイナルファンタジーシリーズの影響、パロディが見られる。

ゲーム内でおまけ要素として行ける開発室には前作『DR2ナイト雀鬼』の在庫の山などがあり、当時の苦境を偲ばせる。

舞台[編集]

登場人物[編集]

ティリア・フレイ
主人公。
サラ・フリート
盗賊団の長。僅かだが獣人の血を引く。
エリア・ノース
風の民。風と火の魔法を得意とする。
フィーユ
水の民、ティリアの幼馴染の剣士。
イヴ
氷の民で獣人。
フロリア・ハーケン
火の民の少女。
ソフィア・デルム
ティリアの姉的存在。
サーゼ
ティリアの祖父。剣聖として知られる。
デューク
ティリアの婚約者。
ギース・デルム
ティリアを導く謎の男。
インディ
砂漠の町で出会う探検家。
アール
サラの子分で力持ち、行く先々で女性を引っ掛けている。

スタッフ[編集]