紀元前449年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世紀 前6世紀 - 前5世紀 - 前4世紀
十年紀 前460年代 前450年代
前440年代
前430年代 前420年代
前452年 前451年 前450年
紀元前449年
前448年 前447年 前446年

紀元前449年は、ローマ暦の年である。当時は、「ポティトゥスとバルバトゥスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元305年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前449年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

ギリシア[編集]

共和政ローマ[編集]

  • 十人委員会によって制定された十二表法が正式に公布された。十二表は、文字通り12枚の象牙の板に彫られ、フォロ・ロマーノに掲げられ、全てのローマ人がそれを読み、内容を知ることができるようになった。
  • 十人委員会の任期が満了すると、委員は辞任して後任を受け入れることを拒否した。アッピウス・クラウディウス・クラッススは、Verginiaという名前の若い女性に売春させ、その父に彼女を殺させるという不合理な決定を下したと言われている。これにより、十人委員会に対する暴動が起こり、委員を辞任に追い込んだ。アッピウス・クラウディウスは、この出来事の結果、自殺したと言われている。

文学[編集]

誕生[編集]

死去[編集]