国際連合イラン・イラク軍事監視団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Small Flag of the United Nations ZP.svg   国際連合イラン・イラク軍事監視団
 
概要 平和維持活動
略称 UNIIMOG
状況 活動終了
決議 安保理決議619
活動開始 1988年8月9日
活動終了 1991年2月28日
本部 テヘランおよびバクダット
活動地域 イランおよびイラク
規模 最大 軍事要員400名(撤退時 軍事要員114名)
要員派遣国 26ヶ国
犠牲者数 1名
費用 117.9百万ドル
公式サイト UNIIMOG

紛争 イラン・イラク戦争

国際連合イラン・イラク軍事監視団(こくさいれんごうイラン・イラクぐんじかんしだん United Nations Iran–Iraq Military Observer Group,UNIIMOG)はイラン・イラク戦争の停戦およびイラン・イラク両軍の撤退監視を任務とした国際連合平和維持活動。イラン・イラク両国が安保理決議598を受諾し、停戦に向かうことを受けて1988年8月9日に採択された決議619に基づき設置されている。

決議後間もなく、両勢力間に展開し8月20日の停戦を受けて、その停戦および撤退の監視を実施した。人員は現地採用を除き26ヶ国から派遣され、最大時で軍民合わせて400名。イラクがクウェートに侵攻していた湾岸危機の最中であった1990年9月においても、情勢は平穏であり、両勢力ともほとんどの部隊は自国国境内へと撤退し、問題となった地点は僅かであった。その後も、撤退の確認と監視作業を継続し、UNIIMOGが任務を完了したのは1991年2月28日のことであった。

関連決議[編集]

外部リンク[編集]