上田真樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上田真樹(うえだ まき、1976年[1]6月4日[2]-)は、日本作曲家東京藝術大学附属音楽高等学校桐朋学園大学国立音楽大学で非常勤講師を務める。

来歴[編集]

東京都出身。5歳のころよりピアノを始め、東京都立芸術高等学校音楽科作曲専攻を経て、東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。同大学大学院音楽研究科音楽学(ソルフェージュ)博士課程修了。作曲を高橋裕、加藤徹也、川井學に師事。ピアノを秋庭津代子、森正、小林睦子に、指揮法を村方千之に師事。

第12回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門第二位入賞。2007年、混声合唱とピアノのための組曲『鎮魂の賦』で第18回朝日作曲賞を受賞。2010年にはNHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲『I ♥ ×××』を編曲(作詞・作曲は大塚愛)、2011年の同コンクール高等学校の部課題曲『僕が守る』を作曲(作詞は銀色夏生)。

博士論文「明治初期における西洋音楽用語の創成-瀧村小太郎と音楽取調掛-」での研究成果をベースに、日本現代音楽協会機関誌『New Composer』第8号より「明治楽語事始」を連載。

作品(編曲作品は除く)[編集]

  • 『管絃小四頌』(2005)
  • 『かなしみのそうち』〜朗読とうたのための〜(2006)
  • 混声/女声/男声合唱とピアノのための組曲『夢の意味』(2007 / 詩:林望)
    • 混声合唱とオーケストラのための組曲『夢の意味』(2012 / 詩:林望)
  • 『抒情小組曲』〜フルートとピアノのための〜(2007)
  • 混声/女声/男声合唱とピアノのための組曲『鎮魂の賦』(2007 / 詩:林望)
  • 男声合唱組曲『稲風』(2007)
  • 男声合唱曲『酒頌』
  • オーケストラのための『あけぼの』(2008)
  • 混声合唱組曲『遠くへ』(2012 / 詩:林望)
  • 組曲『時間』~無伴奏混声合唱のために~(詩:林望)
  • 男声合唱組曲『終わりのない歌』(2011 / 詩:銀色夏生)
  • 合唱組曲『花と風と』(2014年 / 詩:岸田衿子)
  • 混声合唱組曲『野辺に咲く花』(2015年 / 詩:林望)
  • 混声合唱組曲『終わりのない歌』(2017 / 詩:銀色夏生)

脚注[編集]

  1. ^ 本人の公式サイトには生年の記載がないが、東京混声合唱団第213回定期演奏会(作曲者臨席のもと、混声合唱とピアノのための組曲『夢の意味』が初演された)で生年情報も紹介された。
  2. ^ 公式ブログ「樂樹記」2008年6月4日23:13付けエントリ