スロボダン・ミロシェヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スロボダン・ミロシェヴィッチ
Слободан Милошевић
Slobodan Milosevic.jpg
スロボダン・ミロシェヴィッチ(1996年)

任期 1997年7月23日2000年10月7日

任期 1990年9月28日 – 1997年7月23日

任期 1989年5月8日 – 1990年9月28日

出生 1941年8月20日
Flag of the Kingdom of Yugoslavia.svg ユーゴスラビア王国ポジャレヴァツ
死去 2006年3月11日(満64歳没)
オランダの旗 オランダハーグ
政党 セルビア社会党
配偶者 ミリヤナ・マルコヴィッチ
署名 Slobo-singature.PNG
スロボダン・ミロシェヴィッチ(中央)。デイトン合意の調印の場にて

スロボダン・ミロシェヴィッチセルビア語: Слободан Милошевић, ラテン文字転写: Slobodan Milošević1941年8月20日 - 2006年3月11日)は、セルビアの政治家。セルビア社会主義共和国幹部会議長(大統領に相当・第7代)、セルビア共和国大統領(初代)、ユーゴスラビア大統領(第3代)、セルビア共和国共産主義者同盟幹部会議長、セルビア社会党党首を歴任した。欧米からは独裁者と見られている。

生涯[編集]

ベオグラードの東約70キロの町ポジャレヴァツで生まれる。父親は家族を棄て、また母親、伯父も自殺している。 少年時代は学校の共産主義科目を得意としており、「小レーニン」と呼ばれた。ベオグラード大学法学部卒業後、ベオグラード情報局、ガス産業、ベオグラード銀行等、実業界で活躍した。政界に転身し、1978年 - 1982年、ベオグラードの共産主義者同盟幹部となり、1987年コソヴォ訪問時、アルバニア人から迫害されたセルビア人と出会い、彼は「もはや侮辱されることはないだろう」と語った。それ以来、セルビア民族主義者中で人気を獲得し始めた。1986年にセルビア共和国共産主義者同盟幹部会議長に就任。自身の権力強化のために、セルビア民族主義を国民に扇動し、利用した。

1987年イヴァン・スタンボリッチ英語版が辞任したのを受けて、セルビア共和国幹部会議長に就任した。スタンボリッチは2000年に何者かに誘拐され、2003年に死体で発見された。セルビア国家保安庁・特殊作戦部隊による犯行と見られている。

1990年には新設のセルビア共和国大統領に就任。1992年ミラン・パニッチ首相を破り再選された。1997年にはセルビア共和国大統領の任期切れを前にユーゴスラビア連邦共和国(新ユーゴ)第3代大統領に就任した。大統領になってからは、治安機関から出される報告書に毎日目を通していたといわれ、情報・治安機関を使って政敵や野党勢力の動向監視や民主化運動を容赦なく弾圧していた。

1991年にはスロベニアクロアチアマケドニア共和国独立に、1992年にはボスニア・ヘルツェゴビナ独立運動に軍事介入した。また1998年以降激化したコソボ紛争を治安部隊により弾圧したが、1999年NATOによるユーゴ空爆後、コソボ国連管理を容認することとなる。

2000年秋、再選を目指し国民による直接投票となったユーゴスラビア連邦大統領選挙の際、選挙不正に怒った国民の抗議行動、いわゆる「ブルドーザー革命」により退陣し、連邦大統領の座をセルビア民主野党連合のヴォイスラヴ・コシュトニツァに譲った。コソボ紛争でのアルバニア人住民に対するジェノサイドの責任者として人道に対する罪で起訴され、経済援助を条件にするNATOの圧力の下、2001年4月に職権濫用と不正蓄財の容疑で逮捕・収監された。同年7月には同国憲法に違反して国連旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷オランダハーグ)に身柄を移送され、以降人道に対する罪などで裁判が行われた。上記のスタンボリッチ殺害の容疑も、含まれている。

高血圧など体調の不具合という理由、また容疑事実の立証がなされなかったため、裁判は非常に長引いた。2006年3月11日朝、収監中の独房で死亡しているのが発見された。死因は心臓発作とされている。

評価[編集]

今日、セルビア人の間ではミロシェヴィッチを評価する声は少ない。理由としてはミロシェヴィッチ政権下ではセルビアが国際的に孤立し、経済制裁によって市民生活が困窮したことや、周辺諸国の紛争に介入し、すべての戦争で“敗北”したことでセルビア人の利益を損ない、コソヴォ紛争ではNATOの空爆を招き、領土まで失ったと考えているからである。

しかし、現在でも経済的発展から取り残された年金生活の高齢者失業者、セルビア民族主義者、コソヴォからのセルビア人難民の中には、ミロシェヴィッチを慕う者も多い。

人物[編集]

妻のミリヤナ・マルコヴィッチとは、大学在籍中に知り合う。多くの人々は、彼女がミロシェヴィッチの行動、ユーゴスラビアの政治に大きな影響を与えたと考えている。

死後の出来事[編集]

2007年3月5日、ミロシェヴィッチの墓にサンザシを突き刺し悪魔祓いの儀式を行う者が現れ、話題となった。この儀式は吸血鬼悪霊を祓うことを目的としており、ユーゴスラビアに古くから伝わる伝統儀式である。犯人は、過去にミロシェヴィッチ政権打倒を呼びかけていたカメラマンであり、奇しくもミロシェヴィッチと同姓であった。犯人自ら警察に通報したものの、警察は特に法的措置は取らなかった。しかし、セルビア社会党は当該儀式を非難するコメントを発表している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
スルダ・ボゾヴィッチ
(代理)
ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア連邦共和国大統領
第3代:1997 - 2000
次代:
ヴォイスラヴ・コシュトニツァ
先代:
セルビア社会主義共和国より改称
Flag of Serbia (1992-2004).svg セルビア共和国大統領
初代:1990 - 1997
次代:
ドラガン・トミッチ
(代理)
先代:
リュビシャ・イギッチ
(代理)
Flag of SR Serbia.svg セルビア社会主義共和国
幹部会議長(大統領)

第7代:1989 - 1990
次代:
セルビア共和国に改称
党職
先代:
イヴァン・スタンボリッチ英語版
セルビア共産者同盟中央委員会議長
1986 - 1989
次代:
ボグダン・トリフノヴィッチ