ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー
Vidhu Vinod Chopra
Vidhu Vinod Chopra
ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー(2015年)
生年月日 (1952-09-05) 1952年9月5日(67歳)
出生地 インドの旗 インド ジャンムー・カシミール州シュリーナガル
職業 映画監督映画プロデューサー脚本家
配偶者 レヌ・サルージャ英語版(離婚)
アヌパマ・チョープラー英語版(1996年 - )
テンプレートを表示

ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー(Vidhu Vinod Chopra、1952年9月5日 - )は、インド映画監督映画プロデューサー脚本家ヴィノード・チョープラー・フィルムズ英語版の設立者。代表作に『Parinda』『1942・愛の物語』『医学生ムンナ・バーイー英語版』『その調子で、ムンナ・バーイー英語版』『きっと、うまくいく』『PK』『SANJU サンジュ』がある。

生い立ち[編集]

ジャンムー・カシミール州シュリーナガル出身[1]。異父兄弟にラーマナンド・サガール英語版がいる[2]プネーのインド映画テレビ学院で映像技術を学んでいる。

キャリア[編集]

初めて手掛けた短編映画『Murder at Monkey Hill』はナショナル・フィルム・アワードの最優秀短編映画賞とグル・ダット賞を受賞した[3]。1978年に製作した『An Encounter with Faces』はアカデミー短編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされ、1980年のタンペレ映画祭英語版ではグランプリに選ばれた[4]。1981年に初の長編映画『Sazaye Maut』を製作し、『1942・愛の物語』『アルターフ 復讐の名のもとに』『医学生ムンナ・バーイー英語版』『その調子で、ムンナ・バーイー英語版』『きっと、うまくいく』などで高い評価を得た。2015年に製作したハリウッド映画『Broken Horses』はRotten Tomatoesの支持率22%[5]、公開初週末の興行収入は600万ルピーと商業的に失敗している[6]

作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ Vidhu Vinod Chopra recalls troubled time in Kashmir - NDTV Movies”. ndtv.com (2013年2月6日). 2018年6月30日閲覧。
  2. ^ In Bollywood, everyone's related!”. The Times of India. 2016年2月3日閲覧。
  3. ^ Archived copy”. 2009年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月8日閲覧。
  4. ^ Tampere International Short Film Festival (1980)”. IMDb. 2018年6月30日閲覧。
  5. ^ Broken Horses”. Rotten Tomatoes. 2018年6月30日閲覧。
  6. ^ Broken Horses Is An Epic Disaster - Box Office India”. boxofficeindia.com. 2018年6月29日閲覧。

外部リンク[編集]