ロイコクロリディウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Leucochloridium
Leucochloridium paradoxum1.jpg
オカモノアラガイの一種Succinea putrisに寄生するロイコクロリディウム
分類
: 動物界 Animalia
: 扁形動物門 Platyhelminthes
: 吸虫綱 Trematoda
: 有壁吸虫目Strigeidida
: Leucochloridiidae
: Leucochloridium
学名
Leucochloridium
Carus1835

本文参照

図版(左が単独のもの、右上がカタツムリの触角の内部、右中が触角の外観、右下が正面から見た図)

ロイコクロリディウム学名:Leucochloridium)は吸虫の一つで寄生虫。レウコクロリディウムとも。カタツムリ触角に寄生してイモムシのように擬態し、だまされた鳥がこれを捕食し、鳥の体内で卵を産み、鳥の糞と共に卵が排出され、その糞をカタツムリが食べて再びカタツムリに侵入する。

生態[編集]

一般に寄生虫というのは、中間宿主にこっそり隠れており、最終宿主がこれを気付かず食べることが多い。しかしロイコクロリディウムは最終宿主に食べられるよう、積極的に中間宿主を餌に似せるところに特徴がある。

この吸虫の卵は鳥の糞の中にあり、カタツムリが鳥の糞を食べることでカタツムリの消化器内に入り込む。カタツムリの消化器内で孵化して、ミラシジウムとなる。さらにスポロシスト、中に10から100ほどのセルカリアを含んだ色鮮やかな細長いチューブ形状へと成長し、カタツムリの触角に移動する。その状態で膨れたり脈動したりする事で、触角に異物を感じたカタツムリは触角を回転させてあたかもイモムシのように振舞う。このような動きを見せるのは主として明るい時であり、暗いときの動きは少ない[1]。また、一般のカタツムリは鳥に食べられるのを防ぐために暗い場所を好むが、この寄生虫に感染したカタツムリは、おそらく視界が遮られることが影響して[2]、明るいところを好むようになる。これをイモムシと間違えて鳥が捕食し、鳥の消化器内で成虫であるジストマへと成長する。つまり、カタツムリは中間宿主であり、鳥が最終宿主である。

ジストマは扁形動物らしく長く扁平な体をしており、腹に吸盤がある。鳥の直腸に吸着して暮らし、体表から鳥の消化物を吸収して栄養としている。無性生殖が可能だが、雌雄同体で交尾もできる。鳥の直腸で卵を産み、その卵は糞と共に排出され、またカタツムリに食べられる[3]

[編集]

ロイコクロリディウムに属する種は次の通り:

Urogonimus macrostomus Rudolphi1802L. macrostomumとされることがある。

Leucochloridium paradoxum[編集]

ロイコクロリディウム・パラドクサムは19世紀初めにドイツで見つかった[4]。その後、ノルウェー[5]など各地で見つかっている。中間宿主はオカモノアラガイの近縁種Succinea putris。最終宿主は鳥一般であり、キンカチョウ (Taeniopygia guttata) から見つかった例がある[5]

Leucochloridium variae[編集]

ロイコクロリディウム・ヴァリアエは北アメリカに住む。アイオワ州[6]ネブラスカ州[7][8]オハイオ州[9]などで見つかっている。中間宿主はNovisuccinea ovalis[10][6]である。最終宿主はコマツグミ[11]カモメ[5]キンカチョウ[5]など。

画像[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Edwin J. Robinson, Jr. (December 1947). “Notes on the Life History of Leucochloridium fuscostriatum n. sp. provis. (Trematoda: Brachylaemidae)”. The Journal of Parasitology 33 (6): 467–475. doi:10.2307/3273326. 
  2. ^ W. Wesoowska, T. Wesoowiski,Journal of Zoology (October) 2013. Do Leucochloridum sporocysts manipulate the behaviour of their snail hosts? August 2013. Journal of Zoology. Issue 292, 2014: 151-5.
  3. ^ Animal Diversity Web[1]
  4. ^ S.P. Casey, T.A. Bakke, P.D. Harris & J. Cable (November) 2004. Use of ITS rDNA for discrimination of European green- and brown-banded sporocysts within the genus Leucochloridium Carus, 1835 (Digenea: Leucochloriidae). Systematic Parasitology. Volume 56, Number 3: 163-168.
  5. ^ a b c d T. A. Bakke (April) 1980. A revision of the family Leucochloridiidae Poche (Digenea) and studies on the morphology of Leucochloridium paradoxum Carus, 1835. Systematic Parasitology, Volume 1, Numbers 3-4. 189-202.
  6. ^ a b Bernard Fried, Paul D. Lewis, Jr. and Kelly Beers 1995. [http://www.jstor.org/pss/3284019 Thin-Layer Chromatographic and Histochemical Analyses of Neutral Lipids in the Intramolluscan Stages of Leucochloridium variae (Digenea, Leucochloridiidae) and the Snail Host, Succinea ovalis. Journal of Parasitology, volume 81(1): 112-114.
  7. ^ Michael A. Barger & John A. Hnida. 2008. Survey of Trematodes from Terrestrial Gastropods and Small Mammals in Southeastern Nebraska, U.S.A. Comparative Parasitology 75(2):308-314. doi: 10.1654/4357.1
  8. ^ Bakke, Tor A. 1982. The Morphology and Taxonomy of Leucochloridium (L.) variae Mclntosh (Digenea, Leucochloridiidae) from the Nearctic as Revealed by Light and Scanning Electron Microscopy. Zoologica Scripta 11(2):87–100 doi:10.1111/j.1463-6409.1982.tb00521.x
  9. ^ A Burky & Daniel J. Hornbach. 1979 Comparison of carbon and nitrogen content of infected and uninfected snails, Succinea ovalis, and the trematode Leucochloridium variae. Journal of Parasitology 65(3): 371-374
  10. ^ Fried B., Beers K., Lewis PD Jr. 1993 (February). Lipids in the broodsac of Leucochloridium variae (Digenea, Leucochloridiidae) and its snail host Succinea ovalis. Int. J. Parasitol. 23(1):129-131.
  11. ^ Parasites of the Robin. accessed 12 February 2009.

外部リンク[編集]