ヴィルヘルム・オーネゾルゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カール・ヴィルヘルム・オーネゾルゲ
Karl Wilhelm Ohnesorge
生年月日 1872年6月8日
出生地 ドイツの旗 ドイツ帝国
 プロイセン王国 ザクセンアンハルトグレーフェンハイニッヒェンドイツ語版
没年月日 (1962-02-01) 1962年2月1日(89歳没)
死没地 西ドイツの旗 西ドイツ
バイエルン州の旗 バイエルン州 ミュンヘン
前職 中央郵便局長
所属政党 Reichsadler der Deutsches Reich (1933–1945).svg 国家社会主義ドイツ労働者党
称号 黄金ナチ党員バッジ

ナチス・ドイツの旗 郵政大臣
内閣 ヒトラー内閣
在任期間 1937年2月2日 - 1945年4月30日
テンプレートを表示

カール・ヴィルヘルム・オーネゾルゲ(Karl Wilhelm Ohnesorge、1872年6月8日 - 1962年2月1日)は、ドイツの政治家。アドルフ・ヒトラー国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)政権において郵政大臣を務めた。

来歴[編集]

生涯[編集]

オーネゾルゲ(中央背広の人物、1937年)

1872年プロイセン王国ザクセンアンハルトグレーフェンハイニッヒェンドイツ語版に電信官の息子として生まれる。1890年に郵便局に就職し、フランクフルト・アム・マイン支局に配属される。勤務の合間にキールベルリンで物理学を学び、工学博士号を取得。第一次世界大戦では出征せず、ドイツ軍大本営の郵便主任を務め、戦後は民族主義団体ドイツ民族防衛同盟ドイツ語版に加入する[1]

1920年国家社会主義ドイツ労働者党に入党(党員番号42)。間もなく党首アドルフ・ヒトラーの友人となり、黄金ナチ党員バッジを授与されている。また、同時期にドルトムントにナチ党支部を設立するため尽力した。

1929年、中央郵便局長に就任し、1933年に郵便局から郵政省に移る。郵政省では、郵政大臣パウル・フォン・エルツ=リューベナッハの秘書を務め、ナチ党に反抗的だったエルツ=リューベナッハに代わり省内を取り仕切った。1937年にエルツ=リューベナッハが反ナチ党姿勢を理由に解任され、後任として郵政大臣に就任した。1942年にヒトラーから25万ライヒスマルクを寄付された[2]

1945年、敗戦後は逮捕されバイエルン州非ナチ化裁判にかけられ財産を没収されたが、重い罪には科せられなかった。後に判決は撤回され年金の支給が認められたが、財産は返金されなかった。

1962年2月1日、ミュンヘンで死去。

研究・開発[編集]

オーネゾルゲは無線やテレビの研究・開発に興味を示し、1936年ハケブルクドイツ語版近郊の土地44ヘクタールを240万ライヒスマルクで購入し、研究所を創設した[3]。研究所はマクノーヴァー湖ドイツ語版周辺に設置され、ラジオテレビ技術やロケット技術を組み合わせた研究が行われ、第二次世界大戦終結まで研究は続けられた。

また、原子爆弾にも興味を示しており、管轄外にも関わらず郵政省を指揮して研究を行い、ヒトラーに「ウラン・プロジェクト」と称した原爆開発計画を数度に渡り進言した[4]。「ウラン・プロジェクト」ではマンフレート・フォン・アルデンヌを中心に、電磁質量分離器の開発を進めるべきと主張している[5]

参考文献[編集]

  • Charles Hamilton著「LEADERS & PERSONALITIES OF THE THIRD REICH VOLUME1」p263、264 ISBN 0912138270
  • Wilhelm Ohnesorge: Die Deutsche Reichspost in Geschichte und Gegenwart. von Decker, Berlin 1941.
  • u. a. Dirk Böndel, Alfred Gottwaldt: Ich diente nur der Technik. Sieben Karrieren zwischen 1940 und 1950, Band 13 der Schriftenreihe des Museums für Verkehr und Technik (Deutsches Technikmuseum Berlin), Nicolai Verlag, Berlin 1995, ISBN 3-87584-549-8.
  • Rainer Karlsch Hitlers Bombe. DVA, München 2005, ISBN 3-421-05809-1.
  • Ernst Klee: Das Personenlexikon zum Dritten Reich. Wer war was vor und nach 1945. 2. Auflage. Fischer, Frankfurt am Main 2007, ISBN 978-3-596-16048-8, S. 443–444.
  • Deutscher Wirtschaftsverlag, AG (Hg.): Reichshandbuch der Deutschen Gesellschaft, Band 2, Berlin, 1931
  • Wolfgang Lotz: Die Deutsche Reichspost. Band 1: 1933–1939. Nicolai, Berlin 1999.

脚注[編集]

  1. ^ Uwe Lohalm: Völkischer Radikalismus: Die Geschichte des Deutschvölkischen Schutz- und Trutz-Bundes. 1919–1923. Leibniz, Hamburg 1970, ISBN 3-87473-000-X, S. 318, 327.
  2. ^ Gerd R. Ueberschär, Winfried Vogel: Dienen und Verdienen. Hitlers Geschenke an seine Eliten. Frankfurt 1999, ISBN 3-10-086002-0
  3. ^ Hubert Faensen, Leo Seidel, Hightech für Hitler: die Hakeburg--vom Forschungszentrum zur Kaderschmiede, 2001 – 198 S., S. 48
  4. ^ Henry Picker: Hitlers Tischgespräche im Führerhauptquartier. Propylän 1997. Unveröffentlichtes TV-Interview mit Rochus Misch, geführt von Heiko Petermann, Screen TV, 20. Mai 2002.
  5. ^ Rainer Karlsch: Hitlers Bombe. DVA, München 2005, ISBN 3-421-05809-1.
公職
先代:
パウル・フォン・エルツ=リューベナッハ
ナチス・ドイツの旗 郵政大臣
1937年 - 1945年
次代:
ユリウス・ドルプミュラー