世界で一番美しい夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界で一番美しい夜
監督 天願大介
脚本 天願大介
製作 古賀俊輔
製作総指揮 仙頭武則
出演者 田口トモロヲ
月船さらら
市川春樹
松岡俊介
美知枝
斎藤歩
江口のりこ
大河内浩
佐野史郎
三上寛
石橋凌
橋本まゆみ
桃生亜希子
井川遥(声のみ)
音楽 めいなCo.
撮影 古谷巧
編集 阿部亙英
配給 ファントム・フィルム
公開 日本の旗 2008年5月24日
上映時間 160分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

世界で一番美しい夜』(せかいでいちばんうつくしいよる)は、天願大介が原作・脚本・監督を勤めた、文化庁推薦のファンタジー映画。2008年に公開された。

概要[編集]

主演の月船さららの貞操帯ヌード、大胆な濡れ場、50人の野外乱交シーンといった、超過激な性描写で、一般劇場公開作品ながらR18指定(18歳以上指定)となった。この映画は過激な描写が話題となったが、映画のテーマは「政治や戦争ではない、セックスによるテロリズム」であり、真摯な内容をファンタジーとして描いている。

あらすじ[編集]

出生率日本一を誇る村、要村。その秘密を探りに来たジャーナリストが、その村で出会った少女から、14年前に起こった驚くべき事実を聞かされる。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]