織田敏次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おだ としつぐ
織田 敏次
Toshitsugu Oda cropped Toshitsugu Oda 19941212.jpg
日本学士院により
公表された肖像写真
生誕 1922年3月16日
日本の旗 石川県金沢市
死没 (2012-09-19) 2012年9月19日(90歳没)
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 医学
研究機関 東京大学
出身校 東京大学医学部卒業
主な業績 血清肝炎
B型肝炎ウイルス感染に
よることを究明
B型肝炎ウイルスの
ワクチンの調製
B型肝炎ウイルスの
母子感染の阻止
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

織田 敏次(おだ としつぐ、1922年3月16日 - 2012年9月19日)は、日本医学者内科学)。勲等勲一等学位医学博士東京大学1955年)。東京大学名誉教授国立病院医療センター名誉院長日本赤十字社医療センター名誉院長、日本学士院会員文化功労者

東京大学医学部教授などを歴任した。

概要[編集]

石川県金沢市出身の医学者である。血清肝炎B型肝炎ウイルス感染に起因することを究明したことで知られている[1]。その後、B型肝炎ウイルスのワクチンの調製に成功した[1]。さらに、B型肝炎ウイルスの母子感染の阻止にも尽力した[1]東京大学医学部にて教鞭を執り、後進を育てた。

来歴[編集]

1922年3月16日生まれ、石川県金沢市出身。旧制甲南高等学校を経て、東京大学医学部(現:医学部医学科)卒。1955年、「生體内貯藏蛋白に関する研究」にて東京大学より医学博士東京大学名誉教授国立病院医療センター名誉院長、日本赤十字社医療センター名誉院長、日本学士院会員。2012年9月19日[2]

賞歴[編集]

  • 昭和天皇記念学術賞(2001年)

栄典[編集]

著書[編集]

  • すぐできる糖尿病の食事献立(1,400kcal)(同文書院、1999年6月)
  • すぐできる糖尿病の食事献立(1,600kcal) (同文書院、1999年6月)
  • 肝臓とともに より豊かに健やかに進め治療学(ウイルス肝炎研究財団)

他多数

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「物故会員個人情報」『会員個人情報 | 日本学士院日本学士院
  2. ^ 会員の逝去について 日本学士院、2013年1月12日閲覧。
  3. ^ 「96秋の叙勲受章者 勳一等・勳二等」『読売新聞』1996年11月3日朝刊

関連項目[編集]

外部リンク[編集]