ヴァージンVS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Virgin VS(ヴァージン・ヴイズ)は、「A児」ことあがた森魚をヴォーカルとするニュー・ウェイヴ・バンド。1981年結成、1984年解散。 後に新宿LOFTのイベント「DRIVE TO 2000」「DRIVE TO 2010」で再結成を果たしており、あがた森魚のアルバム「日本少年2000系」では参加ミュージシャンとして名を連ねている。

メンバー[編集]

  • A児 (あがた森魚):ヴォーカル
  • ひかる:コーラス
    • 遠藤賢司の妻。「関端ひかる」名で遠藤賢司のサポートをしながら、自らも音楽・映像分野で活動中
  • リッツ:コーラス
    • 代表曲 うる星やつら ED(6代目)「恋のメビウス」(B面は成清加奈子のうる星やつら3代目OP「パジャマ「じゃまだ!」をカバー)
  • 木村しんぺい:ドラムス(~1982)
  • 久保田さちお:ギター
    • 専門学校東京ミュージック&メディアアーツ尚美の、音響・映像学科の学科長
  • ライオン・メリィ:キーボード
  • 土田まこと(ツッチー・マコト):ベース(~1984)
  • 三科まさる:ドラムス(1982~)
  • 光永巌:ベース(1999~)
    • ライオン・メリィとの「メトロファルス」でのつながりで参加 作曲活動:女神転生外伝ラストバイブルなど


ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • ロンリー・ローラー(1981) B面 サブマリン
  • さらば青春のハイウェイ(1981)B面 ヒロシ君のロンリ―・ローラー(ロンリー・ローラーの別テイク)
  • サントワマミイ(1981)(原曲はアダモ)B面 ウインター・バスストップ
    • フジテレビ系アニメ『みゆき』挿入歌として使われる。
  • 夢のラジオシティ(1982)B面 ミッドナイト・テレビジョン
    • フジテレビ系アニメ『みゆき』挿入歌として使われる。
  • コズミック・サイクラー(1982)B面 エッフェル塔の歓び
    • フジテレビ系アニメ『うる星やつら』挿入歌として使われる。その評判が良かったため、エンディング・テーマ用に歌詞を一部変更してリリースしたのが「星空サイクリング」である。
  • 星空サイクリング(1982)B面 ムーンライト・コースター
  • エアプレイン(1984)解散後に発売されたが初期からの曲である(あがた森魚のヴァージンVS結成前のアルバム「乗物図鑑」に収録されていた)

アルバム[編集]

  • 『ヴァージンVSヴァージン』(1981年6月1日)
  • 『STAR☆CRAZY』(1982年7月25日)
  • 『乗物デラックス』(1982年12月25日)タイトルは乗物に関わる曲が集められていたため。(先述の通り、あがた森魚はアルバム「乗物図鑑」も出している)
    • 星空サイクリング』がヒットしていたため、レコードジャケットの帯には「うる星やつら」の登場キャラクター「ラム」が登場している。
  • 『Radio City Fantasy』(1984年7月25日)
  • 『羊ヶ丘デパートメントストア』(1987年2月25日)解散前に録音されていたが、上記の「Radio City Fantasy」発売が決定していたためか、一時お蔵入りしていた。ムーンライダーズの鈴木慶一がプロデューサーとして参加。ゲイリー・ルイス&プレイボーイズの全米NO.1ヒット曲「恋のダイヤモンド・リング」のカバーを収録したのも鈴木のアイディアで、鈴木の色が濃く出たアルバムである。
  • 『ヴァージンVS詩集』 (1989年6月1日)あがた森魚自選のベスト集 ここまでのアルバムは「Radio City Fantasy」を除きあがた森魚35周年で復刻販売されている
  • 『ヴァージンVS ゴールデン☆ベスト』(2006年7月4日)