国際連合予防展開軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国際連合予防展開軍
概要 平和維持活動
略称 UNPREDEP
状況 活動終了
決議 安保理決議983
活動開始 1995年3月31日
活動終了 1999年2月28日
活動地域 マケドニア共和国
公式サイト UNPREDEP
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示

国際連合予防展開軍(こくさいれんごうよぼうてんかいぐん United Nations Preventive Deployment Force,UNPREDEP)はマケドニア共和国に展開した国際連合平和維持活動。1995年3月31日の国際連合安全保障理事会決議983に基づき設立された。

概要[編集]

ユーゴスラビア紛争の停戦監視には、1992年より国際連合保護軍(UNPROFOR)がその任にあたっていた。1992年12月よりUNPROFORは、民族対立により衝突の懸念が出てきたユーゴスラビア連邦共和国コソヴォ)とマケドニア共和国の境界部に予防展開し、紛争の防止にあたることとなった。国連PKFの事前展開はこれが初めての事である[1]

1995年3月31日の安保理決議983により、マケドニアでの任務はUNPROFORより再編制された国際連合予防展開軍(United Nations Preventive Deployment Force,UNPREDEP)が行なうこととなった。UNPREDEPの任務はマケドニア共和国とユーゴスラビア連邦共和国の国境地域を監視し、武力紛争の発生を抑止することにある。1999年2月時点の規模は兵員1,049名、軍事監視要員35名、ほかに文民スタッフとなっている。

UNPREDEPは展開を続け、紛争の抑止に成功した。しかし、マケドニア共和国が中華民国との国交を樹立したことにより、任期延長に対する中華人民共和国の賛成を得られず、1999年2月28日に活動を終了した。

脚注[編集]

  1. ^ 千田善 (2002年11月21日). なぜ戦争は終わらないか ユーゴ問題で民族・紛争・国際政治を考える. 日本: みすず書房. ISBN 4-622-07014-6. 

外部リンク[編集]