ワク井ミュージアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ワク井ミュージアム
WAKUI MUSEUM
ワク井ミュージアムの位置(埼玉県内)
ワク井ミュージアム
埼玉県内の位置
施設情報
専門分野 クラシックカー
館長 涌井清春
管理運営 株式会社ワク井商会
開館 2007年(平成19年)[1]
所在地 347-0010
埼玉県加須市大桑2-21-1
位置 北緯36度7分25.54秒 東経139度38分10.75秒 / 北緯36.1237611度 東経139.6363194度 / 36.1237611; 139.6363194座標: 北緯36度7分25.54秒 東経139度38分10.75秒 / 北緯36.1237611度 東経139.6363194度 / 36.1237611; 139.6363194
外部リンク ワク井ミュージアム
プロジェクト:GLAM

ワク井ミュージアム(わくいミュージアム)は、埼玉県加須市にあるロールス・ロイスベントレーを中心に動態保存している産業博物館。現存する世界最古のオリジナルベントレーを収蔵している。現在はCCCグループに入っており[2]、公式ウェブサイトでの日本語表記が「ワクイミュージアム」となっている。

概要[編集]

ロールス・ロイスやベントレーなどのクラシックカーを扱う輸入車販売会社ワク井商会が収集する個人博物館。全国で唯一多数のロールス・ロイスが動態保存され保管されている施設となっている。2007年(平成19年)に開館した。2015年(平成27年)12月からショールームをリニューアルし、「ミュージアム」、「ヘリテージ」、「ファクトリー」の3拠点に拡張、当初は個人博物館の趣旨が強かったが、遺産の保存・継承という観点を強化した[3]。また、展示車以外にも販売用のクラシックカーが駐車しているため観察することができる。

収蔵車両[編集]

吉田茂の愛車であったロールス・ロイス・25/30HP白洲次郎の愛車であったベントレー・3リットルなどをはじめ多数を展示している。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ クルマで遊ぶ!クルマでひらめく! Vol.01”. WEB GOETHE. 2016年10月11日閲覧。
  2. ^ Introduction”. WAKUI MUSEUM. 2019年1月18日閲覧。}
  3. ^ http://www.wakuimuseum.com/home/index2.html

外部リンク[編集]