コンテンツにスキップ

Vポイント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Vポイントのロゴマーク

Vポイント(ブイポイント)は、CCCMKホールディングス株式会社(CCCMKHD)が運営するポイントプログラム共通ポイント)であり[1]、CCCMKHD及び三井住友カード株式会社(SMCC)の商標である。

概要[編集]

CCCMKHDが運営していたTポイントの名称を変更し、2024年4月22日に開始した[1]。これに合わせて、同日にSMCCがVポイントとの連携を開始したが、後述する通り、連携の手続は任意であり、連携しなければ各社のポイントは合算されない。

2024年1月9日にCCCMKHD及びSMCCは、同年4月22日にVポイントを開始する事を発表したが[2]、これに先駆けて、CCCMKHD、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)、ENEOS株式会社が主催するVポイント×ENEOSゴルフトーナメントが同年3月15日から17日まで開催され、SMCCが特別協賛した[3]。また、CCCミュージックラボ株式会社及びライブマスターズ株式会社が主催するVポイント presents ツタロックフェス2024が同年3月23日から24日まで開催され、CCCMKHD及びSMCCが特別協賛した[4][5]

2024年4月22日に予定通り、Vポイントが開始され、同日に記念イベントが開催された。イベントでは小栗旬及び吉高由里子も登壇し[6][7]マスメディア、ウェブメディア、ジャーナリストのみならず、動画配信者(YouTuber)、ブロガーインフルエンサーらも取材に訪れた[8][9][10][11][12][13][14]

2024年5月6日明治安田J1リーグ第12節柏レイソル鹿島アントラーズ戦(三協フロンテア柏スタジアム)に於いてVポイントサンクスマッチが開催された[15]

2024年6月4日に株式会社日本経済新聞社(日経)が発表した日経MJ2024年上期ヒット商品番付では、「新生Vポイント」として東前頭三枚目に番付された[16]

経緯[編集]

2003年にCCCは、CCCが展開するTSUTAYA[注 1]の会員証である「TSUTAYA会員証」(後の「Tカード」)を株式会社ローソン2007年3月31日を以て終了)及び当時の新日本石油株式会社(現在のENEOS[注 2])に於いて提示するとTポイントが貯まるサービスを開始した[21]

2006年に当時の株式会社Tカード&マーケティング(後の株式会社Tポイント(TP)[注 4])は、SMCCと提携し、SMCCのワールドプレゼント(個人用のクレジットカードでは2020年Vポイントに変更)をTポイントへ移行する事が出来るサービスを開始した[24](TポイントからVポイントへの変更に先駆けて2024年にVポイントからTポイントへの移行を終了[注 5])。

2012年にCCCは、株式会社Tポイント・ジャパン(現在のCCCMKHD[注 6])を設立し、同社にTポイントに関する事業を承継した[26]

2022年に株式会社三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)、SMCC、CCC、CCCMKHDは、SMBCグループとCCCグループとの間の資本・業務提携に関する基本合意を締結[27]2023年に最終合意を締結した[28]。これに基づいて、同年にSMFG及びSMCCは、CCCMKHDに出資した[29][30]。また、同年にCCCMKHDは、TPを吸収合併した。

2024年にCCCMKHDは、前述した通り、Tポイントの名称をVポイントに変更した。これに合わせて、SMCCは、後述する通り、Vポイントとの連携を開始した[1]

名称[編集]

Vポイントの名称は、SMCCが運営していた同名のポイントサービスに由来し、SMCCが取り扱うVisaブランドの頭文字である「V」を冠したとSMCCは説明している[31]

TポイントからVポイントに変更される事に伴い、Tポイントの名称は消滅する一方、CCCMKHDの役割は変わらない為、名を捨てて実を取る統合となっている。

ロゴマーク[編集]

2024年4月21日まで使用されていたTポイントのロゴマークは、佐藤可士和がデザインしているが、元々は当時の六本木TSUTAYA(現在の六本木 蔦屋書店)で使用する為にデザインしたものを転用している[32](2012年に変更[33])。

TポイントからVポイントへの変更に伴い、Tポイントのロゴマークの青と黄色を引き継いだ現在のロゴマークに変更した[1]

これに伴い、後述する通り、Vポイントのロゴマークが描かれた「Vポイントカード」の発行を開始した。

ポイントカード[編集]

モバイルVカード[編集]

2016年にモバイルTカード[注 7]として開始し[37]、2024年に現在の名称に変更した。

モバイルVカードは、対応するアプリケーションソフトウェアモバイルアプリケーション)をスマートフォンインストールすると利用する事が出来る。アプリは、Android及びiOSに対応する(対応するアプリは「#スマートフォンアプリ」を参照)。

Vポイントカード[編集]

Vポイントでは、プラスチックのポイントカードを発行していないが、キャラクターVポイントカード等はプラスチックのカードを発行している[38]。但し、キャラクターVポイントカードは、V会員が発行手数料を支払って購入する形式を採っている。

上記の外、次のVポイントカードの発行を予定している。

Tカード[編集]

TポイントからVポイントへの変更に伴い、「T」を冠したサービスの名称が「V」を冠したものに変更されたが[69]、「Tカード」の名称は変更しないとしている[70][71]

なお、「Tカード」(旧TSUTAYA会員証を含む)は、TポイントがVポイントに変更された後も継続して利用する事が出来[1]、提携先(「Tカード」を発行していない提携先を除く)に在庫がある限り、発行が継続される[72]。但し、将来的には、モバイルVカードに移行するとしている[2]

利用方法[編集]

貯める[編集]

ポイントカードで貯める[編集]

ポイントカード加盟店で提示すると、Vポイントを貯める事が出来る[1]

クレジットカードで貯める[編集]

次の各社が発行するクレジットカードの利用(一部の利用を除く)でVポイントを貯める事が出来る(ポイント交換のみによるものは記載していない)。

なお、「Tカード」と称しているクレジットカードは、クレジットカードの利用(一部の利用を除く)でVポイントを貯める事が出来るだけでなく、ポイントカードとしても利用する事が出来る。

ローンカードで貯める[編集]

次の各社からの借入金の返済等でVポイントを貯める事が出来る。

金融機関で貯める[編集]

次の銀行信用金庫信用協同組合での取引でVポイントを貯める事が出来る(ポイント交換のみによるものは記載していない)。

金融商品取引で貯める[編集]

次の各社での金融商品取引でVポイントを貯める事が出来る(ポイント交換のみによるものは記載していない)。

使う[編集]

ID連携すると、SMCCのVポイントを合算して使う事が出来る。但し、ID連携せずに使う事も出来る。

V景品交換で使う[編集]

CCCMKHDが提供するV景品交換で使う事が出来る。2024年にTポイント商品交換から現在の名称に変更した[78]

ポイントカードで使う[編集]

ポイントカード加盟店で提示すると、1ポイントを1円分として使う事が出来る[1]

クレジットカードで使う[編集]

次の各社が発行するクレジットカードの利用代金の支払に1ポイントを1円分として使う事が出来る。

  • 三井住友カード株式会社[79]

ローンカードで使う[編集]

次の各社からの借入金の返済に1ポイントを1円分として使う事が出来る。

  • 三井住友カード株式会社 - SMBCモビット[40]

金融機関で使う[編集]

次の各行での取引に1ポイントを1円分として使う事が出来る。

  • 株式会社三井住友銀行[注 13]
  • 住信SBIネット銀行株式会社Vポイント支店
  • スルガ銀行株式会社[注 14]

金融商品取引で使う[編集]

次の各社での金融商品取引に1ポイントを1円分として使う事が出来る。

  • 株式会社SBI証券

CCCMKホールディングス株式会社のVポイント[編集]

前述した通り、CCCMKHDは、2024年4月22日にCCCMKHDが提供するTポイントの名称をVポイントに変更してサービスを開始した[1]

三井住友カード株式会社のVポイント[編集]

SMCCが発行する個人用のクレジットカードでは、Vポイント又はわくわくポイントのいずれかを貯める事が出来る(一部の提携カードを除く)。

また、SMCCがSMBCと提携し発行する「Oliveフレキシブルペイ」(ポイント払いモードを除く)及び「SMBCデビット」(2023年に新規の申込受付を停止[80])では、Vポイントを貯める事が出来る。但し、「SMBCデビット」では、キャッシュバックに変更する事も出来る[81]

2001年開始のVポイント[編集]

Vポイントは、SMCCのポイントサービスの一つである。2001年に株式会社住友クレジットサービスから現在の商号に変更したのに合わせて、同社が従来から発行していた「住友VISAカード」を「三井住友VISAカード」(現在の「三井住友カードVISA」)に変更し、ICカード(当時はスマートカードと呼称していた)での本格発行を開始した。これに合わせてVポイントを開始した[82]

ワールドプレゼント(個人用のクレジットカードは2020年にVポイントに変更)をVポイントに交換してICダウンロードすると、Vポイント加盟店で支払に利用する事が出来た。このサービスは既に終了している[いつ?]

2020年開始のVポイント[編集]

Vポイントは、SMCCのポイントサービスの一つである。2020年にSMCCが発行する個人用のクレジットカードのポイントサービスをワールドプレゼントからVポイントに変更した(一部の提携カードを除く)。これに合わせて、同年にSMBCは、SMBCのポイントサービスをSMBCポイントからVポイントに変更した(SMBCのSMBCポイントパックは2023年に新規の申込受付を停止[80])。2022年にSMCCがSMBCと提携し発行する「SMBCデビット」(2023年に新規の申込受付を停止[80])の利用特典をキャッシュバックからVポイントの付与に変更した(キャッシュバックを継続する事も出来る)[83]

また、2022年にSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(SMBCCF)[84]、2023年にSMBC日興証券がそれぞれVポイントを採用している[85]

ワールドプレゼントではショッピング利用1000円毎に1ポイント貯まっていたが、Vポイントではショッピング利用200円毎に1ポイント貯まるように変更された[注 15]。これに伴い、変更前に貯まっていたポイントは、ワールドプレゼント1ポイントをVポイント5ポイントとして自動的に移行された。

なお、Vポイントへの変更に伴い、SMCCが全日本空輸株式会社(ANA)と提携し発行する「ANAカード」の利用で貯まるポイントはANAマイレージ移行可能ポイント、「ANAカード」の利用以外で貯まるポイントは通常ポイントとなった。通常ポイントもANAが運営するANAマイレージクラブ(AMC)のマイレージに移行する事は可能である。但し、交換レートはANAマイレージ移行可能ポイントより劣る[88]

2024年改定のVポイント[編集]

Vポイントとの連携を可能とする為、2024年にサービスを改定した。

ポイントの有効期限をプラチナ(プラチナプリファード及び銀聯プラチナカードを含む)4年、ゴールド(プライムゴールド及びヤングゴールドを除く)3年、その他のカード2年からVポイントの有効期限と同じ仕組みに変更した[69]

なお、ANAマイレージ移行可能ポイントの有効期限に変更はない。但し、ANAマイレージ移行可能ポイントをAMCのマイレージへの移行以外に利用する場合は、Vポイントへの交換手続が新たに必要となった[89]

スマートフォンアプリ[編集]

Vポイントに関連するアプリは、次の通りである[90]

※運営会社提供の基本アプリ

※運営会社による提携、もしくは提携先会社提供のアプリ

なお、これらのアプリでモバイルVカードの表示機能の有効化する場合、双方の会社間でアプリ内登録情報や利用履歴の詳細な相互開示が行われる場合があるため、設定時の約款を確認した上で、モバイルVカードの表示機能の有効化を検討する事が望ましい。加えて、入会処理が発生するアプリ(例:TSUTAYAアプリなど)もある。
更に、VポイントPayアプリ利用時に、三井住友カード Vpassアプリ、三井住友銀行アプリでモバイルVカード表示機能を併用すると、アプリ切替時に毎回SMS認証が発生してしまうため、どれか1つのアプリのみでモバイルVカードを利用する事が推奨されている[91]

CCCMKホールディングス株式会社のアプリ[編集]

Vポイントアプリ[編集]

Vポイントアプリ(旧名称:Tポイントアプリ)
開発元 CCCMKホールディングス株式会社
初版 2011年10月11日 (12年前) (2011-10-11)
最新版
3.5.17 / 2024年7月3日 (11日前) (2024-07-03)
対応OS Android 8.0以上
iOS 14.0以上
プラットフォーム スマートフォン
前身 Tポイントアプリ
対応言語 日本語
サポート状況 開発中
ライセンス Vポイントアプリ サービス利用規約
公式サイト Vポイントアプリ(旧名称:Tポイントアプリ)
Vポイントアプリ(旧名称:Tポイントアプリ)
テンプレートを表示

Vポイントアプリは、CCCMKHDが提供するアプリの一つである。

2011年にTサイトアプリ及びTポイントアプリとしてそれぞれ提供を開始し[92]2014年に両アプリを統合する形でTサイトアプリをTポイントアプリに変更[93]、2024年に現在の名称に変更した。

Vポイント×Shufoo![編集]

Vポイント×Shufoo!
開発元 CCCMKホールディングス株式会社
初版 2013年4月22日 (11年前) (2013-04-22)
最新版
6.0.3 / 2024年6月27日 (17日前) (2024-06-27)
対応OS Android 8.0以上
iOS 14.0以上
プラットフォーム スマートフォン
前身 Tポイント×Shufoo!
対応言語 日本語
サポート状況 開発中
ライセンス Vポイント×Shufoo!アプリ利用規約(Android)
Vポイント×Shufoo!アプリ利用規約(iOS)
公式サイト Vポイント×Shufoo!
Vポイント×Shufoo!
テンプレートを表示

Vポイント×Shufoo!は、CCCMKHDが提供するアプリの一つである。

2013年にTポイント×Shufoo!として提供を開始し[94]、2024年に現在の名称に変更した。

株式会社ONE COMPATHが提供するShufoo!と同様にチラシを閲覧する事が出来る。但し、本アプリではシュフーポイントでなくVポイントを貯める事が出来るほか、動画広告を視聴することでもVポイントを貯めることができる。

三井住友カード株式会社のアプリ[編集]

三井住友カード Vpassアプリ[編集]

VポイントPay[編集]

VポイントPay
開発元 三井住友カード株式会社
初版 2021年2月1日 (3年前) (2021-02-01)
最新版
2.0.0 / 2024年4月22日 (2か月前) (2024-04-22)
対応OS Android 8.0以上(推奨)
iOS 14以上(推奨)
プラットフォーム スマートフォン
前身 Vポイントアプリ
対応言語 日本語
サポート状況 開発中
ライセンス VポイントPayアプリ利用規約 (PDF)
公式サイト VポイントPay
VポイントPay
テンプレートを表示

VポイントPayは、SMCCが提供するアプリの一つである。SMCCが提供する三井住友カード Vpassアプリとは異なるが[95]、Vポイントと連携すれば、同アプリと同様にモバイルVカードを利用する事が出来る。

2021年に「Vポイント」アプリとして提供を開始し[96]、2024年に現在の名称に変更した[1]。「Pay」と称している通り、電子決済モバイル決済)を利用する事が出来るが、QRコード決済には対応していない。また、CCCライフパートナーズ株式会社が運営するVマネーやVisaが展開するV PAY[97][98][99]とは異なる。

アプリでVisaブランドのバーチャルプリペイドカードを発行すると、電子商取引で利用する事が出来る。また、iOSの場合はウォレット、Androidの場合はGoogle ウォレットに追加すると、Visaのタッチ決済及びiDを利用する事が出来る。

VポイントやVポイントPayギフトでチャージする事が出来る。Vポイントをチャージするには、SMCCのVpass ID、SMBCの普通預金口座、ポイントカードのいずれかを使用してVポイントと連携する必要がある(連携するとモバイルVカードを利用する事も出来る)。SMBCCFのVポイントはSMBCCFが提供するアプリ、SMBC日興証券のVポイントはSMBC日興証券の日興イージートレードからポイント交換する事が出来る[100][101]。また、本人確認すると、銀行Pay(SMBCの普通預金口座に限る)やクレジットカードデビットカード・プリペイドカード(Visa又はMastercardに限る)でチャージする事も出来るようになる。但し、SMCCが発行するプリペイドカードや「Oliveフレキシブルペイ」のポイント払いモードでチャージする事は出来ない[102]

VポイントPayギフト[編集]

VポイントPayギフトは、SMCCが発行するギフトである。2021年にVポイントギフトとして開始し、2024年に現在の名称に変更した。

アプリにギフトコードを入力又はアプリでQRコードを読み取ると、チャージする事が出来る[103]

SMCCの定期払いチャンスやすぐチャンを利用している場合は、抽選に当たれば入手する事が出来る[104][105]。また、これら以外にもキャンペーン等で配布される場合がある。

Oliveフレキシブルペイとの関係[編集]

「Oliveフレキシブルペイ」と連携すると、「Oliveフレキシブルペイ」をポイント払いモードで利用する事が出来る[106]。但し、「Oliveフレキシブルペイ」(クレジットモード専用カード番号を除く)をiOSの場合はウォレット、Androidの場合はGoogle ウォレットに追加してiDを利用した場合は、支払いモードに拘わらず、デビットモードでの支払となる[107]

加盟店[編集]

Tポイントを取り扱っていた加盟店(15万店舗[2])は、Vポイントを取り扱う事が出来る。また、新たにVポイントを取り扱う加盟店もある。

2024年4月22日取扱開始[編集]

2024年6月1日取扱開始[編集]

2024年6月3日取扱開始[編集]

2024年7月1日取扱開始[編集]

今後取扱開始予定[編集]

ビバすけ[編集]

ビバすけは、SMCCのキャラクターの一つであり[125]、SMCCの商標である。ビーバーをモチーフとしている。

アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。ビバパパ(パパ)、ビバママ(ママ)、ビバミちゃん()の家族構成である。また、ミドすけと仲良しである[126]

SMCCのVポイントキャラクターとして2021年に誕生したが[127]、TポイントからVポイントへの変更に伴い、SMBCグループのさまざまな紹介をしていく事がSMCCのXアカウントで明らかにされた[128]

トラブル[編集]

2024年[編集]

4月22日 - 23日[編集]

  • SMCCは、4月22日にVポイントとの連携を開始したが、稼働確認の名目で同日に一部の機能を停止し、翌23日に再開した[129][130][131]
  • 4月22日から23日に掛けてVポイントアプリ又は他社が提供するアプリに於いて、モバイルVカードが表示不安定となった。Vポイント公式Xアカウントに拠れば、アクセス集中を理由としている[132]。この為、当該期間に貯める事が出来なかったVポイントについては、所定の問合せフォームに於いてレシートを添付した上で申請すると、後日付与する対応を採った[130][131]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2023年にCCCのフランチャイズ事業を吸収分割し、当時の株式会社MPD(現在のカルチュア・エクスペリエンス株式会社)に承継[17]
  2. ^ 2010年に新日本石油精製株式会社及び株式会社ジャパンエナジーを吸収合併し、商号をJX日鉱日石エネルギー株式会社に変更。2016年に商号をJXエネルギー株式会社に変更[18]2017年に東燃ゼネラル石油株式会社を吸収合併し、商号をJXTGエネルギー株式会社に変更[19]2020年に現在の商号に変更[20]
  3. ^ 2009年に商号を株式会社CCCに変更[22]。同年にCCCに吸収合併し、消滅[23]
  4. ^ 2009年に同社のポイント預り金管理事業を除く事業を吸収分割し、当時の株式会社TSUTAYA(後の株式会社CCC[注 3])に承継させ、商号を株式会社Tポイントに変更[22]。2023年にCCCMKHDに吸収合併し、消滅。
  5. ^ ワールドプレゼントからの移行は継続している。
  6. ^ 2022年にCCCマーケティング株式会社を吸収合併し、現在の商号に変更[25]
  7. ^ モバイルTカードには、おサイフケータイを使用する「モバイルTカード(おサイフケータイ)」とスマートフォンバーコードを表示する「モバイルTカード(バーコード)」があり、ここでいうモバイルTカードは後者を指す。前者は、2012年にTSUTAYA携帯会員証として開始し[34]2014年に名称をモバイルTカードに変更したが[35]、2024年に終了し[36]、モバイルVカードには引き継がれなかった。
  8. ^ ポイントカードとして利用する事は出来ない。
  9. ^ 株式会社ファミマデジタルワンが運営するFamiPayにチャージした場合は、同社のファミマポイントが貯まる(Apple Payでチャージした場合を除く)[73]
  10. ^ 第一生命支店では、Vポイントプログラムを利用する事が出来る[74]
  11. ^ a b c 2024年にVポイント支店への変更を予定している[67]
  12. ^ 「Tポイント付きリザーブドプラン」(2024年に「Vポイント付きカードローン」への変更を予定している[68])は、Tポイント支店[注 11]に口座を開設していなくても申し込む事が出来る。
  13. ^ 振込手数料の割引に使う場合、税抜金額に対して割引する為、1ポイントを実質的に1.1円分相当として使う事が出来る。
  14. ^ Tポイント支店[注 11]では、Vポイントを使う事は出来ない。但し、「Tポイント付きリザーブドプラン」(2024年に「Vポイント付きカードローン」への変更を予定している[68])の返済に100ポイント以上1ポイント単位で使う事が出来る。
  15. ^ SMCCの「三井住友カード デビュープラス」(2022年に新規の申込受付を終了[86][87])は、ワールドプレゼントではショッピング利用1000円毎に2ポイント貯まっていたが、Vポイントではショッピング利用200円毎に2ポイント貯まるように変更された。
  16. ^ ロッテリア店舗では、当時ロッテホールディングスの傘下だった2008年に当時のTポイントを導入していた[110]
  17. ^ ココス店舗は、株式会社ファイブスターが運営するものを除く。
  18. ^ 戸田書店店舗は、株式会社戸田書店が運営するものを除く[112]
  19. ^ TSUTAYA店舗(フランチャイズ)では、当時のTポイントを導入していた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 本日「青と黄色のVポイント」が誕生!』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2024/20240422_000772.html 
  2. ^ a b c 4月22日に「青と黄色の『Vポイント』」が誕生します!』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2024/20240109_000751.html 
  3. ^ JLPGAツアー「Vポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」が3月15日に開幕』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2024/20240111_000747.html 
  4. ^ 『Vポイント presents ツタロックフェス2024』2024年3月23日(土)、24日(日)幕張メッセ国際展示場にて2DAYS開催決定!早期割引チケットの受付も開始。』(プレスリリース)https://ceg.co.jp/news/product_release_20231204/ 
  5. ^ ツタロックフェス2024”. 2024年2月23日閲覧。
  6. ^ smcc_cardのツイート(1785875611061530856)
  7. ^ megum_nakanoのツイート(1782269849160573206)
  8. ^ yuichisat0のツイート(1782233440974483811)
  9. ^ Shinpoi_OTOKUのツイート(1782248167691661563)
  10. ^ yuzuhiko_blogのツイート(1782248862100738227)
  11. ^ paynomiのツイート(1782251491434373583)
  12. ^ nanae_mon_poiのツイート(1782253776734494958)
  13. ^ ourmoneybookのツイート(1782258795919630473)
  14. ^ POIKATSU_OTAKEのツイート(1782265526825402372)
  15. ^ 【5/6鹿島戦】『Vポイント サンクスマッチ』開催のお知らせ”. 2024年5月11日閲覧。
  16. ^ 上期ヒット商品番付 横綱「新NISA」「円バウンド」」『日経MJ』2024年6月4日。
  17. ^ 共同利用に関するお知らせ』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2023/20230919_000731.html 
  18. ^ 当社中核事業子会社の商号変更について』(PDF)(プレスリリース)https://www.hd.eneos.co.jp/newsrelease/jx/pdf/20150511_01_01_1050061.pdf 
  19. ^ JXホールディングス株式会社と東燃ゼネラル石油株式会社との経営統合契約等の締結について』(PDF)(プレスリリース)https://www.hd.eneos.co.jp/newsrelease/jx/pdf/20160831_01_02_1050061.pdf 
  20. ^ JXTGグループの運営体制および商号の変更について』(PDF)(プレスリリース)https://www.hd.eneos.co.jp/newsrelease/20191128_01_01_0951897.pdf 
  21. ^ 全国で1,800万人が利用するTSUTAYA会員証が2段階でバージョンアップ』(PDF)(プレスリリース)https://www.ccc.co.jp/news/pdf/030918_cardkyoutuuka.pdf 
  22. ^ a b 当社のグループ内組織再編(子会社間の吸収合併、会社分割、事業譲渡に伴う子会社の解散及び子会社の商号変更等)のお知らせ』(PDF)(プレスリリース)https://www.ccc.co.jp/news/pdf/20090212soshikisaihensei.pdf 
  23. ^ 連結子会社の吸収合併に関するお知らせ』(PDF)(プレスリリース)https://www.ccc.co.jp/news/pdf/090806gappei1001.pdf 
  24. ^ 三井住友カードとCCCがポイントプログラムで提携 「ワールドプレゼント」ポイントから「ティーポイント」への移行が6月15日よりスタート!』(PDF)(プレスリリース)https://www.ccc.co.jp/news/pdf/20060613_t-card_mitsuisumitomo.pdf 
  25. ^ 規約等の社名変更のお知らせ』(プレスリリース)https://www.ccc.co.jp/news/2022/20221001_002408.html 
  26. ^ Tポイントプログラム運営事業を展開する新会社「株式会社Tポイント・ジャパン」を設立』(プレスリリース)https://www.ccc.co.jp/news/2012/20121001_000430.html 
  27. ^ SMBCグループとCCCグループによる資本・業務提携に関する基本合意のお知らせ』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2022/20221003_000671.html 
  28. ^ SMBCグループとCCCグループによる資本・業務提携に関する最終合意の締結について』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2023/20230127_000701.html 
  29. ^ SMBCグループとCCCグループ 新たなポイントサービス、青と黄色の『Vポイント』を来春より提供開始』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2023/20230613_000717.html 
  30. ^ 事例9 (株)三井住友フィナンシャルグループ及び三井住友カード(株)によるCCCMKホールディングス(株)の株式取得”. 2023年8月23日閲覧。
  31. ^ 「Vポイント」のVと「Tポイント」のTって、いったい何?」『ITmedia NEWS』2022年10月3日。
  32. ^ Tポイント、開始初日の利用者は「たった300人」!?“生みの親”も絶句したスロースタート」『ダイヤモンド・オンライン』2024年1月17日。
  33. ^ Tポイントのロゴ変更について』(プレスリリース)https://www.ccc.co.jp/news/2011/20110319_000347.html 
  34. ^ 「TSUTAYA携帯会員証」サービスを11月1日より開始 まずは、梅田堂山店、福岡天神などセルフレジ導入5店舗より展開』(プレスリリース)https://www.ccc.co.jp/news/2012/20121101_000444.html 
  35. ^ Tカードの機能がスマホ・ケータイに搭載された『モバイルTカード』 11月6日より、「カメラのキタムラ」101店舗でスタート』(プレスリリース)https://www.ccc.co.jp/news/2014/20141105_000857.html 
  36. ^ おサイフケータイ、Google ウォレット 終了のお知らせ”. 2024年5月11日閲覧。
  37. ^ リクエストお取り寄せサービス・TSUTAYAアプリ新機能 スタート』(プレスリリース)https://www.ccc.co.jp/news/2016/20161003_001125.html 
  38. ^ Vポイントカードはどこで新規発行できますか?”. 2024年7月6日閲覧。
  39. ^ モビットカード(Vポイントカード一体型)はどうすれば申込みできますか?”. 2024年5月11日閲覧。
  40. ^ a b c 【SMBCモビット】Vポイントが貯まる、使える”. 2024年6月2日閲覧。
  41. ^ 劇場版『名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)』の公開を記念して、江戸川コナン・服部平次・怪盗キッドの3人がVポイントカードになって登場!4月23日(火)より発行開始!』(プレスリリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000359.000056322.html 
  42. ^ 劇場版『名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)』の公開を記念して、江戸川コナン・服部平次・怪盗キッドの3人がVポイントカードになって登場!”. 2024年4月14日閲覧。
  43. ^ 「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」の20周年記念キービジュアルを使用したVポイントカードとオリジナルグッズ2種が登場!4月23日(火)より発行開始!』(プレスリリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000361.000056322.html 
  44. ^ 「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」の20周年記念キービジュアルを使用したVポイントカードとオリジナルグッズ2種が登場!”. 2024年4月14日閲覧。
  45. ^ 19thアルバム『UNICORN』のリリースを記念して、アーティスト「倖田來未」とコラボしたVポイントカードが登場4月23日(火)より発行開始!』(プレスリリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000365.000056322.html 
  46. ^ 19thアルバム『UNICORN』のリリースを記念して、アーティスト「倖田來未」とコラボしたVポイントカードが登場”. 2024年4月20日閲覧。
  47. ^ 『怪獣8号』のアニメ放送開始を記念し、Vポイントカードとオリジナルグッズ2アイテムが登場!4月24日(水)より発行開始!』(プレスリリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000362.000056322.html 
  48. ^ 『怪獣8号』のアニメ放送開始を記念し、Vポイントカードとオリジナルグッズ2アイテムが登場!”. 2024年4月14日閲覧。
  49. ^ FGO最新デザインのVポイントカードと2017年発行の復刻デザイン券面がVポイントカードになって登場!オリジナルグッズ2アイテム(全12種)も新登場です。4月26日(金)より発行開始!』(プレスリリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000363.000056322.html 
  50. ^ FGO最新デザインのVポイントカードと2017年発行の復刻デザイン券面がVポイントカードになって登場!オリジナルグッズ2アイテム(全12種)も新登場です。”. 2024年4月14日閲覧。
  51. ^ 世界で活躍する13人組グループSEVENTEENのキャラクター「PetiTEEN」のVポイントカードとオリジナルアイテムが登場!5月21日(火)より発行開始!』(プレスリリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000376.000056322.html 
  52. ^ 世界で活躍する13人組グループSEVENTEENのキャラクター「PetiTEEN」のVポイントカードとオリジナルアイテムが登場!”. 2024年5月19日閲覧。
  53. ^ 「夜のクラゲは泳げない」のアニメ放送開始を記念して、Vポイントカードとオリジナルグッズが登場!5月22日(水)より発行開始!』(プレスリリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000373.000056322.html 
  54. ^ 「夜のクラゲは泳げない」のアニメ放送開始を記念して、Vポイントカードとオリジナルグッズが登場!”. 2024年5月11日閲覧。
  55. ^ アニメ『黒執事 -寄宿学校編-』の新規イラストを使用したVポイントカードの発行が決定!オリジナルグッズ2種も登場です!5月22日(水)より発行開始!』(プレスリリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000374.000056322.html 
  56. ^ アニメ『黒執事 -寄宿学校編-』の 新規イラストを使用したVポイントカードの発行が決定! オリジナルグッズ2種も登場!”. 2024年5月11日閲覧。
  57. ^ 『しゅごキャラ!』新シリーズが2024年夏頃に連載開始する事を記念し日奈森あむのイラストを使用したVポイントカードが登場!オリジナルグッズ2アイテム(4種)も登場です。5月24日(金)より発行開始!』(プレスリリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000375.000056322.html 
  58. ^ 『しゅごキャラ!』の新シリーズが2024年夏頃より連載開始する事を記念し、日奈森あむのイラストを使用したVポイントカードが登場!オリジナルグッズ2アイテム(4種)も登場です。”. 2024年5月19日閲覧。
  59. ^ 劇場版『ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉』の公開を記念し、ジャングルポケット、アグネスタキオン、マンハッタンカフェ、ダンツフレームのVポイントカードが登場!!6月11日(火)より発行開始!』(プレスリリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000382.000056322.html 
  60. ^ 劇場版『ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉』の公開を記念し、ジャングルポケット、アグネスタキオン、マンハッタンカフェ、ダンツフレームデザインのVポイントカードが登場!”. 2024年5月25日閲覧。
  61. ^ 「DOBERMAN INFINITY」結成10周年を記念して、Vポイントカードの発行決定!オリジナルグッズも登場!7月16日(月)より発行開始!』(プレスリリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000393.000056322.html 
  62. ^ 「DOBERMAN INFINITY」結成10周年を記念して、Vポイントカードの発行決定!オリジナルグッズも登場!”. 2024年6月29日閲覧。
  63. ^ TVアニメ「時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん」のアニメ放送開始記念!Vポイントカードとオリジナルグッズが登場!7月16日(火)より発行開始!』(プレスリリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000400.000056322.html 
  64. ^ TVアニメ「時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん」のアニメ放送開始記念!Vポイントカードとオリジナルグッズが登場!”. 2024年7月6日閲覧。
  65. ^ ソロデビュー5周年記念ミニアルバム「555」の発売を記念して、アーティスト「斉藤朱夏」とコラボしたVポイントカードが登場!8月13日(火)より発行開始!』(プレスリリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000397.000056322.html 
  66. ^ ソロデビュー5周年記念ミニアルバム「555」の発売を記念して、アーティスト「斉藤朱夏」とコラボしたVポイントカードが登場!”. 2024年6月29日閲覧。
  67. ^ a b Tポイント支店 名称変更のお知らせ”. 2024年5月11日閲覧。
  68. ^ a b c Tポイント付きリザーブドプラン 名称変更のお知らせ”. 2024年5月11日閲覧。
  69. ^ a b 「Vポイント」リニューアルおよびサービス改定のお知らせ”. 2024年7月6日閲覧。
  70. ^ 新生「Vポイント」で何が変わる? 携帯キャリアとの“ポイント経済圏争い”にも注目」『ITmedia Mobile』2024年4月22日。
  71. ^ 波乱の幕開けとなった「Vポイント」。楽天やドコモ、PayPayに迫れるか」『TECH INSIDER』2024年4月22日。
  72. ^ Vポイントが貯まるカード”. 2024年7月6日閲覧。
  73. ^ FamiPayボーナス チャージ金額に対して最大15%還元 | ポケットカード株式会社”. 2024年7月6日閲覧。
  74. ^ 第一生命NEOBANK Vポイントプログラム”. 2024年5月19日閲覧。
  75. ^ <あおぎん>Tポイントサービスの新規申込受付終了について』(プレスリリース)https://www.a-bank.jp/contents/acms/information/001913.html 
  76. ^ Tポイントサービスの取り扱い終了について』(PDF)(プレスリリース)https://www.tajimabank.co.jp/news/release/news_release_20240304.pdf 
  77. ^ 福邦銀行でTポイントが貯まる!”. 2024年5月3日閲覧。
  78. ^ 貯まったVポイントを商品と交換しよう|V景品交換|Vポイントサイト”. 2024年5月19日閲覧。
  79. ^ お支払い金額に「キャッシュバック」”. 2024年5月19日閲覧。
  80. ^ a b c SMBCポイントパック、SMBCデビット、三井住友カードの新規受付停止について”. 2024年5月3日閲覧。
  81. ^ 利用特典をVポイント付与からキャッシュバックに変更したい。”. 2024年4月14日閲覧。
  82. ^ 「iDTM」がクレジット一体型カードに対応』(プレスリリース)https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/page/20060907a.html 
  83. ^ SMBCデビットの利用特典に関する重要なお知らせ”. 2024年4月14日閲覧。
  84. ^ SMBCコンシューマーファイナンスがSMBCグループ共通ポイントサービスVポイントを導入します!』(プレスリリース)https://www.smbc-cf.com/news/230.html 
  85. ^ SMBC日興証券がSMBCグループ共通ポイント Vポイントを導入』(PDF)(プレスリリース)https://www.smbcnikko.co.jp/news/release/2023/pdf/230417_01.pdf 
  86. ^ 三井住友カード デビュープラス”. 2024年3月30日閲覧。
  87. ^ 三井住友カード デビュープラス(学生)”. 2024年3月30日閲覧。
  88. ^ ANAカード マイレージ移行について”. 2024年3月30日閲覧。
  89. ^ ANAカードに関するポイントサービス改定のお知らせ”. 2024年3月2日閲覧。
  90. ^ アプリ一覧”. 2024年4月25日閲覧。
  91. ^ Vpass、VポイントPay、SMBCダイレクトアプリ等とのID連携でよくあるご質問”. Vポイントサイト (2024年4月25日). 2024年4月26日閲覧。
  92. ^ iPhone×Tポイント×Android「Tサイトアプリ」「Tポイントアプリ」 サービス提供開始』(プレスリリース)https://www.ccc.co.jp/news/2011/20111011_000270.html 
  93. ^ Tポイントファンにオススメ!毎日Tポイントがお得に貯まる新アプリが誕生!「Tポイントアプリ」をリニューアル』(プレスリリース)https://www.ccc.co.jp/news/2014/20141016_000846.html 
  94. ^ CCCと凸版印刷、チラシを見るとTポイントが貯まるスマートフォン向けアプリ「Tポイント×Shufoo!」を提供開始』(プレスリリース)https://www.ccc.co.jp/news/2013/20130422_000532.html 
  95. ^ VpassアプリとVポイントPayアプリの違いとは?”. 2024年4月25日閲覧。
  96. ^ 三井住友カード、「Vポイント」アプリをリリース』(プレスリリース)https://www.smbc-card.com/company/news/news0001572.jsp 
  97. ^ V PAY”. 2024年4月25日閲覧。
  98. ^ VPAY”. 2024年4月25日閲覧。
  99. ^ VPAY”. 2024年4月25日閲覧。
  100. ^ プロミス・SMBC日興証券で貯めたVポイントをチャージする”. 2024年6月29日閲覧。
  101. ^ VPOINTの使い方” (PDF). 2024年6月29日閲覧。
  102. ^ クレジットカード・銀行口座からチャージする”. 2024年7月6日閲覧。
  103. ^ VポイントPayギフトをチャージする”. 2024年4月25日閲覧。
  104. ^ 三井住友カード、新サービス「定期払いチャンス」開始』(プレスリリース)https://www.smbc-card.com/company/news/news0001664.jsp 
  105. ^ 三井住友カード、新サービス「すぐチャン」スタート!』(PDF)(プレスリリース)https://www.smbc-card.com/company/news/news0001873.pdf 
  106. ^ Oliveフレキシブルペイのポイント払いモードの設定方法を教えてください。”. 2023年11月18日閲覧。
  107. ^ ご利用上の注意”. 2023年3月26日閲覧。
  108. ^ a b c d e f g h i j k l ゼンショーグループの4,177店舗にて、4月22日から「青と黄色のVポイント」を導入!』(PDF)(プレスリリース)https://www.zensho.co.jp/jp/company/news/resource/pdf/20240123.pdf 
  109. ^ a b c d e f g h i j k l 2024年4月22日より「青と黄色のVポイント」導入のお知らせ”. 2024年3月2日閲覧。
  110. ^ ファストフード初!ロッテリアでTポイントサービススタート!』(PDF)(プレスリリース)https://www.ccc.co.jp/news/pdf/080924_TC_Mlotteria.pdf 
  111. ^ 4月22日から丸善ジュンク堂書店で「青と黄色のVポイント」を開始』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2024/20240221_000756.html 
  112. ^ Vポイントには対応しておりません”. 2024年6月15日閲覧。
  113. ^ 4月22日からグルメ杵屋で「青と黄色のVポイント」を開始』(PDF)(プレスリリース)https://www.gourmet-kineya-hd.co.jp/contents/pdf/20240227vpoint.pdf 
  114. ^ 4月22日から衣料スーパー「タカハシ」で「青と黄色のVポイント」を開始』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2024/20240229_000760.html 
  115. ^ 4月22日からがんこフードサービスで「青と黄色のVポイント」を開始』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2024/20240301_000762.html 
  116. ^ 4月22日から精文館書店で「青と黄色のVポイント」を開始』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2024/20240305_000763.html 
  117. ^ 4月22日から「トーシン補聴器センター」で「青と黄色のVポイント」を開始』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2024/20240321_000764.html 
  118. ^ 4月22日から「ラ チッタデッラ」で「青と黄色のVポイント」を開始』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2024/20240326_000765.html 
  119. ^ 4月22日から沖縄のレストランチェーン「ステーキハウス88」全店で「青と黄色のVポイント」を開始』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2024/20240415_000768.html 
  120. ^ 6月1日から長野県の「とをしや薬局」でVポイントを開始』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2024/20240531_000775.html 
  121. ^ 6月3日から紀伊國屋書店で「青と黄色のVポイント」を開始』(プレスリリース)http://corp.kinokuniya.co.jp/press-20240417/ 
  122. ^ 紀伊國屋書店でVポイントサービス開始”. 2024年6月15日閲覧。
  123. ^ 7月1日から「好日山荘」で「青と黄色のVポイント」を開始』(プレスリリース)https://www.cccmkhd.co.jp/news/2024/20240416_000769.html 
  124. ^ 登山・クライミング・アウトドア用品専門店の「好日山荘」 でVポイントが貯まる!使える!”. 2024年7月6日閲覧。
  125. ^ 三井住友カード Vポイントキャラクター「ビバすけ」”. 2023年3月26日閲覧。
  126. ^ ビバすけのおうち”. 2023年3月26日閲覧。
  127. ^ dwarf.officalの投稿(3689547651135256) - Facebook
  128. ^ @smcc_card (2024年5月14日). "<お知らせ>". X(旧Twitter)より2024年5月19日閲覧
  129. ^ Vポイント関連サービス再開のお知らせ”. 2024年4月29日閲覧。
  130. ^ a b Vポイント関連サービス再開およびモバイルVカード表示不安定 解消のお知らせ”. 2024年4月29日閲覧。
  131. ^ a b 「Vポイント」の不具合、2日目も解消せず TポイントとのID連携復旧も、アプリが利用しづらい状態に」『ITmedia NEWS』2024年4月23日。
  132. ^ @vpoint_official (2024年4月24日). "【モバイルVカード表示不安定 解消について】". X(旧Twitter)より2024年4月25日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ モバイルVカードの表示について”. 2024年4月29日閲覧。
  2. ^ 「Tポイント」から「PayPayポイント」へのポイント交換終了について”. 2024年5月11日閲覧。