ルクレティウス氏族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルクレティウス氏族 (gens Lucretia) は共和政ローマの有名な氏族である。元々はパトリキ出身ではあるが、徐々にプレブスも取り込んでいった。ルクレティウス氏族は最も古い氏族の一つで、氏族の娘が王政ローマ二代目のヌマ・ポンピリウスの妻となっている。紀元前509年、共和政の最初の年に氏族から初の(補充)執政官スプリウス・ルクレティウス・トリキピティヌスを出した[1]

個人名[編集]

パトリキのルクレティウス氏族は個人名としてティトゥススプリウスルキウス、そしてプブリウスを好んだ。他にはホストゥスを名乗った数少ない氏族の一つであり、ウェルギニウス氏族英語版の好んだオピテルを名乗るものもいた。

プレブス系の氏族ではルキウスマルクススプリウス、そしてクイントゥスを名乗るものが多かった。他にガイウスグナエウスティトゥスといった名も見られる[1][2]

枝族と家族名[編集]

パトリキ系の家名はただ一つ、トリキピティヌス家である。プレブス系にはガッルス家、オフェッラ家、ウェスピッロ家が知られる。 カルス家からは紀元前1世紀に詩人のルクレティウスを出した。他に家族名のない一族出身者も少数いる [1]

メンバー[編集]

トリキピティヌス家[編集]

ウェスピッロ家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology, ウィリアム・スミス, Editor.
  2. ^ Realencyclopädie der Classischen Altertumswissenschaft.
  3. ^ プルタルコス, 『対比列伝』, "Numa," 21.
  4. ^ リウィウス, 『ローマ建国史』, xxvii. 5.
  5. ^ リウィウス, 『ローマ建国史』, xl. 26, xlii. 28, 31, 35, 48, 56, 63, xliii. 4, 6, 7, 8.
  6. ^ ポリュビオス, 『歴史』, xxvii. 6.
  7. ^ リウィウス, 『ローマ建国史』, xlii. 9, 10, xliv. 7.
  8. ^ ポリュビオス, 『歴史』, xxxi. 12, 13.
  9. ^ キケロ, 『ウェッレス弾劾演説英語版』, i. 7.
  10. ^ キケロ, 『アッティクス宛書簡集』, iv. 16. § 5, vii. 24, 25.
  11. ^ カエサル, 『内乱記』, i. 18.
  12. ^ リウィウス, 『ローマ建国史』, i. 58, 59, ii. 8.
  13. ^ ディオニュシオス, 『ローマ古代誌』, iv. 76, 82, 84, v. 11, 19.
  14. ^ タキトゥス, Annales, vi. 11.
  15. ^ キケロ, 『国家論』, ii. 31.
  16. ^ リウィウス, 『ローマ建国史』, i. 55 ff.
  17. ^ ディオニュシオス, 『ローマ古代誌』, iv. 64 ff.
  18. ^ リウィウス, 『ローマ建国史』, ii. 8, 11, 16.
  19. ^ ディオニュシオス, 『ローマ古代誌』, v. 20, 22, 23, 40 ff.
  20. ^ リウィウス, 『ローマ建国史』, iii. 8, 10, 12.
  21. ^ ディオニュシオス, 『ローマ古代誌』, ix. 69-71, xi. 15.
  22. ^ リウィウス, 『ローマ建国史』, iii. 8, 10, 12.
  23. ^ ディオドロス, 『歴史叢書英語版』, xii. 73.
  24. ^ リウィウス, 『ローマ建国史』, iv. 44, 47.
  25. ^ リウィウス, 『ローマ建国史』, v. 29, 32, vi. 4, 21, 22.
  26. ^ プルタルコス, 『対比列伝』, "Camillus," 32.
  27. ^ Sextus Aurelius Victor, De Viris Illustribus, 64.
  28. ^ D.P. Simpson, Cassell's Latin & English Dictionary (1963).
  29. ^ キケロ, 『ブルトゥス』, 48.
  30. ^ アッピアノス, 『内乱記』, iv. 44.
  31. ^ カエサル, 『内乱記』, iii. 7.
  32. ^ アッピアノス, 『内乱記』, iv. 44.
  33. ^ ウァレリウス・マクシムス, 『著名言行録』, vi. 7. § 2.
  34. ^ カッシウス・ディオ, 『ローマ史』, liv. 10.

 この記事には現在パブリックドメインである次の出版物からのテキストが含まれている: Ramsay William (1870). "Lucretia et seq". In Smith, William. Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology. 2. p. 828. 

関連項目[編集]