内乱記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内乱記』(ないらんき、: Commentarii de Bello Civili)は、『ガリア戦記』の続篇であり、共和政ローマ期の政治家・軍人のガイウス・ユリウス・カエサルが自らの手で書き記した、「ローマ内戦」の記録である。カエサルのポンペイユス元老院に対する闘争が描かれる。

概要[編集]

紀元前49年1月のローマ内戦開始(ルビコン川渡河)から、翌紀元前48年9月のポンペイユスの死、10月のカエサルのエジプトアレクサンドリア)上陸、そして11月のポティヌス殺害までの約2年間が記述されている。(ここから先の記録は、アウルス・ヒルティウスの手による続篇『アレクサンドリア戦記』で描かれる。)

原題は、『ガリア戦記』と共に、『ガイウス・ユリウス・カエサルの業績に関する覚書』(: C.Iulii Caesaris Commentarii Rerum Gestarum)であり、後に便宜上、『ガリア戦記』の方を「~ de Bello Gallico」、『内乱記』の方を「~ de Bello Civili」等と区別するようになっていったと推測される[1]

構成[編集]

現在刊行されている全ての校訂本は、写本の伝統に則り、全3巻で構成されているが、『ガリア戦記』にも見られるように、カエサルの記録は概して一年を一巻にまとめる形式のため、本来は、共に紀元前49年について述べている現在の第1巻と第2巻が一つの巻を成し、紀元前48年について述べている現在の第3巻との二巻本だったと考えられる[1]

紀元前49年(第1巻-第2巻)は、主にイタリア半島からヒスパニア(スペイン)にかけてを舞台とした戦闘に関する記述で占められる。紀元前48年(第3巻)は一転して、ポンペイユスが逃げ込んだバルカン半島ギリシア)を舞台とした戦闘に関する記述で占められる。

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 國原 講談社 p.243

関連項目[編集]