リーキーガット症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リーキーガット症候群(リーキーガットしょうこうぐん)は、医学的には認められていない仮説上の疾患疑似科学フードファディズムも参照)。診断法の一つであるとされる遅延型フードアレルギー検査(腸内環境検査)について、日本アレルギー学会診断的有用性を公式に否定している[1]

仮説[編集]

症状[編集]

リーキーは英語で「漏れる」(leaky)、ガットは英語で(gut)の意味であり、症候群(syndrome)、の3つの単語の頭文字を取ってLGSと略されることもある。日本語名称は「腸管壁浸漏症候群」。

原理としては、腸内細菌の働きや炎症等により小腸の壁に分子レベルの小さな隙間が発生することで、本来血管内に取り込まれることはない異物(菌・ウイルス・たんぱく質等)が血液内に漏れ出すことにより様々な症状を発生させる原因となるとされる[2][3][4]

リーキーガット症候群により引き起こされるとされる症状や病気
  • 原因不明の熱、筋肉痛・関節痛、胸やけ、息切れ、吐き気、腹痛、抜け毛・もろい爪、お腹の張り・消化不良、不眠症、記憶力低下、集中力低下、不安感、まとまらない考え、疲労感、下痢・便秘、口臭、神経過敏、食欲低下、ニキビ、じんましん、喘息、アトピー性皮膚炎、クローン病、過敏性腸症候群、他[6]
  • 腸粘膜バリアの慢性的な低下(leaky gut syndrome: LGS)は全身疾患の発症に関与するとされている[3]

原因とされるもの[編集]

  • 未消化の食べ物
酵素材料のたんぱく質が不足していたり、胃酸不足で酵素活性が低下していたりなど、何らかの原因により消化酵素が不足していると、たんぱく質は未消化の状態(ペプチド)で腸粘膜に刺激を与える。
  • 腸内の悪性菌の繁殖
カンジダ菌の腸内での増殖がリーキーガット症候群の原因につながっている例があるとされる。臨床現場では大腸内にカンジダが存在する場合があることがわかってきた[7][信頼性の低い医学の情報源?]
良い腸内細菌を殺してしまうため悪影響があるとされる。
  • 常習的な毎日のアルコール消費
女性は1日1杯以上、男性は1日2杯以上で悪影響があるとされる
  • 鎮痛薬や風邪薬に含まれるNSAIDsと呼ばれる薬剤は小腸粘膜を障害し、結果としてリーキーガットを引き起こすという報告がある[5]
  • 健康な腸内細菌を殺す頻繁または長期的な抗生物質の使用
  • 原虫感染と寄生虫感染
  • 小腸細菌過増殖症候群(SIBO)

治療法とされるもの[編集]

主に腸壁の修復や腸内環境の改善に役立つ食事、サプリメントの摂取、食事制限などを行うこととされる。

  • 消化酵素の摂取[8]
  • α-GOS - 腸管の破れの原因の一つである腸管内の細菌を低減させ、大部分が腸管上皮細胞のエネルギー源となり上皮細胞の増殖を最も強く刺激し腸管の破れを修復する効果が最も期待されるn-酪酸の産生を腸管内で促すことから、リーキーガットシンドロームに対しても有効なオリゴ糖であると考えられる[9]
  • カンジタ菌の増殖がリーキーガット症候群の原因の一つとされるため、これの増殖を防ぐため、グルテンを含む小麦摂取を控えるべきとされる[10][11]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 血中食物抗原特異的IgG抗体検査に関する注意喚起 一般社団法人 日本アレルギー学会
  2. ^ 中島淳「病気と腸の関係」『腸内細菌学雑誌』第32巻第2号、2018年、 82頁。
  3. ^ a b 腸粘膜のバリア破綻が誘発する全身疾患発症モデルの作製とその診断法確立への応用”. 科学研究費助成事業データベース. 2019年5月27日閲覧。
  4. ^ 2. leaky gut syndrome (LGS) の病態解明と治療標的の探索 島根大学医学部薬理学講座
  5. ^ a b 第172回(2017年12月)「リーキーガット症候群」は存在するか?”. はやりの病気. 医療法人太融寺町谷口医院. 2019年5月27日閲覧。
  6. ^ リーキーガット症候群が引き起こす全身の不調”. 診療内容. 医療法人全人会 小西統合医療内科. 2019年5月27日閲覧。
  7. ^ 放置すれば腸に穴が開く! 大腸のカビが「がん」「認知症」の原因だった デイリー新潮『週刊新潮』2018年1月4・11日号掲載
  8. ^ 胃腸に負担をかけにくいたんぱく質摂取の方法 医療法人 直心会 宮澤医院
  9. ^ 橋本博之、山下亜希子、藤田孝輝、岡田正通、森茂治、園山慶、北畑寿美雄「α-ガラクトシル基を含むオリゴ糖の合成とその機能」『Journal of Applied Glycoscience』第51巻第2号、2004年、 169-176頁、 doi:10.5458/jag.51.169
  10. ^ カンジタ菌(カンジダ菌)を増やさない方法 医療法人 直心会 宮澤医院
  11. ^ グルテンが「ゾヌリン」を過剰に増やしている? 医療法人 直心会 宮澤医院

関連項目[編集]