冲中重雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おきなか しげお
冲中 重雄
Okinaka Shigeo.JPG
1955年
生誕 太田重雄
(1902-10-08) 1902年10月8日
石川県金沢市
死没 (1992-04-20) 1992年4月20日(満89歳没)
東京都港区
墓地 大善寺 (八王子市)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 大日本帝国海軍軍医少尉
東京帝国大学第三内科教授
虎の門病院院長
宮内庁内廷医事参与
日本学士院会員
代表作 自律神経系の研究
影響を受けたもの 呉建
前任者 坂口康蔵
受賞 日本学士院恩賜賞
文化勲章
勲一等瑞宝章

冲中 重雄(おきなか しげお、1902年10月8日 - 1992年4月20日)は、内科学者。石川県金沢市生まれ。東京大学名誉教授、元日本学士院会員。日本学士院恩賜賞受賞、文化勲章及び勲一等瑞宝章受章。

略歴・人物[編集]

金沢市大日本帝国陸軍の軍人の太田米丸(田中義一の同期でのちに陸軍大佐)の家に生まれる。兄に大日本帝国陸軍中将を務めた太田米雄がいる。伊予松山藩藩士で国学者の太田満穂は曽祖父。

1909年岡山県立師範学校附属小学校(現岡山大学教育学部附属小学校)入学。その後、東京府北豊島郡王子尋常高等小学校(現豊島区立王子小学校)に転校。

1921年に父が亡くなったため、父のいとこで医師の冲中磐根と養子縁組をする。

第二横浜中学一高理科乙類を経て、東京帝国大学医学部卒業。卒業後内科学第二講座医局に入り副手に就任。呉建教授に師事。講師を経て、1943年から第二内科助教授。1945年8月15日志願し、大日本帝国海軍軍医少尉に任官。海軍衛生学校で雑巾がけをしていたところで終戦を迎えた。

1946年坂口康蔵の後任として44歳で東京帝国大学医学部(後東京大学医学部)医学科内科学第三講座教授。第二内科出身者が、第三内科の教授に就任することは異例であった。自律神経系の研究を行い、内科学の専門分科を主張して神経内科を確立した。1961年日本学士院恩賜賞受賞。1962年には日本で初めて老年病学講座を開設し、同講座教授を兼務。

1963年東京大学退官時の最終講義での自身の教授在任中の誤診率(14.2%)の発表は有名。後任の老年病学講座教授は吉川政己東京大学名誉教授の称号を受ける。

虎の門病院設立に参画し、1958年の設立時から顧問を務めていたが、退官後は、虎の門病院院長を10年間務めたその後、冲中記念成人病研究所理事長に就任した。また1963年から68年まで宮内庁内廷医事参与を務めた。1965年日本学士院会員、1970年文化勲章受章、文化功労者1975年勲一等瑞宝章受章。

高血圧のため苦しんだ谷崎潤一郎の主治医となったこともある。[要出典]日本内科学会総会出席のため福岡行きの便に乗った際、よど号ハイジャック事件に巻き込まれて人質になったこともある(冲中は福岡の福岡空港で解放された)[1]

著書[編集]

  • 自律神経系 呉建共著 訂4版 日本医書出版 1944
  • 自律神経機能の検査法 学術書院 1947
  • 内科学 造血器系循環器系疾患 学術書院 1948
  • 自律神経系と臨牀 吐鳳堂 1948
  • 自律神経系研究と其の臨床的応用の一面 医学書院 1950
  • 内科診断学 高橋忠雄大島研三共著 3版 医学書院 1954
  • 冲中教授臨床講義集 第1-5巻 診断と治療社 1955-63
  • 内科臨床と剖検 冲中内科17年のあゆみ 南江堂 1963
  • 臨床酵素学 赤堀四郎共著 朝倉書店 1964
  • 医師と患者 東京大学出版会 1965
  • 視床下部 小林隆時実利彦共著 文光堂 1966
  • 医師の心 東京大学出版会 1978 (UP選書)
  • 冲中重雄-医の道 冲中重雄先生を偲ぶ会 1992

博士論文[編集]

「脳脊髓性 -錐體路外導路性-筋緊張の末梢径路に関する研究」昭和7年3月29日学位授与[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 沖永重雄「私の履歴書」
  2. ^ 国立国会図書館NDL-OPAC