ヴコヴァルの虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Masakr na Ovčari
クロアチア独立戦争
場所 クロアチアの旗 クロアチアヴコヴァル
日付 1991年11月20日 (1991-11-20) – 1991年11月21日 (1991-11-21)
標的 クロアチア人中心
攻撃手段 簡易死刑英語版
死亡者 255[1]–264[2]
犯人 ユーゴスラビア人民軍英語版セルビア義勇親衛隊白鷲英語版

ヴコヴァルの虐殺(ヴコヴァルのぎゃくさつ、クロアチア語: Masakr na Ovčari)とはクロアチアヴコヴァル近郊で1991年11月20日から翌21日にかけて行われたユーゴスラビア人民軍英語版民兵によるクロアチア人虐殺事件である。この事件では、263名の男性と1名の女性の計264名が殺害され、身元が特定出来ているのはうち194人に止まっており、殺害された多くはクロアチア人であった。この虐殺はヴコヴァルの戦い英語版の最後に起こされた。

ヴコヴァル陥落[編集]

ヴコヴァル包囲の間、数百人の人々がヴコヴァルの病院に避難していた。しかし1991年11月18日にヴコヴァルが陥落した後、ユーゴスラビア人民軍セルビア人準軍事組織により、少なくとも400人以上の非セルビア人が連れ出されたという。その内250人以上がオヴチャラ農場へ連行され、そこで激しい暴行を受けたとされている。その後捕虜たちは10~20人ほどの集団に分けられ、別の場所へ移送され、そこで処刑された。遺体は近くの共同墓地へ埋められたという。

参考文献[編集]

  1. ^ BBC News | EUROPE | Milosevic Indictment: Text (英語) - 2001年10月29日
  2. ^ U.N. tribunal to rule in Vukovar massacre case | Reuters (英語) - 2007年9月25日