フランツ・ギュルトナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国の政治家
フランツ・ギュルトナー
Franz Gürtner
Bundesarchiv Bild 183-H13466, Franz Gürtner.jpg
生年月日 1881年8月26日
出生地 ドイツの旗 ドイツ帝国
バイエルン王国の旗 バイエルン王国 レーゲンスブルク
没年月日 (1941-01-29) 1941年1月29日(満59歳没)
死没地 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
Flag of Prussia (1918–1933).svg プロイセン州 ベルリン
出身校 ミュンヘン大学
所属政党 ドイツ国家人民党(1933年まで)
国家社会主義ドイツ労働者党(1937年入党)
称号 一級鉄十字章二級鉄十字章

Flag of Bavaria (striped).svg バイエルン州法務大臣
内閣 オイゲン・フォン・クニリング内閣
ハインリヒ・ヘルト内閣
在任期間 1922年11月8日 - 1932年6月1日

ドイツの旗 ドイツ国 法務大臣 (ナチス・ドイツの旗 ドイツ国)
内閣 フランツ・フォン・パーペン内閣
クルト・フォン・シュライヒャー内閣
アドルフ・ヒトラー内閣
在任期間 1932年6月1日 - 1941年1月29日
元首 パウル・フォン・ヒンデンブルク大統領
アドルフ・ヒトラー総統
テンプレートを表示

フランツ・ギュルトナーFranz Gürtner, 1881年8月26日 - 1941年1月29日)は、ドイツの政治家。ヴァイマール共和国ナチス・ドイツ期にかけて法曹の大臣職を歴任し、ヒトラー内閣で法相を務めた。

略歴[編集]

1881年8月26日、ドイツ帝国領邦バイエルン王国レーゲンスブルクに機関車技師フランツ・ギュルトナーの息子として生まれた。母はその妻マリア(Maria)(旧姓ヴァインツェール(Weinzierl))[1]

レーゲンスブルクの学校を出た後、ミュンヘン大学に入学して法学を学んだ[2]1908年にバイエルン司法国家試験に合格し、ミュンヘンで検察官として働くとともに、バイエルン王国司法省の人事部に勤務した[1]

第一次世界大戦が開戦すると西部戦線へ出征した後、パレスチナで戦った。大戦中に大尉(Hauptmann)まで昇進し、また一級鉄十字章二級鉄十字章を受章した[1][2]

戦後は法曹界に戻り、1920年にはミュンヘンの裁判所の裁判官となる[1]1922年11月8日バイエルン州法相に就任した[2]。保守政党ドイツ国家人民党の党員であるギュルトナーは右翼犯罪者には大変同情的であった。ヒトラーはじめミュンヘン一揆で罪に問われた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の党員たちにも寛大な判決を下されるよう手回しした[2]。またランツベルク刑務所に収監されたヒトラーが早期釈放されるようにし、釈放後、ただちにナチ党が合法化できるよう取り計らっている[3]

1932年にはドイツ国首相フランツ・フォン・パーペンからドイツ国法相(Reichsjustizminister)に指名された。続くクルト・フォン・シュライヒャー内閣でも留任した[3]

1933年1月30日にナチ党党首アドルフ・ヒトラーが首相に就任した後にも彼の下で法相に留任した。ドイツ裁判官協会を国家社会主義法律家協会に合流させるなど司法のナチ化を進めた。一方で司法の独立を守ろうとすることもあり、また強制収容所での囚人の拷問やゲシュタポの無法な捜査には嫌悪感を示すこともあった[3]

しかし1935年時点ですでに法相ギュルトナーも内相ヴィルヘルム・フリック親衛隊に対して口を差し挟むことはできなくなっており、何らの歯止め役にもならなかった[3]

1937年1月30日にはヒトラーよりナチス党員名誉金章を授与され、同時にナチ党に入党している(党員番号385,232)。1939年から開始されたT4作戦に関しては、ギュルトナーをはじめとする司法省関係者はまったく知らされておらず、これが発覚したのは1940年7月のギュルトナーあて投書によってであった[4]。ギュルトナーは法に基づかない安楽死には反対し、作戦の中止か法制化かを求めていたが、ヒトラーの意志が法制化によらない安楽死であることを知ると、「法源」であるヒトラーの意志に従い、T4作戦への介入を禁じた[5]

1941年1月29日にベルリンで死去した[1][6]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e LeMO
  2. ^ a b c d ヴィストリヒ、44頁
  3. ^ a b c d ヴィストリヒ、45頁
  4. ^ 佐野誠 1998, p. 21.
  5. ^ 佐野誠 1998, p. 21-22.
  6. ^ ヴィストリヒ、46頁