レイ・ターナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レイ・ターナー
Ray Turner
Ray Turner 1.jpg
Bendigo Braves  No.35
ポジション パワーフォワード
背番号 35
身長 206cm (6 ft 9 in)
体重 104kg (229 lb)
基本情報
本名 Ray Lee Turner
ラテン文字 Ray Turner
誕生日 (1990-01-24) 1990年1月24日(28歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州 ヒューストン
出身 テキサスA&M大学(2009-13)
ドラフト  
選手経歴
2013
2014
2015
2015
2015-2016
2016
2016
キプロスの旗Apollon Limassol BC
オーストラリアの旗Rockhampton Rockets
オーストラリアの旗Perth Redbacks
ニュージーランドの旗Wellington_Saints
日本の旗秋田ノーザンハピネッツ
オーストラリアの旗Rockhampton Rockets
ハンガリーの旗Falco KC Szombathely
受賞歴

レイ・リー・ターナー(Ray Lee Turner、1990年1月25日 - )は、アメリカ合衆国バスケットボール選手である。身長206cm、ポジションはパワーフォワードテキサス州ヒューストン出身。テキサスA&M大学卒業後プロ選手となり、キプロス、オーストラリア、日本、ハンガリーでプレイした。

来歴[編集]

少年期[編集]

ヒューストンのサウスパークに生まれたターナーには父親がおらず、病気を抱えた母の元で育ったが、幼少期は喧嘩や暴力、不登校など様々な問題を抱えていた。そんな彼の父親代わりとなったのが、サウスパークでバスケットボールスクールを開いていたキース・ペリーであった。ターナーはバスケットボールと出会うことで立ち直り、大学バスケットボール界を目指すようになった[1]

高校[編集]

ターナーはサウスパークのジェシー・H・ジョーンズ高校に入学し、1年目の2007-08シーズンに1試合平均平均16.0得点、9.5リバウンド、4.5ブロックショットを記録した。翌2008-09シーズンには同16.5得点を記録して地区のMVPを獲得。地区代表、州代表にも選ばれた。また、テキサス州高校コーチ連盟のオールスターゲームにも参加し、ターナーのチームは29勝7敗でタイトルを獲得した[2]

大学[編集]

テキサスA&M大学に入学したターナーは2009-10シーズン途中からベンチ入りし20試合に出場する。出場時間が1試合平均10分に達しない中で2.9得点、2.6リバウンドをあげた。2010年2月3日のミズーリ大学戦で見せたスラムダンクは、ESPNが選ぶトップ10プレイと、ビッグ12カンファレンス週間最優秀プレイに選ばれた[2][3]

2010-11シーズンは、1試合の先発出場を含む32試合に出場し、1試合平均13.4分出場、4.0得点、3.2リバウンドを記録した。また、チーム最高のブロックショット数と、5番目のリバウンドを挙げた[2]

2011-12シーズンは16試合の先発出場を含む32試合に出場、1試合平均21.6分出場、9.1得点、そしてチーム最高の5.5リバウンドを記録した。また彼はチーム最高のフィールドゴール成功率(57.3パーセント)と、チーム2番目の14ブロックショットを残した。シーズン最初の2試合ではキャリア初の20得点を挙げ、12月7日のサム・ヒューストン州立大学戦では15得点、10リバウンドでキャリア初のダブル・ダブルを記録した[2][4]

2012-13シーズンは33試合に出場し、うち1試合を除いて先発出場した。23.4分の出場時間で3度のダブルダブルを記録、チーム3番目の303得点(1試合平均9.2得点)と、206リバウンド(同6.2)を挙げた[2][5]

大学での個人成績[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2009–10 テキサスA&M 20 0 9.8 .590 .000 .500 2.6 .0 .3 .6 2.9
2010-11 テキサスA&M 32 1 13.4 .462 .000 .603 3.2 .2 .2 .5 4.0
2011–12 テキサスA&M 32 16 21.6 .573 .000 .607 5.5 .3 .4 .4 9.1
2012–13 テキサスA&M 33 32 23.4 .515 .000 .627 6.2 .2 .4 .7 9.2
合計 117 49 17.9 .533 .000 .605 4.6 .2 .3 .6 6.6

プロ選手として[編集]

2013-14シーズン[編集]

2013年のNBAドラフトにて指名を受けなかったターナーは、8月から9月にかけてウルグアイリーグのプレシーズンゲームに参加し、クラブ・ビグア英語版[6]クラブ・アトレチコ・オリンピア英語版[7]の一員として出場していた[8]。シーズンが始まるとターナーはキプロスに移り、アポロン・リマソールBC英語版に加わり、7試合に出場して1試合平均7.3得点、7.0リバウンドを記録したが、給料の未払いが発生したため2013年12月にキプロスを去った[9]

2014年2月20日、ターナーはオーストラリアの地区リーグクイーンズランド・バスケットボールリーグ英語版(QBL)のロックハンプトン・ロケッツと契約した[10]。ターナーは同僚のアメリカ人選手チェハーレス・タプスコットと共に活躍し、ロケッツはレギュラーシーズンを14勝2敗で終え、プレイオフ準決勝に進出した。準決勝ではイプスウィッチ・フォースを破り、決勝ではトッド・ブランチフィールド英語版擁するマッカイ・メテオスと対戦し、2勝0敗でチーム初となるリーグ2連覇を果たした。ターナーは2戦目で31得点15リバウンドを挙げ、この試合のMVPに選出された[11][12]。ターナーはロケッツで1試合平均20.5得点、12.8リバウンドを記録し、QBLオールリーグチームに選出された[13][14]

2014-15シーズン[編集]

2014年11月1日、ターナーはNBAデベロップメント・リーグドラフト会議においてロサンゼルス・ディーフェンダーズから3巡目指名を受けたが[15]、シーズン開幕前の11月12日に解雇された[16]。11月29日にはバスケットボール・ブンデスリーガフェニックス・ハーゲン英語版とトライアウト契約を結んだが[17][18]、試合には出場できずチームを離れた。

2015年2月、ターナーはオーストラリアに戻り、ステート・バスケットボールリーグ英語版パース・レッドバックス英語版と契約した[19][20]。4月27日、ターナーはウィレットン・タイガースとの試合でオーバータイムの末58得点26リバウンドを記録した[21]。5月15日にはコックバーン・クーガースとの試合で50得点をあげた[22]。レッドバックスの最終戦となった7月25日のサウスウエスト・スラマーズ戦では38得点20リバウンドで[23]、3度目となる週間最優秀選手賞を獲得した[24]。ターナーはこのシーズン、1試合平均でリーグ最高の31.2得点、同4位の16.1リバウンド、アシスト1.3とブロックショット1.8を記録した[25]。ターナーはリーグMVPを獲得した[26]が、チームは10勝16敗の11位でプレイオフ進出を逃した。

2015-16シーズン[編集]

2015年8月24日、ターナーはニュージーランドウェリントン・セインツ英語版の一員として、台湾で行われるウィリアム・ジョーンズカップと、その直前の3日間のミニキャンプに参加した[27]。8月29日のチャイニーズ・タイペイBチーム戦では25得点、両チーム最多の16リバウンドを記録し102-85で勝利した[28]。セインツは8戦し3勝5敗の成績を残し、ターナーは1試合平均15.6得点、9.9リバウンドであった。ターナーとセインツはその後フィリピンにてMVPカップ英語版に参加し、フィリピン代表、チャイニーズ・タイペイ代表、フィリピンのプロチームと対戦した[29]。9月16日、秋田ノーザンハピネッツとの契約合意が発表された[30]。秋田では12月12日の高松ファイブアローズ戦で27得点、12リバウンドを挙げこの試合の優秀選手賞を獲得[31]、12月19日の京都ハンナリーズ戦では19得点を決め、当時西地区首位の京都を下した[32]。2016年2月13日の群馬クレインサンダーズ戦ではシーズン最多となる31得点18リバウンドを記録し[33]、4月23日の仙台89ERS戦でも最多タイの31得点を挙げた[34]。レギュラーシーズン52試合中50試合に出場したターナーは1試合平均16.0得点、10.1リバウンドの記録を残したほか、2016年1月24日に行われたbjリーグオールスターゲームのダンクコンテストにも選出された。プレイオフではファーストラウンド2戦目の福島ファイヤーボンズ戦で16得点[35]、地区準決勝の仙台戦でも2戦目で24得点を挙げ、チームのファイナルズ進出、3位入賞に貢献した[36]

2016-17シーズン[編集]

2016年8月、ターナーはハンガリーのトップリーグに所属するファルコKCソンバトヘイ英語版と契約した[37] 。ターナーは11試合に出場、1試合平均18.5分の出場時間で9.4得点、5.2のリバウンドを挙げたが、12月22日、チームはターナーとの契約を解除した[38]

背番号[編集]

背番号35は、大学のチームメイトで、2010年に交通事故によってこの世を去ったトビ・オイデジの背番号に由来している[2]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2015-16 秋田 50 7 22.4 .573 .143 .606 10.1 1.1 1.2 0.9 2.7 16.0

脚注[編集]

  1. ^ Zwerneman, Brent (2010年3月4日). “Aggies Insider: Turner's inspirational play, story light spark at A&M”. MySanAntonio.com. 2015年5月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Ray Turner Biography”. 12thman.com. 2015年4月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月19日閲覧。
  3. ^ Aggie Basketball - Ray Turner Slam vs. Mizzou”. YouTube.com (2010年2月3日). 2015年5月19日閲覧。
  4. ^ Ray Turner Game-by-Game Stats – 2011–12”. ESPN.com. 2015年5月19日閲覧。
  5. ^ Ray Turner Game-by-Game Stats – 2012–13”. ESPN.com. 2015年5月19日閲覧。
  6. ^ Turner inks at Bigua at the beginning of his pro career”. Latinbasket.com (2013年8月23日). 2015年5月19日閲覧。
  7. ^ Olimpia inks Ray Turner”. Latinbasket.com (2013年9月16日). 2015年5月19日閲覧。
  8. ^ William Orozco jugará en Olimpia”. Montevideo.com.uy (2013年9月25日). 2015年5月19日閲覧。
  9. ^ Ray Turner 206cm/104kg 4 Position”. VimeoPro.com. 2015年5月19日閲覧。
  10. ^ Plane, Melanie (2014年2月21日). “Ray the Rocket signs up for big season as power forward”. TheMorningBulletin.com.au. 2015年5月19日閲覧。
  11. ^ Kippin, Lauren (2014年9月5日). “2014 QBL SEASON DRAWS TO A CLOSE”. BasketballQLD.com.au. 2015年12月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月19日閲覧。
  12. ^ Plane, Melanie (2014年9月1日). “VIDEO: Rockets are the toast of QBL again”. TheMorningBulletin.com.au. 2015年8月28日閲覧。
  13. ^ SBL season preview – Perth Redbacks”. FoxSportsPulse.com (2015年3月12日). 2015年5月19日閲覧。
  14. ^ Kippin, Lauren (2014年8月21日). “2014 QBL AWARDS WINNERS”. BasketballQLD.com.au. 2015年5月19日閲覧。
  15. ^ Dumo, Kyle (2014年11月1日). “D-Fenders Select Six in 2014 Draft”. NBA.com. 2015年5月19日閲覧。
  16. ^ Dumo, Kyle (2014年11月12日). “D-Fenders Waive Three Players”. NBA.com. 2015年5月19日閲覧。
  17. ^ Ray Turner vor Unterschrift bei Phoenix Hagen”. Schoenen-Dunk.de (2014年11月29日). 2015年5月19日閲覧。
  18. ^ Ray Turner signs a tryout contract with Phoenix Hagen”. Sportando.com (2014年11月29日). 2015年5月19日閲覧。
  19. ^ Williams, Guy (2015年2月19日). “Star import Tapscott returning to Rockets for another season”. TheMorningBulletin.com.au. 2015年5月19日閲覧。
  20. ^ Redbacks welcome Ray Turner”. FoxSportsPulse.com (2015年2月23日). 2015年5月19日閲覧。
  21. ^ Tigers vs Redbacks”. FIBALiveStats.com (2015年4月27日). 2015年5月19日閲覧。
  22. ^ Cougars vs Redbacks”. FIBALiveStats.com (2015年5月16日). 2015年5月19日閲覧。
  23. ^ Slammers vs Redbacks”. FIBALiveStats.com (2015年7月25日). 2015年7月25日閲覧。
  24. ^ McAuliffe, Hugh (2015年7月31日). “SBL Round 20 Player of the Week”. Australiabasket.com. Sports I.T.. 2015年7月31日閲覧。
  25. ^ Player statistics for Ray Turner”. FoxSportsPulse.com. 2015年7月26日閲覧。
  26. ^ 2015 Award Winners”. FoxSportsPulse.com (2015年9月7日). 2015年9月7日閲覧。
  27. ^ Hyslop, Liam (2015年8月24日). “Wellington Saints bring in the heavy artillery for Asian tour”. Stuff.co.nz. 2015年8月31日閲覧。
  28. ^ 籃球比賽記錄表”. 2015 William Jones Cup (2015年8月29日). 2015年8月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月31日閲覧。
  29. ^ Hyslop, Liam (2015年9月10日). “American basketballers honoured to perform haka on Wellington Saints tour”. Stuff.co.nz. 2015年9月13日閲覧。
  30. ^ “【新入団】レイ・ターナー選手 契約基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2015年9月16日), http://www.happinets.net/news-cate02-entry/2015/09/16/23519/ 2015年9月16日閲覧。 
  31. ^ 大原進太郎 (2015年12月13日). “NH後半攻勢 高松下し2位”. 秋田魁新報 
  32. ^ 大原進太郎 (2015年12月20日). “NH、京都に競り勝つ”. 秋田魁新報 
  33. ^ 大原進太郎 (2016年2月14日). “NH、群馬に競り勝つ”. 秋田魁新報 
  34. ^ 小松田直嗣 (2016年4月24日). “NH、仙台に競り負け”. 秋田魁新報 
  35. ^ 小松田直嗣 (2016年5月2日). “NH後半猛追 福島を逆転”. 秋田魁新報 
  36. ^ 小松田直嗣 (2016年4月24日). “NH、仙台に競り負け”. 秋田魁新報 
  37. ^ Ötös posztra Ray Turner érkezik” (ハンガリー語). ファルコKCソンバトヘイ (2016年8月11日). 2017年1月1日閲覧。
  38. ^ Ray Turner távozik a csapattól” (ハンガリー語). ファルコKCソンバトヘイ (2016年12月22日). 2017年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]