肝蛭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
肝蛭(カンテツ)
Fasciola spp.
Fasciola hepatica.JPG
Fasciola hepatica の成虫
分類
: 動物界 Animalia
: 扁形動物門 Platyhelminthes
: 吸虫綱 Trematoda
亜綱 : 二生亜綱 Digenea
: 棘口吸虫目 Echinostomida
亜目 : 棘口吸虫亜目 Echinostomata
上科 : 棘口吸虫上科 Echinostomatoidea
: 蛭状吸虫科(カンテツ科) Fasciolidae
亜科 : 蛭状吸虫亜科 Fasciolinae
: カンテツ属 Fasciola
: 肝蛭 F. hepatica
巨大肝蛭 F. gigantica
日本産肝蛭 F. sp
学名
Fasciola hepatica Linnaeus, 1758[1]
F. gigantica Cobbold, 1856[1]
F. sp
和名
肝蛭(カンテツ)、巨大肝蛭、日本産肝蛭
英名
common liver fluke, sheep liver fluke
Fasciola hepatica虫卵
Fasciola hepaticaスライド

肝蛭(かんてつ、カンテツ、学名:Fasciola spp.)とは、蛭状吸虫科(カンテツ科)に属する吸虫。肝蛭とは厳密には Fasciola hepatica のことを指すが、巨大肝蛭 Fasciola gigantica日本産肝蛭 Fasciola sp. を含めて肝蛭と総称されることが多い。本稿では特に限定しない場合は後者を採用する。

成虫の体長は 2〜3 cm 、幅 1 cm 。ヨーロッパおよびオーストラリアに分布。日本においては中間宿主ヒメモノアラガイ(北海道ではコシダカモノアラガイ)、終宿主ヒツジヤギウシウマブタヒトなどの哺乳類。ヒトへの感染は クレソンまたはレバーの生食による。

終宿主より排出された虫卵は水中でミラシジウムに発育し、中間宿主の頭部、足部、外套膜などから侵入し、スポロシストとなる。スポロシストは中腸腺においてレジアセルカリアへと発育する。セルカリアは中間宿主の呼吸孔から遊出し、水草などに付着して被嚢する。これをメタセルカリアと呼ぶ。メタセルカリアは終宿主に経口的に摂取され、空腸において脱嚢して腸粘膜に侵入して腹腔に至る。腹腔に出た幼若虫は肝臓実質内を迷走しながら発育し、総胆管に移行する。感染後70日前後で総胆管において産卵を行う。肝蛭の幼若虫は移行迷入性が強く、子宮気管支などに移行する場合がある。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石井敏雄 『獣医寄生虫学・寄生虫病学 (2) 蠕虫 他』 講談社サイエンティフィク 1998年 ISBN 4061537172

関連項目[編集]