三輪正弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三輪 正弘(みわ まさひろ、1925年2月7日 - 2013年7月7日[1])は、日本の建築家、インテリアデザイナー。

略歴[編集]

東京市(現中野区東中野)出身。父は弁護士・政治家の三輪寿壮、弟は医学者の三輪史朗。1949年東京工業大学建築学科卒。『新建築』の編集、建築綜合研究所(現アール・アイ・エー)を経て、1971年三輪環造形研究所を設立し所長(のち三輪環境計画と改称)。1971年東京造形大学教授、1977年武蔵野美術大学教授、1995年名誉教授。日本インテリアデザイナー協会会長。一級建築士。1985年『インテリアデザインとは何か』で日本図書館協会特定賞受賞。「にんべん本店ビル」「貝類博物館」「軽井沢町立博物館」など[2]

著書[編集]

  • 『これからの住まいとインテリア NHKくらしのデザイン』日本放送出版協会 1973
  • 『書斎を持つ法』ごま書房 ゴマブックス 1979
  • 『インテリアデザインとは何か』鹿島出版会 SD選書 1985
  • 『環境デザインの思想』鹿島出版会 SD選書 1991
  • 『マルチ書斎術 携帯用パソコンから一畳書斎まで』ごま書房 ゴマブックス 1996

共著・編著[編集]

翻訳[編集]

  • ダイアナ・ロウントリー『インテリアデザイン入門』彰国社 1967

脚注[編集]

  1. ^ 墓地
  2. ^ 『現代日本人名録』

外部リンク[編集]