三日市駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三日市駅
ホームより伊勢若松方を見る
ホームより伊勢若松方を見る
みっかいち
Mikkaichi
L31 鈴鹿市 (2.1km)
(2.0km) 平田町 L33
所在地 三重県鈴鹿市三日市二丁目6-1
駅番号  L32 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 L 鈴鹿線
キロ程 6.2km(伊勢若松起点)
電報略号 ミツカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
576人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1963年昭和38年)4月8日
備考 無人駅
テンプレートを表示

三日市駅(みっかいちえき)は、三重県鈴鹿市三日市二丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)鈴鹿線である。駅番号はL32

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を持つ地上駅。ホームは下り(南)側にある。棒線構造のため、伊勢若松方面行きと平田町行きの双方が同一ホームに発着する。白子駅管理の無人駅で、駅舎は設けられておらず、平田町寄りの出入口から直接ホームに入る形となる。

急行停車時のみ、運転士がホームに出て切符や定期を回収・検札している(雨天時はしない)。不定期ではあるが、不正乗車対策のためか、係員がホーム上に配備され集札・発券対応を行う場合もある(この場合、携帯発券機で切符を発券する)。

当駅乗降人員[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り[3]

  • 2015年11月10日:1,227人
  • 2012年11月13日:1,181人
  • 2010年11月9日:1,090人
  • 2008年11月18日:1,094人
  • 2005年11月8日:1,139人

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 516
1998年 472
1999年 457
2000年 450
2001年 451
2002年 437
2003年 434
2004年 435
2005年 438
2006年 455
2007年 463
2008年 458
2009年 469
2010年 501
2011年 530
2012年 540
2013年 576
  • 三日市駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
      • 2005年11月8日の調査結果によると、1日の利用客は1,139人。この数字は…
        • 近鉄の全調査対象駅(323駅、但し調査当時)中、240位(鈴鹿線内では平田町駅・鈴鹿市駅・伊勢若松駅に次いで4位)。
        • 三重県内の近鉄の駅(116駅、但し調査当時)の中では、66位。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

駅周辺[編集]

駅周辺は住宅街で、駅前に商店が1軒あるのみである。少し南に歩くと、ボウリング場などがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  2. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月18日閲覧。 
  3. ^ 駅別乗降人員 鈴鹿線 - 近畿日本鉄道

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
L 鈴鹿線
急行(下りのみ運転)・普通
鈴鹿市駅 (L31) - 三日市駅 (L32) - 平田町駅 (L33)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]