セルカリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

セルカリア (cercaria) とは、二生亜綱 Digenea に属する吸虫生活環における1ステージ。中間宿主内におけるスポロシストあるいはレジア胚細胞が成熟したもの。多くのセルカリアは第2中間宿主に侵入後、メタセルカリアへと発育するが、日本住血吸虫のように直接経皮的に終宿主に侵入するものや肝蛭のように外界でメタセルカリアを形成し終宿主による接種を待つものも存在する。口吸盤、腹吸盤、消化器、排泄系、生殖原基を持つ。炎細胞の観察はセルカリアにおいて最も研究されており、セルカリアの分類に用いられている。

参考文献[ソースを編集]

  • 石井敏雄 『獣医寄生虫学・寄生虫病学 (2) 蠕虫 他』 講談社サイエンティフィク 1998年 ISBN 4061537172
  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104

関連項目[ソースを編集]