レオ・アフリカヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セバスティアーノ・デル・ピオンボ画「ある人文主義者の肖像」。一説によると、レオ・アフリカヌスを描いたものであるという。

レオ・アフリカヌス(Leo Africanus,1483年? - 1555年?)の名前で知られるハッサン・アル=ワッザーンは、全名をアル=ハッサン・ブン・ムハンマド・ル=ザイヤーティー・アル=ファースィー・アル=ワッザーンal-Hasan ibn Muhammad al-Zayyātī al-Fāsī al-Wazzān, حسن ابن محمد الوزان الفاسي‎)といい、アラブの旅行家、地理学者である。“レオ”はローマ教皇レオ10世から与えられた名で、“アフリカヌス”はニックネーム。

スペイングラナダで生まれ、1492年のレコンキスタによるグラナダ陥落後、モロッコフェズに移り叔父から教育を受け17歳で伴われてソンガイ帝国を訪れた。数年後、再びこの地を訪れエジプトまで旅をした。1518年ごろトルコ旅行の帰途,シチリア海賊に捕えられ,ローマに送られ教皇レオ10世に仕えるようになり、キリスト教に改宗した。しかし教皇の死後はチュニジアに行き、再びイスラム教徒に戻ったといわれるが,晩年は謎が多い。

16世紀初めサハラの南を含む北アフリカ全域を旅し、その見聞を 口述筆記による見聞録『海と陸の旅(航海と旅について)』が1550年にヴェネツィアで(イタリア語)出版されて反響を呼び、後に『アフリカ誌』と改題されて1556年フランス語とラテン語に、1600年に英語に翻訳され出版されている。16世紀末までにほぼヨーロッパ全域で読まれるようになり、ヨーロッパにおいて黄金の国マリの風評が再生産されていき、トンブクトゥを黄金郷とする伝説がつくり出され、その伝説は19世紀まで存続するほどであった。この全9巻よりなる大著『アフリカ誌』は長いあいだ,当時ヨーロッパ人がイスラム世界アフリカを知るための最も貴重な手掛りであった。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • アミン・マアルーフ『レオ・アフリカヌスの生涯―地中海世界の偉大な旅人』服部伸六訳、リブロポート〈冒険の世界史〉、1989年。

外部リンク[編集]