ヴァーリア科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァーリア科
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 Lamiids
: ヴァーリア目 Vahliales
: ヴァーリア科 Vahliaceae

ヴァーリア属 Vahlia

ヴァーリア科(ヴァーリアか、学名:Vahliaceae) は、被子植物のヴァーリア目に属する唯一ので、ヴァーリア属のみを含む。ヴァーリア属は5種からなり、草本・木本両方を含む。アフリカの北西部を除く地域に分布し、3種がイラクからセイロン島にかけての南アジアでも見られ、1種は更にベトナムフーコック島にも隔離分布する。草地や林内では見られず、河原のような開けた地形を好み、海水が流れ込む塩分濃度の高い土壌でも生育する[1]学名デンマークノルウェーの植物学者マルティン・ヴァール (Martin Vahl) に因む[2]

なお、学名Vahliaceae の「Va」の日本語での学術用語の表記法は、ラテン語の学術用語のカナ表記に基づいて「ワ」か「ウァ」としている為、ウィキペディアでは「ウァーリア科」が正しいとされる。

形態[編集]

一年生または多年生の草本、または矮性の低木である[1]

対生単葉全縁、楕円形から線形で、無毛または軟腺毛で覆われている[1]

密な集散花序につき、花弁は萼片より長く、白または黄色。子房は花弁よりも下(子房下位)、子房の上部に花盤があり、そこから5本の雄蕊が出る。雌蕊は2-3心皮が合生する。柱頭は頭状[3]

果実

球形の蒴果で、50-200個の小さな種子をつける[1]

分類[編集]

従来の分類体系では、ヴァーリア科はユキノシタ目に属していたが、分子系統学研究の進展により、キク類に属することが明らかになった[1]2016年に改訂されたAPG IVでは、ヴァーリア科のみで構成されるヴァーリア目が独立したとして新設され、ナス目シソ目とともにシソ類の一員とされる[4][5]

包括されている種[編集]

[6]

系統[編集]

キク類

ミズキ目

ツツジ目

キキョウ類

シソ類

クロタキカズラ目

メッテニウサ目

ガリア目

ムラサキ目

リンドウ目

ヴァーリア目

シソ目

ナス目

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e Heywood V. H., Brummitt R. K., Culham A., Seberg O. (2007), Ontario: Firely Books, pp. 328, ISBN 1-55407-206-9 
  2. ^ Per Magnus Jørgensen (2009年2月13日). “Martin Vahl”. 2018年11月15日閲覧。
  3. ^ Angiosperm Phylogeny Website. 2018年11月15日閲覧。
  4. ^ P.F. Stevens (2001), http://www.mobot.org/MOBOT/research/APweb/+2010年3月22日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ The Angiosperm Phylogeny Group (2016), Botanical Journal of the Linnean Society 181, 1: pp. 1–20, doi:10.1111/boj.12385, http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/boj.12385/abstract 
  6. ^ “Vahlia”, The Plant List. Version 1.1, http://www.theplantlist.org/1.1/browse/A/Vahliaceae/Vahlia/ 2016年11月14日閲覧。