うたかたの恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

うたかたの恋』(うたかたのこい、原題:Mayerling)は、フランスの作家クロード・アネClaude Anet)の小説である。

概要[編集]

オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子ルドルフと男爵令嬢マリー・ヴェッツェラの心中事件、通称「マイヤーリング事件」を基に、1930年に書かれた小説。

なお、実際のルドルフとマリーの関係や事件の真相については諸説ある。

同事件を題材とした同名(原題、日本語題とも)のバレエ作品(うたかたの恋)もある(リストの音楽による)。

あらすじ[編集]

1888年4月、マリーとルドルフは劇場で偶然に出会い、激しい恋に落ちた。ラリッシュ夫人の協力もあって、二人は逢瀬を重ねる。しかし、周囲の圧力から二人は別れざるを得ず、さらにルドルフは陸軍大臣フリードリヒ公爵の陰謀に巻き込まれて追いつめられていた。1889年1月26日、ドイツ大使館でのパーティで、死を決意したルドルフはマリーに「来週の月曜日、旅に出よう」と告げる。そして1月29日に雪の降るマイヤーリングの別荘で二人は死を遂げた。

登場人物[編集]

日本語版[編集]

日本では、岡田真吉の訳が三笠書房1954年、若草文庫17)、創元社1957年、世界大ロマン全集26)および角川書店(1969年、角川文庫)で出ていたが、いずれも絶版になっている。

「うたかたの恋」を原作とした作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ミュージカル[編集]

宝塚歌劇団の人気演目の一つである。

関連項目[編集]

関連書[編集]

  • 仲晃『「うたかたの恋」の真実 ハプスブルク皇太子心中事件』 青灯社 ISBN 4-86228-003-X C1022