ヘルマン・ムース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヘルマン・ムースHermann Muhs1894年5月16日 - 1962年4月13日)は、ドイツの政治家。ヒトラー内閣の宗教相代行を務めた。

生涯[編集]

第一次世界大戦後にゲッティンゲン大学で法律学を学び、1922年に卒業した。その後は法律事務所を開設し、1929年ナチ党に入党した。1930年からはプロイセン州議会議員、1933年からはヒルデスハイム市長をそれぞれ務めた。

1935年からは宗教省次官を務めたが、ムースの言動や宗教に対する無知ぶりは、教会との軋轢を生むこととなった。

親衛隊と教会を切り離すことを望んでいたハインリヒ・ヒムラーの命を受け、ムースは1941年に執り行われたカール・ヨーゼフ・シュルトドイツ語版大司教の葬儀に、親衛隊のユニフォーム姿で参加した。ムースは親衛隊上級大佐にまで昇進した後、親衛隊からは追放されることとなったが、ハンス・ケルルドイツ語版の死後は、1945年まで宗教相代行の地位にあった。