ルドルフ 〜ザ・ラスト・キス〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルドルフ 〜ザ・ラスト・キス〜』(原題:Rudolf )は、フレデリック・モートン著 "A Nervous Splendor" を原作としたミュージカル。1889年、オーストリア皇太子ルドルフがマイヤーリンクで心中した事件を題材にした作品。作曲はフランク・ワイルドホーン、脚本をジャック・マーフィが担当した。作詞はジャック・マーフィーとナン・ナイトン。オーストリアウィーンで制作されたが、世界初演は2006年にハンガリーで行われた。

作品概要[編集]

初演は2006年5月26日、ハンガリー語翻訳版がブダペストで上演された。ウィーンでは2009年2月26日、ライムント劇場で上演された。日本では宮本亜門の演出により、2008年に上演された。韓国ではEMKミュージカルカンパニー制作による『皇太子ルドルフ』が2012年と2014年に上演[1]、2017年に『ザ・ラストキス』が2018年まで上演予定[2]

登場人物[編集]

あらすじ[編集]

ハプスブルク家の皇太子ルドルフは、厳格な父親との人間的・政治的対立で苦悩していた。妻シュティファニーとは冷え切った関係で、安らぎのない日々を送っていた。宮廷で開かれた舞踏会で、ルドルフは男爵令嬢マリーと出会って恋に落ち、密会を重ねる。自由と平等を夢見るルドルフに、ハンガリーの独立を願う勢力が接触してくる。自分の政治的理想とオーストリア皇太子としての立場との間で苦悩するルドルフ。そんな中、ルドルフとマリーの道ならぬ関係は、謀略家である首相にも知られることとなる。

ミュージカルナンバー[編集]

日本公演記録[編集]

2008年版[編集]

2012年版[編集]

2012年7月に、帝国劇場にて上演。英国人演出家デヴィッド・ルヴォーが演出した、ウィーン版が踏襲され、舞台装置はウィーンより空輸され、内容も2008年版とは大きく異なっている。

主なキャスト
  2008年 2012年
ルドルフ 井上芳雄
マリー 笹本玲奈 和音美桜
シュテファニー 知念里奈 吉沢梨絵
ラリッシュ 香寿たつき 一路真輝
フランツ・ヨーゼフ 壌晴彦  村井国夫
ファイファー 浦井健治 -
ツェップス 畠中洋 -
ウィルヘルム 岸祐二 -
エドワード 新納慎也 -
ブラット・フィッシュ 三谷六九 -
ターフェ 岡幸二郎 坂元健児

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミュージカル「皇太子ルドルフ」”. Ravie. 2017年10月26日閲覧。
  2. ^ 3년만에 돌아온 황태자 루돌프의 마지막 사랑...뮤지컬 ‘라스트 키스’” (韓国語). ソウル経済 (2017年4月26日). 2017年10月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]