三輪史朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三輪 史朗
人物情報
生誕 1927年2月17日
日本の旗 日本 東京府東京市
死没 (2006-01-12) 2006年1月12日(78歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学医学部
両親 三輪寿壮(父)
学問
研究分野 医学
血液学
研究機関 東京大学沖中重雄内科
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア大学
虎ノ門病院
山口大学
東京大学医科学研究所
沖中記念成人病研究所
学位 医学博士
称号 東京大学名誉教授
主な業績 血液中のピルビン酸キナーゼの欠乏による溶血性貧血患者を世界で初めて発見。
主な受賞歴 ドイツの旗 ドイツベルツ賞(1971年)
日本人類遺伝学賞(1979年)
武田医学賞(1981年)
日本医師会医学賞(1983年)
紫綬褒章(1990年)
日本学士院賞(1997年)
勲二等瑞宝章(1999年)
テンプレートを表示

三輪 史朗(みわ しろう、1927年2月17日 - 2006年1月12日)は、日本の医学者血液学者。医学博士(東京大学にて取得)。東京大学名誉教授。

略歴・業績[編集]

東京市(現中野区東中野)の出身。父は政治家の三輪寿壮、兄は建築家の三輪正弘。1951年東京大学医学部を卒業。1958年同大学にて医学博士。1952年東京大学冲中重雄内科に入局。カリフォルニア大学に学び、血液中のピルビン酸キナーゼの欠乏による溶血性貧血患者を世界で初めて発見。虎ノ門病院血液学科部長、山口大学教授、東京大学医科学研究所教授、1987年に定年退官、同大学名誉教授になる。冲中記念成人病研究所所長・理事長に就く。

息子に教育学者の三輪建二がいる。

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『溶血の知識』中外医学社 1968
  • 『血液疾患の治療 今日の治療』永井書店 1974
  • 『血液細胞アトラス 第3版』文光堂 1981
  • 『血液とからだ』創元社 1981
  • 『貧血 血液を科学する』講談社学術文庫 1987
  • 『血液の話 その病気と治療』中公新書 1988

共編著[編集]

  • 『衛生検査技師講座 第14 第2版 血液学』山中学,福武勝博共著 医学書院 1970
  • 『講座病態の生化学 第4 血液』山川民夫織田敏次共著 中外医学社 1971
  • 『臨床検査技術全書 第3巻 血液検査』編集 医学書院 1972
  • 『貧血 新しい病態の理解と診断・治療のために』高久史麿共著 医学書院 1974
  • 『貧血の検査』編集企画 金原出版 臨床検査mook 1980
  • 『血液病学』編 文光堂 1982
  • 『図説臨床内科講座 第21-22巻 血液』山口潜共編集 メジカルビュー社 1982
  • 『血液細胞アトラス 第4版』渡辺陽之輔共著 文光堂 1990

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典、『現代日本人名録』