塩江町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上西 (高松市)から転送)
移動先: 案内検索
  1. 塩江町(しおのえちょう)は、香川県高松市内の地名。→ 高松市を参照。
  2. 塩江町(しおのえちょう)は、香川県香川郡に属していた(前項の地名と同地域の)。本稿では、高松市への合併時点(2005年9月26日)までの記事・データ表情報を記載中のため、現在の情報については前項に示した高松市を参照。

塩江町
Flag of Shioe Kagawa.JPG
塩江町旗
Shioe Kagawa chapter.JPG
塩江町章
 1963年4月1日制定
廃止日 2005年9月26日
廃止理由 編入合併
塩江町高松市
現在の自治体 高松市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 香川県
香川郡
団体コード 37361-3
面積 80.10km²
総人口 3,583
(2003年)
隣接自治体 高松市香川郡香川町木田郡三木町綾歌郡綾上町仲多度郡琴南町徳島県美馬市
町の花 ネム
塩江町役場
所在地 761-1592
香川県香川郡塩江町大字安原下第2号1645番地
外部リンク 塩江町(Internet Archive)
座標 北緯34度11分47秒 東経134度2分29.4秒 / 北緯34.19639度 東経134.041500度 / 34.19639; 134.041500座標: 北緯34度11分47秒 東経134度2分29.4秒 / 北緯34.19639度 東経134.041500度 / 34.19639; 134.041500
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

塩江町(しおのえちょう)は、香川県中南部にあったである。

2005年9月26日高松市へ編入合併し、高松市塩江町となった。

地理[編集]

  • 総面積80.10km2のうち84%が山林である峡谷型の町。
  • 東西が10.5km、南北が8.5kmあり、町の南にある竜王山(1059m)や大滝山(946m)へ向かうにつれて標高が高くなる。町の中央には高松市周辺の水源、内場ダムがある。
  • 耕地は香東川などの河川や山間部に沿って点在し、集落は主に香東川沿いの国道193号沿いと内場池南側に集中しているほか、山間部にも点在している。

人口[編集]

1960年 6,739人
1965年 5,860人
1970年 5,301人
1975年 4,838人
1980年 4,598人
1985年 4,240人
1990年 3,980人
1995年 3,727人
2000年 3,640人
2005年 3,445人
2010年 3,074人
2015年 2,750人
総務省統計局 / 国勢調査2015年

歴史[編集]

塩江町成立以前は「塩江村」「上西村」「安原村」をそれぞれ参照
高松市合併以後は「安原」「塩江」「上西」をそれぞれ参照

行政[編集]

  • 廃止時の町長:中井弘

経済[編集]

観光業がメインとなっていた。

金融機関[編集]

町内の民間金融機関は香川県農業協同組合(JA香川県)のみ。このうちATMがあるのは塩江支店のみで、町役場の店舗外ATMと併せて2つしかATMがない。町全体が奥地であるためか、香川県最大の地方銀行である百十四銀行もATMすら置いておらず、合併までは香川県で唯一同行のATMが存在しない自治体であった。ただし同行の場合、過去に遡れば塩江村時代の1930年(昭和5年)1月4日に南新町支店[2]所属の塩江出張所が大字安原上東字徐ケ96番地1に開設されているが、2年足らずした1931年(昭和6年)12月28日に廃止されている[3]

地域[編集]

讃岐弁が記されたバス停

教育[編集]

保育園

  • 高松市立塩江保育所
  • 高松市立安原保育所

幼稚園

  • なし

小学校

2015年に高松市立塩江小学校(旧)、高松市立上西小学校、高松市立安原小学校を統合したため、現在、町内にある小学校は高松市立塩江小学校(新)だけである。

中学校

高等学校

  • なし

大学・短期大学

  • なし

交通[編集]

空港[編集]

  • 町内に空港はないが、近くに高松空港がある。車で約10分。バスで約15分。

鉄道路線[編集]

道路[編集]

高速道路

一般国道

県道

道の駅

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • ホタルと文化の里
    • 高松市立美術館を中心に、多目的広場、陶芸工房、野外ステージ、ホタル水路などがあり、グランド夜間照明施設もある。
  • 奥の湯温泉
    • 高齢者の健康増進・憩いの場として建設された温泉施設。塩江温泉郷とは離れた上西地区にある。
  • 内場池野外運動緑地施設
    • 内場池周辺に広がる自然を活かした緑地公園。
  • 奥の湯公園キャンプ場
    • 公園の中を川が流れるキャンプ場。近くには奥の湯温泉がある。
  • 行基の湯
  • 大滝山県民いこいの森キャンプ場
    • 施設は県下で唯一、ブナ原生林が山頂近くに残る大滝山(946m)の山麓にあり、数多く昆虫や野鳥などが生息している。場内には自然公園センターもある。
  • さくら祭り
    • 道の駅近くを会場に毎年4月の上旬に開催される。
  • ほたる祭り
    • 道の駅近くを会場に毎年6月の上旬に開催される。
  • 温泉祭り
    • 美術館近くを会場に毎年8月の上旬に開催される。
  • 大護摩
  • やまびこ花火大会
    • 内場池近くを会場に毎年1月の上旬に開催される。

イベント・施設等の情報は、合併後オフィシャルホームページが運営されていないので、詳しくは塩江インフォメーションセンターのホームページを参照。

塩江温泉旅館飲食協同組合

その他[編集]

2005年9月26日に塩江町は高松市と合併したが、両市町の境界を跨ぐ道路は香川県道30号塩江屋島西線のみ。ところが同線は合併当時、2004年の相次ぐ台風災害により境界前後で寸断されたままの状態で、復旧工事は行われていたが合併には間に合わず、隣接の香川町を通らないと両市町を行き来することができなかったため、同町と合併した2006年1月10日まで、事実上の飛地合併となっていた。

  • 現在の旧塩江町域は
  • 高松市塩江町上西甲
  • 高松市塩江町上西乙
  • 高松市塩江町安原上
  • 高松市塩江町安原上東
  • 高松市塩江町安原下
  • 高松市塩江町安原下第1号
  • 高松市塩江町安原下第2号
  • 高松市塩江町安原下第3号

になっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 讃岐の市町村の標識 高松市・三木町
  2. ^ 現・栗林支店
  3. ^ 『百十四銀行百二十五年誌』 株式会社百十四銀行 調査部歴史資料グループ、株式会社百十四銀行、2005年、855頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]