ヴァーリア属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァーリア属
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 Lamiids
: ヴァーリア目 Vahliales
: ヴァーリア科 Vahliaceae
: ヴァーリア属Vahlia
学名
Vahlia Thunb,
シノニム

Bistella Adans.

  • 本文参照

ヴァーリア属(ヴァーリアぞく、学名:Vahlia) は、被子植物真正双子葉類ヴァーリア科に属する唯一の。5〜8があり、アフリカ及びマダガスカルからインド亜大陸にかけて分布する。白または黄色のを咲かせる一年生または多年生草本または低木。学名デンマークノルウェーの植物学者マルティン・ヴァール (Martin Vahl) に因む[1]

概要[編集]

ヴァーリア属は、一年生または二年生の草本植物または低木である。は対生し、単葉で線形、茎に沿って伸びる[2]。托葉は無い。

花序は2花が対になる集散花序で、頂生または腋生する[2]は両性で、比較的小さく、放射相称。萼片・花弁ともに5枚で離生する。花盤の上に雄蕊が5本伸び、合着はしない。子房は下位で、雌蕊は2-3枚の心皮からなる合生心皮、多数の胚珠を含む。

果実蒴果で、2-3室。種子は小さく、50〜200個と大量につく[3]

生息分布[編集]

ヴァーリア属には、少なくとも5種が認められる[4]アフリカが起源で、マダガスカルアジアに生息域を拡大した[要出典]。5種全てがアフリカ、そのうち3種はアジアにも分布する。インドスリランカにはVahlia dichotomaパキスタンとインド北西部にはVahlia digynaイランイラクにはVahlia geminiflora が分布する。マダガスカルにはVahlia digyna 1種のみが分布する。Vahlia capensis は、南アフリカケープ州固有種である[5][6]

分類[編集]

伝統的な分類体系では、ヴァーリア属はユキノシタ科に属し、タハタジャン分類体系でもヴァーリア科はユキノシタ目に含められていた。分子系統学の研究成果を反映したAPG IIIでは、シソ類に含められたが、属する目は不明とされた(incertae sedis)。2016年に発表されたAPG IVにおいては、ヴァーリア属のみを含むヴァーリア科が新設された[7]

ヴァーリア属は、江戸時代長崎出島に滞在した植物学者として知られるカール・ツンベルクによって記載され、命名はデンマーク・ノルウェーの植物学者マルティン・ヴァールに因む。

[編集]

5種[8]から8種[9]があるとされる[10]

  • Vahlia capensis (L. f.) Thunb. - 南アフリカに3亜種4変種が分布する。
    • Vahlia capensis subsp. capensis - 亜種。南アフリカのリンポポ州北ケープ州西ケープ州北西州に分布。
    • Vahlia capensis subsp. ellipticifolia Bridson
    • Vahlia capensis subsp. vulgaris Bridson
      • Vahlia capensis subsp. vulgaris var. latifolia Burtt Davy - ハウテン州にのみ分布。
      • Vahlia capensis subsp. vulgaris var. linearis E.Mey. ex Bridson (Syn.: Vahlia cynodonteti Dinter)
      • Vahlia capensis subsp. vulgaris var. longifolia (Gand.) Bridson (Syn.: Vahlia capensis sensu J.H.Ross, Vahlia longifolia Gand.)
      • Vahlia capensis subsp. vulgaris var. vulgaris
  • Vahlia dichotoma (Murray) Kuntze - マダガスカルスリランカインドベトナムに分布。
  • Vahlia digyna (Retz.) Kuntze - 熱帯アフリカ、ソマリアエチオピアエジプトパキスタン、インドに分布。
  • Vahlia geminiflora (Caill. & Delile) Bridson - マリナイジェリア、アフリカ東北部および中東に分布。チャドでは侵略的外来種となっている。
  • Vahlia somalensis Chiov. - 東アフリカに2亜種が分布。
    • Vahlia somalensis subsp. somalensis
    • Vahlia somalensis subsp. goddingii (Bruce) Bridson

参考文献[編集]

  1. ^ Per Magnus Jørgensen (2009年2月13日). “Martin Vahl”. 2018年11月15日閲覧。
  2. ^ a b Vahlia capensis”. wildflowernursery.co. 2018年11月16日閲覧。
  3. ^ Watson, L.; Dallwitz, M.J., The Families of Flowering Plants:Vahliaceae, http://delta-intkey.com/angio/www/vahliace.htm 
  4. ^ The Plant List, http://www.theplantlist.org/ 
  5. ^ Hassler, M., Catalogue of life. Synonymic Checklists of the Vascular Plants of the World, http://www.catalogueoflife.org/ 2016年閲覧。accessdateの記入に不備があります。 
  6. ^ Stevens, Angiosperm Phylogeny Website, Missouri Botanical Garden, http://www.mobot.org/MOBOT/Research/APweb/welcome.html 
  7. ^ Byng, James W. et al. (2016), An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, 181, Botanical Journal of the Linnean Society, http://w3.ufsm.br/herb/APG%20IV.pdf 
  8. ^ Else Marie Friis, Peter R. Crane, Kaj Raunsgaard Pedersen, Cambridge University Press, ISBN 978-1-13949-638-4 
  9. ^ Die Familie der Vahliaceae bei der APWebsite.
  10. ^ "Vahlia". Germplasm Resources Information Network (GRIN). Agricultural Research Service (ARS), United States Department of Agriculture (USDA).

外部リンク[編集]