ラージクマール・ヒラーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラージクマール・ヒラーニ
Rajkumar Hirani
Rajkumar Hirani
ラージクマール・ヒラーニ(2014年)
別名義 Raju
生年月日 (1962-11-20) 1962年11月20日(57歳)
出生地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ナーグプル
職業 映画監督映画プロデューサー脚本家編集技師
活動期間 1993年 -
事務所 ラージクマール・ヒラーニ・フィルムズ
テンプレートを表示

ラージクマール・ヒラーニ(Rajkumar Hirani、1962年11月20日 - )は、インド映画監督。インド映画界で最も成功した映画製作者の一人と認識されている。代表作に『医学生ムンナ・バーイー』『その調子で、ムンナ・バーイー英語版』『きっと、うまくいく』『PK』『SANJU サンジュ』があり、彼が製作する作品は全て商業的・批評的な成功を収めている[1]ナショナル・フィルム・アワードを含むインド国内の映画賞を数多く受賞しており、メディアや観客からは彼の製作作品はヒンディー語映画の歴史上先駆的な作品だと認識されている[2][3]

生い立ち[編集]

ナーグプルシンド人英語版家庭に生まれる。ヒラーニの先祖はイギリス領インド帝国シンド州英語版ナウシャロー・フェローズ県英語版メーラブプール英語版出身である[4]。父スレーシュ・ヒラーニはナーグプルでタイピング学校を運営しており、ヒラーニは聖フランシス・デ・セール高等学校英語版でで商法を学んだ。両親は息子が会計士になることを望んでいたが、ヒラーニは映画と劇場に関心を抱いていた[5]

大学時代にはヒンディー語劇場に参加し、スレーシュは息子の写真をムンバイの俳優学校に送付した。しかし、ヒラーニは不合格となり3日後にはナーグプルに戻ってきた。スレーシュはプネーインド映画テレビ学院に進学するように提案するが、演技コースは入学希望者が殺到して募集が終了しており、比較的希望者が少ない監督コースへの入学の可能性が残っていた[6]。ヒラーニは編集者コースに進学し、奨学金を得て技術を学んだ[7]

キャリア[編集]

バーラト・アスミタ・ナショナル・アワードを受賞するラージクマール・ヒラーニ(左から2人目)

ヒラーニは長年編集技師として活動した。彼は業界での経験から広告業への転進を余儀なくされ[8]、そこから徐々に広告映画の監督・プロデューサーとしての地位を確立していった。また、フェヴィコール英語版の「数人の男性が象と共にフェヴィコールの看板を破ろうとして"Jor laga ke Haisha"と叫ぶ」というコマーシャルやOgilvyキネティック・ルーラ英語版のコマーシャルでも知られている。

広告業界で成功したものの映画業界への憧れを抱き続け、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラーの下で映画業界での活動を始める。チョープラーが監督した『1942・愛の物語』の予告編やプロモーションを手掛け、『Kareeb』でもプロモーション編集を担当した。2000年公開の『アルターフ 復讐の名のもとに』で初めて編集技師として製作に参加した。

2003年公開の『医学生ムンナ・バーイー』で監督デビューを果たし、主演にサンジャイ・ダットを迎えた同作は興行的に大きな成功を収めている[9]。2006年公開の続編『その調子で、ムンナ・バーイー英語版』では、サンジャイ・ダットが演じたムンナ・バーイー英語版の影響で「ガンディギリ英語版」という概念が普及するなど、インドの文化面に大きな影響を与えた。

2009年公開の『きっと、うまくいく』は批評家から絶賛され、アーミル・カーンを主演に迎えた同作は当時のインド映画の興行記録を始めとするあらゆる記録を塗り替えた。また、世界各国でリメイク版が製作されるなどインド国外でも高く評価された[10]

2014年公開の『PK』で再びアーミル・カーンを主演に迎え、当時のインド映画の記録を塗り替え、50億ルピー以上の興行収入を記録して当時のインド映画興行収入ランキング第1位となった[11][12]。最終的な興行収入は70億ルピーを超え[13][14]、海外興行収入も含めて1億ドル以上の興行収入を記録した[15][16][17]

2018年公開の『SANJU サンジュ』ではランビール・カプールを主演に迎えてサンジャイ・ダットの半生を描いた[18]。ヒラーニはアビジャート・ジョーシー英語版と共に脚本も執筆している。同年6月29日に公開され、批評家から高い評価を得たものの、一部からはサンジャイ・ダットをイメージクリーニングしており、事実に基づいていないと批判された。同作は2018年公開のインド映画興行収入ランキング第1位となり、インド映画史上最も高い興行成績を収めた映画の一つとなっている。

フィルモグラフィー[編集]

出典[編集]

  1. ^ Sanju box office collection day 5: The Rajkumar Hirani film earns Rs 167.51 crore”. The Indian Express (2018年7月4日). 2019年4月23日閲覧。
  2. ^ 10 Reasons Why Raju Hirani Is The Finest Director In Bollywood”. 2019年4月23日閲覧。
  3. ^ The Inimitable Art Of Rajkumar Hirani, Bollywood's Most Profitable Director”. 2019年4月23日閲覧。
  4. ^ Hasan Ansari, PK' director Hirani to visit Pakistan in April, The Express Tribune, 20 February 2015. Retrieved 31 May 2018.
  5. ^ Aiming to Please”. Hindustan Times. 2011年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月22日閲覧。
  6. ^ Will Munnabhai now take on religion”. Hindustan Times. 2009年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月23日閲覧。
  7. ^ From Nagpur to 3 Idiots, Raju Hirani's amazing journey”. Rediff. 2009年12月22日閲覧。
  8. ^ "3 Idiots is our comment on what is right or wrong with society" - Rajkumar Hirani”. Bollywood Hungama. 2009年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月23日閲覧。
  9. ^ Box office report for 2003”. Boxofficeindia.com. 2012年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月23日閲覧。
  10. ^ “Aamir Khan's '3 Idiots' becomes Bollywood's biggest grosser”. The Independent. (2010年1月6日). オリジナルの2010年1月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100115174801/https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/news/aamir-khans-3-idiots-becomes-bollywoods-biggest-grosser-1859492.html 2011年7月8日閲覧。 
  11. ^ “PK may stagger past $100 million milestone at boxoffice”. The Times of India. (2015年1月3日). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/PK-may-stagger-past-100-million-milestone-at-boxoffice/articleshow/45738153.cms 2015年1月3日閲覧。 
  12. ^ “'PK' (14 Days) 2nd Week Collection at Box Office: Aamir Khan's Film Turns Fastest ₹500 Cr Grosser”. International Business Times. (2015年1月2日). http://www.ibtimes.co.in/pk-14-days-2nd-week-collection-worldwide-box-office-aamir-khan-film-business-report-618998 2015年1月4日閲覧。 
  13. ^ PK”. Box Office India. 2015年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月23日閲覧。
  14. ^ PK Strong In China – Heads For 700 Crore Worldwide”. 2019年4月23日閲覧。
  15. ^ Dhoom 3- US Figures”. Box Office Mojo. 2015年1月25日閲覧。
  16. ^ PK may stagger past $100 million milestone at boxoffice”. The Times of India (2015年1月17日). 2019年4月23日閲覧。
  17. ^ Transformers 4 – machine-tooled for domination: 2014 global box office in review”. The Guardian (2015年1月17日). 2019年4月23日閲覧。
  18. ^ Rajkumar Hirani confirms Sanjay Dutt biopic with Ranbir Kapoor in the lead”. BollywoodHungama.com. 2016年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]